女性として乳首が黒ずんでいると、さまざまな場面で積極的になれなかったり、女性としての自信を持てなかったりします。

乳首の黒ずみを解消しピンク色のキレイな乳首を手に入れる事は、女性としての自分を高め、美意識をしっかりと持った美しい女性としてのプライドを維持するということにつながります

そこで、乳首の黒ずみの原因をしっかりと把握し、乳首の黒ずみを解消する方法、乳首の黒ずみに対して使用する黒ずみクリームの選び方などをご紹介いたします。

乳首が黒ずんでしまう要因を理解し予防策に努めること、そして乳首の黒ずみクリームを厳選して選ぶことによって、あなたの乳首もきれいな状態を維持することができるようになります。

目次

乳首の黒ずみケアクリームランキング!

ホスピピュア
くすんだ乳首をお手軽にケアできる乳首美白専用クリーム!

  • 湘南美容外科が本気で共同開発
  • 美白有効成分「トラネキサム酸」配合でメラニン色素がつくられるのを抑制
  • 安心のプライバシー配送で中身がわからないようにお届け
  • 満足率94%、90日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
9,000円→5,500 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

HAKUBI
ついに完成した乳首の黒ずみケアの決定版!

  • 毎日10秒だけのかんたん美白ケア
  • 活性酵素を除去するアスタキサンチン配合で高い還元力を実現
  • 保湿成分シロキクラゲが角質層まで浸透
  • 初回購入に限り今だけ商品代金が実質無料
  • 90日間全額返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
8,900円→無料 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

イビサクリーム
日本で一番人気のある黒ずみケア用クリーム!

  • 美白効果のある薬用成分が乳首の黒ずみをケア
  • 植物成分がメラニンの生成をストップしてお肌を理想的な状態に整える
  • 化粧品にしか見えないデザイン、オールシーズン対応、コンパクトサイズ
  • 顧客満足度96.7%、28日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,000円→4,470 35g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

アットベリー
容量たっぷりのケア用クリームで乳首の黒ずみと乾燥をケア!

s-atberry-bust1

  • アットベリー独自のトリプルサンド方式ケア
  • 肌の黒ずみケア部門で5冠達成
  • 5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分+ニオイケア
  • 美容成分97.8%配合、敏感・乾燥肌でも使える
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
5,440円→2,980 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

ホワイトラグジュアリープレミアム
透明感のある美白乳首を手に入れる!

s-whiteluxury-bust

  • ヒアルロン酸やプラセンタなど厳選の美白成分7種類を配合
  • 「スーパーVCT」で3種類のビタミンCをメラノサイトの発生源である基底層まで浸透させる
  • 2年連続モンドセレクション受賞
  • 満足率94.8%、90日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
9,980円→5,980 25g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

乳首の色

乳首の色は個人差が大きいものです。

その違いはもってうまれた色素によるところが大きいですが、努力次第で2段階程度まで色を薄くしていくことができるのです。

 1  2  3  4  5  6
乳首の色

乳首の黒ずみの原因

katatedetitikakusu

まずは、どうして乳首が黒ずんでしまうのか、乳首の黒ずみの原因を見ていきましょう。

デリケートな乳首の部分の肌は非常に黒ずみやすく、多くの人が乳首の黒ずみに悩んでいます。

そんな乳首の黒ずみの原因はいくつかあり、それぞれ予防方法が異なります。

乳首が黒ずむ原因をしっかりと理解して予防に努めるようにしましょう。

もともと持って生まれた色素の色によるもの

実は、日本人は肌の色は比較的白くてもメラニン色素の量が多く、乳首が黒ずんでいるという人が少なくありません

乳首が黒ずんでいて気になる、男性経験が多いわけではないのに乳首が黒ずんでいてコンプレックスに感じている日本人女性は、実は非常に多いのです。

この場合、ケアによってキレイなピンク色の乳首にすることができます。

下着などの摩擦によるもの

きつい下着をつけることで、乳首が摩擦による刺激を受け黒ずむ原因になっている場合があります。

しめつけがきつすぎる下着を着用するのはやめておいた方がよいでしょう。

加齢によるもの

年齢を重ねていくと、肌の新陳代謝であるターンオーバーのペースが遅くなります。

ターンオーバーが不足してくると、新しい肌細胞を作りだせなくなるだけでなく、古い角質を排除する能力も衰えてきます。

その結果メラニンを含む古い角質や老廃物が蓄積されるようになり、乳首の肌の部分にメラニン色素が残った角質が溜まることによって、乳首はどんどん黒ずんでいってしまうのです。

