日本人の正座という座位は、足の甲に大きな負担をかける体勢です。

そのため日本人の多くの人が足の甲の黒ずみに悩み、さまざまなケアを実践、取り入れ、黒ずみケア方法を模索しています。

日本の伝統的な座り方も、今となっては黒ずみ悩みを引き起こす最大要因になってしまいました。

足の甲の黒ずみには正座以外にも、乾燥や紫外線などさまざまな原因が考えられます。

足の甲の黒ずみの原因すべてに対して高い効果を発揮し、黒ずみを効率よくケアしていく成分に富んでいる黒ずみクリームもあります。

ここでは、足の甲の黒ずみができる原因とその解消方法についてくわしくお伝えしていきます

それらを知って足の甲の黒ずみを早期に解消し、自信のもてるきれいな足の甲をめざしていきましょう。

足の甲の黒ずみケアランキング

rank1aラスター
メラニンブレーキ成分がしつこい「黒ずみ」を集中美白!

  • トラネキサム酸など5つの美白成分を濃縮して強力浸透美白
  • 美白成分を独自カプセル技術でナノ化配合し、黒ずみを根元から抑える薬用美白濃密クリーム
  • 顧客満足度91.8%、30日間返金保証
  • 日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,750 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank1a薬用アットベリー
肌の黒ずみに悩む女性から支持されている薬用ケアクリーム!!

  • アットベリー独自のトリプルサンド方式ケア
  • 肌の黒ずみケア部門で5冠達成
  • 5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分+ニオイケア
  • 美容成分97.8%配合、敏感・乾燥肌でも使える
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,800 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank3aロコシャイン
ひざ・ひじの黒ずみケア専用美白セラム!

s-roco1

  • 潤い不足の関節部分をケアして刺激に負けないうるおい美肌をつくる
  • プラセンタ・コラーゲンなどの7大成分と9種の植物由来成分配合
  • 無添加にこだわった低刺激の薬用美白セラム
  • 顧客満足度91.7%、25日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,900円→3,480 50ml/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

足の甲の黒ずみセルフチェック

足の甲の黒ずみは生活習慣と深く関わっています。

以下のチェック項目に1つでもあてはまるものがある人は、足の黒ずみに注意する必要があるかもしれません。

  • 足が乾燥していると感じる
  • 床に座ることが多く、正座やあぐらという体勢をよくとる
  • 営業の仕事など、ヒールや革靴で外を歩く時間が長い
  • 外反母趾である
  • 体重が急激に増えた
  • 夏場はサンダルやミュールを愛用している
  • 冷え性である

それぞれの生活習慣が、どのように黒ずみにつながっていくのかを見ていきましょう。

足の甲が黒ずむとどんな影響がある?

  

では、足の甲が黒ずむとどのような影響があるのでしょうか。

通常ならば靴や靴下で隠されているため、ケア意識が低く黒ずんでいても特に問題を感じることはないかもしれません。

そのように普段あまり意識することのない足の甲ですが、意外にも色々な影響を及ぼすことがわかります。

足元のおしゃれがしにくくなる

通常は、靴下やストッキングを履くためあまり気にしないのが足の甲の黒ずみですが、夏場の足のオシャレに影響を及ぼす事になるでしょう。

夏場はサンダルやミュールなど、特に女性の靴はおしゃれなものが勢ぞろいします。

足の甲が黒ずんでいると、そんなおしゃれをするのも気が引けてただ見ているだけになってしまうかもしれません。

せっかくペディキュアも可愛らしくきめたとしても、足の甲の黒ずみがあるだけで、憂鬱になってしまいます。

不健康に見られてしまう

足の甲が黒ずんでいれば、はたから見ると汚れのように見られたり、お手入れ不足と見られたりする事もありますが、実際に病気が隠れている場合もあります。

また、冷え性体質の人だと、末梢神経が鈍くなることから、血流が悪くなり黒ずみがさらに目立ちやすくもなります。

そうなれば、決して健康に見られる事はなく、不健康な状態に思われてしまうでしょう。

このように足の甲が黒ずみは、健康のバロメーターにもなりえるのです。

足の甲に黒ずみができる原因とメカニズム

皮脂腺が少ないことによる乾燥

足の甲の皮膚はもともと皮脂腺が少ないため、かなり乾燥しやすい部分です。

目立たない部分であるためお手入れも行き届きにくく乾燥しがちな足の甲は、ターンオーバーの周期が長くなり老廃物や古い角質が溜まりやすいのです。

それらが蓄積することで、肌が硬化し黒ずみへとつながっていきます。

摩擦によるダメージの蓄積

摩擦によって刺激が生じると、足の甲の肌を守るためにメラニンが増えて色素沈着を起こし、それが黒ずみへとつながっていきます。

※色素沈着については「肌の色素沈着はなぜできるの?その原因と予防・解消方法を徹底検証!」でもくわしく説明しています。

正座

正座をしていて足がしびれるまで座り続ける場合はもちろん、ほんの少しでも正座という体勢を続けると、足の甲の部分にはびっしりと床や衣類の後がついていることがわかります。

