黒ずみケアクリーム総合ランキング!迷ったらとりあえずコレ!

ホスピピュア
くすんだ乳首をお手軽にケアできる乳首美白専用クリーム!

  • 乳首のくすみをケアする乳首美白専用クリーム
  • 乳首以外の体の気になる部分のくすみもケア
  • 美白有効成分「トラネキサム酸」配合でメラニン色素がつくられるのを抑制
  • 満足率94%、90日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品

 

価格 内容量
9,000円→5,500 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

イビサクリーム
日本で一番人気のあるデリケートゾーン用クリーム!

s-ibiza-dz

  • 全身に使えるくすみ・黒ずみ対策クリーム
  • くすみケアと美白に効果のある薬用成分配合
  • メラニンの生成を抑える4種類の植物成分と8種類の潤い成分で美肌をサポート
  • 顧客満足度96.7%、28日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,000円→4,970 35g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

アットベリー
デリケートゾーンの黒ずみとニオイの悩みを同時に解消!

s-atberry-dz1

  • 大容量で体のいろいろな部分を同時にケアできる
  • アットベリー独自のトリプルサンド方式で肌を「中から」と「外から」同時ケア
  • 桑エキスの抗菌効果でニオイケア
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,800 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

ピューレパール
エステ級の潤い成分を凝縮したジェル誕生!

s-pulepearl1

  • トリプルヒアルロン酸、コラーゲン、天然ビタミンEなどの7大成分でたっぷりの潤いと保湿
  • 美白に優れた水溶性プラセンタエキス使用
  • 成分をナノ化し固い角質にもスーッと浸透
  • 2015年モンドセレクション銀賞受賞
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,600円→4,750 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

クレアフォート
ワキ、ビキニラインの黒ずみに史上最高級の濃密美白

s-cleafort1

  • 肌に優しい19種類の天然由来成分配合
  • プルーン酵素分解エキスでメラニンのとりこみを抑制し、カモミラエキスがメラニンの排出をサポート
  • 生コラーゲンとスターフルーツ葉エキスが糖化を抑制してハリと透明感のある肌へ
  • 満足度96.8%、120日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
8,600円→4,960 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

部位ごとの黒ずみの原因やメカニズム、対処法

黒ずみがコンプレックスになっていて、今までは隠すしか手段がないと思っていたとしても、黒ずみができてしまう原因、それぞれの部位ごとの黒ずみのメカニズムを知ることで、黒ずみ解消への道が開けてきます。

そして部位ごとにどのようにして黒ずみをケアしていったらよいのかという黒ずみのケア方法や黒ずみケアに使うツールなどについての理解を深め、悩んでいた黒ずみをきれいにするケアを開始しましょう。

黒ずみは部位によってできてしまう要因が異なってきます。それぞれの部位にどうして黒ずみができてしまうのかについて見ていきましょう。そして部位ごとの黒ずみに対しての知識を持ち、黒ずみにならないように気をつけるとともに適切なケアをしていきましょう。

脇の黒ずみ

寒い時期は隠すことができる脇の黒ずみも、暑い時期が近づくにつれて気持ちが沈んでしまう人も多い脇の黒ずみという悩み、この脇の黒ずみの原因は多く分けて3つの原因があります。

脇が黒ずんでしまう3大要因をしっかりと押さえ、黒ずみにならないような生活を心がけるとともにケアを怠らないようにしましょう。

メラニン色素の沈着によるもの

脇は非常に摩擦が多い部分です。衣類による摩擦のほかにも脇毛処理でかなり大きな摩擦や刺激が加わる場所でもあります。

メラニン色素は肌細胞が刺激やダメージを受けたときに、メラノサイトという物質が肌を守ろうとして働く、いわゆる肌の自然な防御反応となります。

脇の下の皮膚は非常に薄く、デリケートなため、このメラノサイトを生成して肌を守ろうとする働きが強く表れてしまいやすい場所となっているのです。

予防方法

こういった原因による脇の黒ずみを作らないようにするためには、まず衣類の生地を摩擦の少ない肌に優しいものにするという事が大切です。

さらに脇のムダ毛処理ですが、カミソリや毛抜きによって無理矢理ムダ毛を抜いたり剃ったりすることは、脇の肌に大きな負担とダメージをT強いることにつながります。脇のムダ毛を処理するさいは、自己流の肌刺激の大きい方法ではなく、なるべく肌に優しい方法で行うようにしましょう。

皮脂や古い角質の蓄積によるもの

脇の下が黒ずんでしまう要因として、皮脂や古い角質が溜まってできてしまう黒ずみもあります。

脇の下は汗腺が非常に発達していて、汗や皮脂を分泌しやすい部分になります。それと同時に肌自体は非常にデリケートで代謝力も弱いため、たくさん分泌した皮脂や汗を溜めやすい場所にもなっています。

そしてデリケートで代謝力も弱いという事は、古い角質を排除する能力が弱いということにもなります。肌の代謝であるターンオーバーが弱く、古い角質が溜まりやすく、新しい皮膚が作られにくいのです。