この加齢による乳首の黒ずみは、放置しておくとどんどん進行してしまい、乳首は黒ずんでいってしまう一方です

妊娠や出産に伴うホルモンバランスの乱れ

乳首が黒ずむ大きな要因として、妊娠出産という大きなキーワードがあります。

実際に乳首の黒ずみに悩む女性の多くが、乳首の黒ずみを強く感じるタイミングとして妊娠や出産の時期であることも確かです。

妊娠期であれば、個人差はありますが妊娠4週目くらいから乳首の黒ずみを意識するという人が多くなっています。この時期になると乳首の黒ずみと同時に胸のはりや乳首が敏感になるなどの変化も起こります。

この妊娠に伴う乳首の黒ずみの原因は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンの急激な分泌増加によるものです。

これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞をかなり刺激し、分泌量を急激に増加させます。

その結果として肌内部のメラニン量が増加し、乳首が急激に黒ずんでしまう様になるのです。

この時期は、乳首が黒ずむだけでなくメラニン色素の増加にともなうシミやそばかすなどの増加、また色が濃くなるなどの体の変化も起こります

授乳によるもの

mewotumuttejunyuu

出産後授乳するようになると、さらに乳首が黒ずんでくる場合がほとんどです。

これは赤ちゃんが乳首から母乳を飲むという行為で乳首の部分の皮膚を酷使するため、肌を守るためにメラニン色素を増加させ乳首が黒ずむということになります。

また別の説として、生まれたばかりの赤ちゃんがすみやかに乳首を見つけやすいように、つまり目立つことによって赤ちゃんが見つけて吸いやすいようにという理由で黒ずむという説もあります。

授乳が終了した後では、多少乳首の色は薄くなるかもしれませんが、ほとんどの場合ケアをしなければそのまま黒ずんだままの乳首という場合がほとんどです。

睡眠不足やストレスによるもの

睡眠不足やストレスによる生活習慣の乱れは、肌のターンオーバーを乱れさせ、黒ずみになりやすい肌の状態をつくりだします。

十分な睡眠をとる、ストレスをためない、など日々の生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。

食生活

ダイエットや不規則な食生活によって栄養のバランスが偏ると、黒ずみができやすくなります

バランスのとれた食生活を心がけて、ビタミンC(メラニンの生成を抑制する)、鉄分(肌の老化防止に効果のある酵素を生成する)、たんぱく質(不足するときれいな肌を新たに作ることが難しい)などを摂取し黒ずみにくい肌作りをしていきましょう。

アトピー性皮膚炎などによるもの

アトピー性皮膚炎によって乳首の肌の部分に頻繁に皮膚炎や湿疹などが起こると、その炎症部分の肌にメラニンが集中してしまい乳首の黒ずみとなります

また、アトピー性皮膚炎によって乾燥状態が続くと、角質が滞りくすんでしまうことによってさらに黒ずみが深刻になります。

間違った乳首の黒ずみケア方法

以下のような間違ったケア方法で乳首の黒ずみをケアしている場合、その刺激がさらに黒ずみを悪化させている場合があります。

スクラブやピーリング

スクラブとは種子や樹脂などの細粒を加えた洗顔料のことで、これで洗浄することで古くなった角質層を取り除く効果があります。

また、ピーリングとはクエン酸ピーリング液など、酸性のケアアイテムを用いて黒ずみケアをサポートする方法です。

スクラブやピーリングによって摩擦を受けた肌は、その刺激によってさらなるメラニンの生成を行い、それが黒ずみへとつながっていく場合があります。

レモンパック

レモンと言えばビタミンCが豊富なので、レモンの輪切りを顔の上に並べるレモンパックという方法をご存知の方も多いと思います。

確かにビタミンCには美容効果がありますが、非常に壊れやすい成分なので肌に届く前に壊れてしまうことが多いものです。

レモンパックによる良い効果はあまり期待できませんし、そのうえレモンの強い酸性が肌に刺激となってさらなる黒ずみを生む原因となります。

漂白剤や脱色剤

乳首の黒ずみを解消するために、漂白剤や脱色剤を使えばいいのではにのではないかと考える人もいるでしょう。

でも、この方法は絶対にやめておきましょう。

乳首の皮膚はとても薄くデリケートです。

そこに刺激の強い漂白剤や脱色剤を使うと、強すぎる刺激が乳首の皮膚にダメージを与え、痛みや腫れ、炎症を引き起こす原因となります。

その結果、メラニンが増え黒ずみにつながっていくのです。

リップクリーム

リップクリームで乳首の黒ずみを薄くできるという噂があるようです。

確かにリップクリームには保湿効果は期待できますが、メラニンが原因で黒ずむ乳首にはあまり効果は期待できません

むしろ、乳首がべたつき、かゆみなどの原因になる場合があります。

何もしない

それならば、何もしないのが一番よいのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、これは大きな間違いです。