これは足の甲の皮膚が体重を支え、摩擦や刺激によってダメージを受けているということです。

つまり、正座やぺったりと足の甲を地面につけて座るという日本人ならではの体勢は、足の甲の肌に大きな摩擦を生じダメージや負荷を与える座り方なのです。

靴や靴下による蒸れ

また、ヒールやサンダル、スリッパなどの履物によっても、摩擦による刺激が生じ色素沈着から黒ずみへとつながっていきます。

足の甲はいつも靴や靴下に覆われているものです。

一日中、外回り営業や、店頭に立つお仕事の人なら、蒸れやすい革靴やヒールなどの正装を心がけますよね。

また、ストッキングや靴下も通気性の悪いポリエステルなどの素材が多いため、汗をかきやすくなってしまいます。

こうした蒸れにより汗疹が発生し、痒みや炎症をおこせばメラニンは足の甲を守ろうと、どんどん増えて黒ずむでしょう。

また、ストラップがついているようなサンダルやパンプスも常に足の甲を刺激することになります。

刺激による皮膚の硬化とメラニン生成

長い間足の甲の肌に負担をかけ続けていると、足の甲の皮膚は次第に自分を守るための自然の反応を見せるようになってきます。

まずは、体重を支えても皮膚が損傷を受けないようにするために、角質を厚くして硬くし、体重をかけても肌にダメージを受けにくくします

そしてさらにメラニンを生成し、肌自体を刺激から守ったり強くしようとしたりする反応があらわれます。

メラニンと黒ずみについては、「メラニン色素と黒ずみの関係は?美白して黒ずみを解消するには?」でもくわしく説明しています。

これらの要因が重なり、足の甲の肌は黒ずみを深刻化させていくのです。

外反母趾

最近は、ヒールを頻繁に履いたり、きつい靴を履いたりすることで親指付近の骨が出っ張って足の痛みや変形を引き起こす外反母趾になりやすい人が多くいます。

外反母趾を引き起こしている人のほとんどが、足を庇うなどして足の甲に負担のかかる歩き方をしているため、黒ずみができやすくなるのです。

こうした外反母趾のような症状は年齢に関係なく若いうちから見られ、仕事などが関係する事なので致し方のない事ではあります。

休日などには、こうした足に負担をかけるような靴を履かずに負担のかかりにくい靴をセレクトしたいものです。

捻挫

足の捻挫を頻繁にくりかえす人は、そこだけ炎症をおこしたり足の甲でかばって歩いたりするため、黒ずみが生じやすくなるでしょう。

また、足の甲に湿布などを頻繁につけていれば、その部分にかゆみが生じたり炎症を起こしたりしやすくなるため、次第にメラニンが増加しはじめます。

足を捻挫しやすいような、主に足を使うスポーツをしている人は注意が必要です。

体重の増加

足の甲は、正座などで体重をかけること以外にも、太り過ぎて体重が足の甲に負担になってしまう事もあげられます。

足の甲に黒ずみができたのと同じくらいの時期に体重も増えたという人は、こうした体重増加が足の甲の黒ずみに繋がる事もあるのです。

特に運動不足の人や中年太りになりやすい年代では、急激に足の甲に負担がかかりやすくなるため、気をつけたいものです。

紫外線

足の甲は地面から近いため、照り返しによる紫外線を多く受けています。

しかし、足の甲にも日焼け止めクリームをしっかりと塗ってケアしているという人は少ないでしょう。

そのため足の甲に紫外線ダメージが蓄積されて色素沈着となり、黒ずみへとつながっている場合が多いのです。

外出時には、足の甲のUVケアも忘れず行うようにしましょう。

血行不良

下半身はもともと血行不良を起こしやすい部分です。

これは重力に逆らって血流を心臓に戻そうとする働きによるもので、特に足元は血行不良によって冷えたり血色が悪くなったりしやすくなります。

そして血色が悪くなることで、足の甲の黒ずみがさらに目立ってしまうのです。

入浴時にしっかり温める、適度な運動をする、などして全身の血行を良くすることで下半身の血色悪化を防ぎ、黒ずみを目立たせることのないようにしていきましょう。

糖尿病などの病気