こういったことから、いつまでも古い角質が残ってしまい、さらに皮脂が溜まるということが重なり黒ずみになっていってしまいます。

予防方法

皮脂や古い角質が原因の黒ずみを予防するためには、肌の新陳代謝を向上させていくことが重要です。代謝アップのためには脇の肌の乾燥を予防するための保湿をするようにします。黒ずみクリームを利用し保湿を徹底することで肌のターンオーバーが正常化、古い角質を排除して新しく黒ずみの無い肌細胞を作りだすことができるようになります。

また、汗をかきやすい場所なので、脇にかく汗をこまめに適切に処理することも重要です。あまり強くこすり過ぎて刺激を与えないように、そして脇汗が原因で雑菌の繁殖などを起こさないように注意します。

化粧品や制汗剤の刺激によるもの

脇のにおいや汗を抑えるために多くの人が使用する、制汗剤や化粧品類も脇の黒ずみの大きな要因となる場合があります。

肌に合わない制汗剤や強い成分を配合している脇汗ケアの商品を使用することによる刺激、脇の黒ずみを隠すために使うファンデーションなども脇の肌にとっては大きなダメージとなります。

予防方法

脇汗を抑える制汗剤を使用する場合には、肌刺激が少ない成分で作られているものを選ぶようにしましょう。また脇の黒ずみを隠すためのファンデーションも使用を控えた方が良いでしょう。こういった成分が脇の下の皮膚に残らないようにしっかりと洗い落とすというということも重要になってきます。

黒ずみを隠すのではなく、黒ずみクリームでケアをしていくようにした方がより早くきれいに黒ずみを解消できます。

waki-care

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみもまた、悩んでいる人が多い黒ずみの一つになります。乳首というデリケートな部分であるため、人に相談したり、見てもらったりするという事が難しく、ひとりで悩んでしまうというケースも多くなります。

生まれつきメラニンが多く、もともと乳首が黒い問人もいますが、その他に乳首が黒ずむ原因は4つあり、それぞれ全く違った理由で黒ずむというメカニズムになっています。そしてどの原因も黒ずみクリームを使う事で対処できます。

加齢によるもの

年齢を重ね、肌のターンオーバーが弱くなると、乳首には古い角質が滞るようになり、若い時よりもどんどん乳首が黒ずんでいきます。

しかし、逆に高齢になるにつれメラニン生成能力も衰え、乳首の色が薄くなっていくということもあります。

予防方法

加齢による乳首の黒ずみに対処する方法としては、肌のターンオーバーが弱まっているので肌代謝能力をアップさせるという事が最重要課題となります。

そのために必要なツールとしては黒ずみケアのためのクリームとなります。

妊娠・出産などによるもの

妊娠すると女性ホルモンのバランスが非常に乱れ、メラニンを作りだすホルモンが非常に多く分泌されてしまいます。過剰に分泌されたメラニンによって乳首が黒ずみ、出産に備えるようになります。

予防方法

妊娠出産による乳首の黒ずみは、予防方法として黒ずみクリームを使用する以外に方法はありません。しかし、妊娠中は非常に肌がデリケートになっているため、使用するクリームについては注意して選ぶようにしましょう。

授乳によるもの

出産後、赤ちゃんに母乳を飲ませるようになると、乳首を酷使するため乳首の部分の肌に大きな負担がかかります。赤ちゃんに吸われても切れたり荒れたりすることがないよう、育児が順調に進むようにという体の自然な反応です。

一説には、乳首の色を濃くして視力の弱い赤ちゃんがおっぱいの場所を見つけやすくするためという説もあります。

予防方法

授乳による乳首の黒ずみは、授乳が終わった時期に黒ずみクリームを塗るなどの対処を行います。授乳をやめることで自然の色に戻る場合もありますが、そのままというケースも多いので、黒ずみが気になる場合にはやはり黒ずみクリームを使用した方が良いでしょう。

アトピー性皮膚炎によるもの

アトピー性皮膚炎で湿疹や乾燥状態が長く続き、肌ダメージが乳首に頻繁に起こることで黒ずみになってしまいます。

予防方法

乾燥や肌の状態を改善することが最も重要なため、配合成分が優しい黒ずみクリームで徹底保湿、肌ケアをしていくようにすれば黒ずみ解消へとつながっていきます。

tikubi-care

膝の黒ずみ

膝は非常に乾燥しやすい上、体重という大きな負荷がかかる部分です。膝の黒ずみはこういったことが原因であることがほとんどで、ケアをすることでかなり黒ずみをきれいにすることができるでしょう。

関節部分で稼働率が高いうえ、乾燥が深刻な状態のために起こる

膝は関節がある部分で普段頻繁に曲げ伸ばしします。その上タイトな衣類による締め付け、膝をつくことによる体重の負荷がかかり、膝にかかるダメージは計り知れないものがあります。