乳首をケアしなければ、下着による刺激などさまざまな原因でメラニンが増え、黒ずみは進んでいきます。

乳首の黒ずみには何らかの対策が必要なのです。

乳首の黒ずみを治す方法

乳首の黒ずみを治すにはメラニンを抑制するよう内側から働きかける方法と、医療機関での治療や黒ずみケアクリームを用いるなどの外から働きかける方法があります。

生活習慣の見直し

乳首の黒ずみを解消していくには、メラニンを作らせないことが大切です。

そのために見直すべき生活習慣について見ていきましょう。

食生活

メラニン色素の生成を抑制するビタミンCと、血行を改善する作用のあるビタミンEを含む食材をすすんで食べるようにしましょう。

ビタミンCとビタミンEはそれぞれ以下のような食べ物に多く含まれています。

ビタミンC:赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラジュース、レモン、柿、いちごなど

ビタミンE:アーモンド、落花生、緑茶、モロヘイヤ、大根葉など

下着などの衣類を見直す

毎日つける下着は、乳首をしめつけないものを選びましょう。

そうすることで、乳首をダメージから守りメラニンを作らせにくくなります。

ストレスの解消

規則的な生活を送り、なるべくストレスをためこまないようにしましょう。

とはいえ、現代の生活ではストレスとは無縁ではいられません。

自分なりのリラックス方法やストレス発散方法を見つけ、実行していくように心がけましょう。

禁煙

乳首に限らず、肌の状態を美しく保つためには禁煙は欠かせません。

タバコに含まれるニコチンはターンオーバーを乱れさせるもとになるからです。

急には無理でも、少しずつでも本数を減らしていくなどしていきましょう。

美容外科や皮膚科

レーザー治療

メラニンに対してレーザーを照射し、メラニンを含む細胞そのものを破壊して黒ずみを消すという方法で、肌への負担は大きくなります。

効果の表れ方に個人差があることや、治療費などの経済的な負担があることも考慮して始めるべき治療法です。

塗り薬による治療

塗り薬として一般的に処方されるのは、ヒルドイドハイドロキノンなどです。

副作用や使用上の注意点を理解して、医師による処方のもと適切に用いることで、黒ずみに対する効果が期待できます。

薬局などで購入できる市販品

以下のような市販品を用いた黒ずみケアの方法もあります。

しかし、どれも黒ずみの原因であるメラニンに対して働きかけるものではないため、効果は限定的であるといえます。

ヨーグルトのホエーによるパック

ヨーグルトの上澄み液であるホエーをパックとして使用し、古い角質を除去する方法です。ホエーには、肌の新陳代謝を促進する作用やピーリング作用があるとされています。

参考記事:乳首の黒ずみはヨーグルトのホエーで解消できるかについて

ニベア

青い缶が目印のクリームです。豊富な保湿成分と美容成分で、肌を柔らかく保ちダメージから守ります。

参考記事:乳首の黒ずみにニベアの効果のほどは?