可能性が低いながらも、足の黒ずみに病気が隠れている場合あります。

くるぶしや足の甲の黒ずみの色がかなり濃く、痛みをともなっている場合には、糖尿病による壊死が始まっている可能性があります。

このようなときは、すぐに内科を受診しましょう。

足の甲の黒ずみのケア方法

足の黒ずみを解消する方法としては、医療機関で治療する方法とセルフケアで黒ずみ解消を目指す方法があります。

皮膚科で治療する

レーザー治療や塗り薬による治療が、皮膚科での一般的な治療方法です。

レーザー治療とは、メラニンに対してレーザーを照射し、メラニンを含む細胞そのものを破壊して黒ずみを消すという方法で、肌への負担は大きくなります。

効果の表れ方に個人差があることや、治療費などの経済的な負担があることも考慮して始めるべき治療法です。

また、塗り薬として一般的に処方されるのは、ヒルドイドハイドロキノンなどです。

副作用や使用上の注意点を理解して、医師による処方のもと適切に用いることで、黒ずみに対する効果が期待できます。

その他のセルフケア

市販品などを用いたセルフケアとして次のような方法もあります。

ワセリン

昔から愛用されてきた保湿成分です。高い保湿力が、足の甲の黒ずみ解消をサポートしてくれます。

参考記事:くるぶしの黒ずみ対策にワセリンの効果は?くるぶしの黒ずみに悩んでいたら

スクラブ

種子や樹脂などの細粒を加えた洗顔料で、古くなった角質層を取り除く効果があります。スクラブを用いてケアすることで、古くなった角質層を除去し、黒ずみにくい肌へと導くことができます。

ピーリング

ピーリングケアアイテムを用いて黒ずみケアをサポートする方法です。クエン酸ピーリング液など、自宅で手作りできるケアアイテムもあります。

参考記事:クエン酸ピーリングは黒ずみに効果がある!?作り方と注意点は?

黒ずみクリーム

黒ずみクリームは、足の甲だけでなく体のいろいろな部分の黒ずみに使用することができます。

黒ずみ解消に特化して作られているため黒ずみに有効な成分が豊富に配合されており、気になる黒ずみを効果的に解消していくことができるのです。

足の甲の黒ずみには黒ずみクリームが効果的!

このような足の甲の黒ずみに対して、最も高い効果を発揮するのが黒ずみクリームを活用した黒ずみケアです。

黒ずみクリームは足の甲の黒ずみのどのような原因にも対処し、保湿、美白成分で効果的に黒ずみを解消していくことができます。

保湿してターンオーバーを促し角質を柔らかくする

黒ずみクリームには非常に高い保湿成分が配合されています

乾燥して保湿成分が入りにくくなっている足の甲の角質層にも、しっかりと浸透し潤いを内部から補充する働きのある成分が豊富です。

乾燥状態が続き硬くなってしまった足の甲の皮膚を、まずは柔らかくすることで肌のターンオーバーを回復させます

肌の状態が改善してきたところで美白する

上記のように肌の状態を改善回復させ、新しい肌細胞をどんどん作りだせるほど肌が再生できるようになったら、黒ずみクリームに配合されている美白成分でメラニンの生成を強力に抑制していきます。

作られてしまったメラニン色素を薄くしながらも、これから作られようとしているメラニンの生成もブロックします。

ターンオーバーによってメラニンを含む古い角質が剥がれ落ち、新しい肌細胞にどんどん生まれ変わる効果も加わり、相乗効果で足の甲の黒ずみをケアしていくことができます。

まとめ

足の甲の黒ずみは、正座だけでなく、様々な足の疾患や体重増加などにより、足の甲に負担がかかるなどの要因も考えられます。

ですが、足の甲はいつも靴下や靴に隠れがちでケアを意識する部位ではないため、スキンケアも疎かになりやすく次第に黒ずみがエスカレートしてしまう部位です。

どのような民間療法や昔ながらのセルフケアなどよりも、黒ずみクリームを徹底して使い続けることで、かなりスムーズに解消していくことができます

今まで、何をやっても足の甲の黒ずみがよくならないとあきらめていた人も、ぜひ黒ずみクリームを使って足の甲がきれいになっていくことを実感してみてください。