こういったダメージに加え、膝は皮脂腺や毛穴が非常に少なく、潤いが常に不足しているという状態でもあります。

膝の皮膚は擦れたり体重による負担がかかりメラニンが多くなる上、皮脂や水分が常に不足し色素沈着、角質肥厚が起こり黒ずみが起こりやすい場所なのです。

予防方法

膝の黒ずみには黒ずみクリームが非常に有効です。黒ずみクリームで角質肥厚になった肌にもしっかりと潤いを与えると同時に、膝の肌の新陳代謝を促進して肌を柔軟に保ち、肌再生を促していくことができます。

hiza-care

デリケートゾーンの黒ずみ

実は人に相談できずにデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる人はかなり多く存在しています。そしてデリケートゾーンは誰でも黒ずみやすい、体の部分の中でも特にたくさんの人が黒ずみに悩んでいるという部分になります。

デリケートゾーンの黒ずみについての悩みはオープンにしづらいうえ、普段は隠れている部分のためケアを怠りがちですが、黒ずみクリームを使えば徹底的にキレイにすることができる黒ずみなので、ぜひケアを始めましょう。

下着、衣類による摩擦が原因

デリケートゾーンが黒ずみになる原因はたった一つ、身につける下着や衣類による摩擦、乾燥、刺激ということになります。

下着や衣類は生まれてからずっと身につけているもので、これらによるダメージが肌に蓄積してできた黒ずみという事ができます。

予防方法

デリケートゾーンの黒ずみを予防するためには、やはり肌に優しい生地でできた下着や衣類を身につけるようにすることが第一です。コットンやシルクなどなるべく優しい肌触りのものを選びましょう。

さらにすでにできてしまっている黒ずみには、黒ずみクリームが最も有効な手段となります。黒ずみクリームなら、刺激によってできたメラニンの生成を抑制するとともに、肌代謝を促進、古い角質を排除してデリケートゾーンを本来のきれいな肌にしていくことができます。

dz-care

毛穴の黒ずみ

毛穴が黒ずんで見えるようになる要因は、誤ったスキンケアの方法が起因して起こるといえます。毛穴が黒ずんでしまわないようにするために、それぞれの毛穴の黒ずみによって異なったスキンケアをしていくことが必要となります。

角栓が詰まっている

毛穴に詰まる角栓の主成分は古い角質であり、皮脂はわずかにしか含まれていません。つまり皮脂を落とすということをメインにしている角栓対策では、角栓の詰りによる毛穴の黒ずみ対策はできていないということになります。

予防方法

肌表面の皮脂を落とすだけでは対策としては不十分です。肌の代謝を促し、古い角質を肌自身が排除するというターンオーバー力をアップさせることが大切です。主に保湿を目的としたスキンケアを徹底しましょう。

黒ずみクリームのスキンケア力を用いるということもかなり有効な方法となります。

乾燥している

乾燥して毛穴周辺の肌がハリや潤い、柔軟性を失って、毛穴が広がってしまうことによって毛穴が黒ずんで見えます。

予防方法

肌乾燥を予防することを徹底し、とにかく保湿に着目したスキンケアを実施し続けましょう。肌表面が潤っているように見えても内部ではインナードライが進んでいることもあります。角質層の奥深くまで浸透するスキンケアをするようにしましょう。

黒ずみと保湿が同時にできる黒ずみクリームは特に効果があるといえます。

ニキビ跡やクレーター毛穴

毛穴にニキビができてしまい、酷い炎症になると、ニキビが治った後でもニキビ跡として黒く残ってしまったり、クレーターになりその部分に汚れが溜まるという黒ずみになってしまいます。

予防方法

ニキビを適切な方法でケアすることが最も重要です。できてしまったニキビ跡の黒ずみやクレーター毛穴による黒ずみに対しては、徹底したスキンケアをかなりの長期にわたって実践していくという事が必要になります。深刻な場合は皮膚科受診という選択肢も視野に入れるべきでしょう。

まとめ

このように、黒ずみは体のどの部分にどのようにしてできるかに違いがあり、それぞれの部位によって予防方法、注意点やケア方法も異なってきます。黒ずみの無いキレイな肌を作りだすためには、どの部分の黒ずみがどうしてできてしまうのか、そしてどのような事に気をつけていくかを知ることによって、効果的に黒ずみを予防することができます。

そして、上記の内容からもお分かりいただけるように、体のどのような部分の黒ずみに対しても、大きな効果を発揮することができるのが黒ずみクリームです。

メラニン、色素沈着による黒ずみを予防、改善していくと同時に、肌のターンオーバーを促し、肌の状態を正常化、美白まですることができるという、黒ずみに対して万能な効果を表すのが黒ずみクリームなのです。

今、自分の体にある黒ずみが気になる部分をケアするために使用するというだけでなく、黒ずみができやすい部分にあらかじめ使用しておくことによって、新しい黒ずみができてしまうのを防ぐこともできます。

体中、どこを見られても恥ずかしくない、体に黒ずみというコンプレックスが全く無いという状態を目指すためには、黒ずみクリームが欠かせないアイテムとなるのです。

自分にさらなる自信を身につけるために、普段から黒ずみクリームで全身黒ずみケアをしてみてはいかがでしょうか。

hiji-care

kurubusi-care

osiri-care