ワセリン

常備薬として日本の一般家庭に広く普及している、皮膚用抗菌軟膏剤です。抗菌作用が高く、軽度の皮膚疾患や外傷に対応できます。

参考記事:くるぶしの黒ずみ対策にワセリンの効果は?くるぶしの黒ずみに悩んでいたら

美白化粧水

乳首の黒ずみに対して美白化粧水で美白するという方法もあると考える方もいるでしょう。

しかし、美白化粧水の美白効果とは、メラニンを予防しシミそばかすを防ぐと言うものです。

乳首の黒ずみのように、すでにメラニンが形成されできてしまったものに対しての効果はありません

黒ずみ用石鹸

乳首の黒ずみに対して、黒ずみ専用石鹸でケアするという方法もあります。

ただ、石鹸は洗い流してしまうため、浸透しにくいというデメリットがあります。

黒ずみケアクリーム

黒ずみに特化して作られた黒ずみケアクリームで、黒ずみをケアしていく方法です。

乳首だけではなく、体中のさまざまな部分の黒ずみに使えるものがほとんどです。

乳首の黒ずみケア方法

teburaosaeru

では乳首の黒ずみのケア方法はどのような方法で行っていくのが効果的なのでしょうか。

ピンク色のキレイな乳首を手に入れるために、対処方法をくわしく見ていくことにしましょう。

保湿して新陳代謝を促す

乳首の黒ずみを改善する方法としてまずすべき事は、乳首の部分の皮膚を保湿し、新陳代謝を高めておく、つまり肌の健康状態を保つということです。

乾燥していると肌のターンオーバーが乱れるだけでなく、バリア機能も弱くなり、メラニンを生成しやすくなります。

まずは保湿してターンオーバーを促進、新しい肌細胞をどんどん作りだすことによってメラニンを含む古い細胞をすみやかに排除することができる肌環境を作ってあげましょう。

さらにターンオーバーがうまくいくことによって、バリア機能も充実、メラニンを作る必要が無くなるということも黒ずみケアに一役買ってくれます。

乳首への刺激やダメージを減らす

乳首は非常にメラニンを作りだしやすい肌という特徴があるため、外部刺激を極力抑えてメラニンを作らないようにしましょう

紫外線を予防することはもちろん、入浴時にごしごしとこすらない、肌に合わないボディケア商品を使わないなど、普段の生活にも気をつけてみましょう。

刺激を極力減らすことによってメラニンの生成を抑制、さらに肌の炎症を起こさないようにすることによって肌ダメージを予防するようにしましょう。

黒ずみケアクリームでセルフケアをする

普段自分でできる黒ずみ予防に加えて、非常に重要なケアとなるのは、黒ずみケアクリームを活用して普段から乳首のケアをするということです。

黒ずみケアクリームでしっかりとケアすることによって、メラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンも薄くしていくこともできます。

また黒ずみケアクリームには、肌環境を整えたり、しっかりと保湿することができる成分が豊富に配合されていますので、乳首の肌環境を整え黒ずみになりにくい乳首を作りだすこともできます。

乳首の黒ずみケアクリームの成分と選び方

basutokuriem
では、普段から乳首の黒ずみをケアするための黒ずみケアクリームとしてはどのようなものを選んだら良いのでしょうか。

どのような成分を配合した黒ずみケアクリームを選ぶと効果的なのか、その成分にどんな効果があるのか、見ていくことで自分に合った黒ずみケアクリーム見つけていきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、もともと不安定なビタミンCを安定化させた成分で、体内に入ると酵素の働きによってビタミンCになります。

乳首の黒ずみをケアするクリームにも配合されていることが多い成分であり、メラニンの生成を抑制すると同時にできてしまったメラニン色素の還元し、薄くする効果があります。

美白力が非常に強い効果に加え、抗酸化作用もあるため乳首の肌の活性化を行うこともできます。

トラネキサム酸

美白成分として非常にバランスの優れた効果を持っているのがトラネキサム酸です。

アミノ酸の一種のトラネキサム酸は、肌炎症によるメラニンの生成を抑制する働きに優れており、乾燥や衣類の摩擦、妊娠出産による乳首の黒ずみに効果を発揮します

さらに肌刺激が少ないため、乳首の肌を優しく守りながら黒ずみをケアすることができるのがメリットです。

ハイドロキノン

kurieamwotenitoru

ハイドロキノンは一般的に皮膚科で処方される肌の漂白作用のある成分です。

メラニンを漂白することによって乳首の黒ずみを解消しますが、効果が非常に高いため濃度や用量、用法をしっかりと守ることが大切です。

昨今では、ハイドロキノンを低濃度で配合し高い効果を持つ乳首の黒ずみケアクリームが発売されて人気を博しています。

ルミキシルペプチド

ルミキシルペプチドは必須アミノ酸から生成されるタンパク質の成分です。

天然由来の成分であるため非常に安全性が高いというのが一つの大きなメリットだといえるでしょう。

乳首の黒ずみに対する効果としては、メラニンの生成をつかさどる酵素の働きを抑制し、メラニン生成を根本から防止することで乳首が黒ずむのを抑えるという効果です。

トレチノイン酸

乳首の黒ずみの大きな原因であるメラニンを抑制するのではなく、肌のターンオーバーを強力に促進してメラニン排出を促すことによって黒ずみに対処するというのが、このトレチノイン酸の効果です。

ビタミンA誘導体のひとつで、肌に不要な角質の排除を促し、肌内部でコラーゲンなどの産生も促すため、アンチエイジングにも効果があります。乳首の部分の肌の環境を整え、黒ずみになりにくい肌を作りだします。

アスコルビン酸

ビタミンCの一種で、アスコルビン酸にはさまざまな種類があります。

肌のターンオーバーを促進し、抗酸化作用によって活性酸素を抑制、メラニン色素が沈着して乳首が黒ずむのを予防する働きがあります。

すでに黒ずんでしまった乳首の部分のメラニンを美白、これからメラニン色素になろうとする働きを抑制するというダブルの効果が期待できます。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分

乳首の黒ずみをケアするうえで美白作用のある成分以外にも重要な成分は、肌を保湿する成分となります。

保湿力が高い成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸を代表とする保湿美容成分です。

乳首の部分の肌を保湿するということは、肌の健康を取り戻しターンオーバーを促進するということになります。

ターンオーバーがすみやかに行われ、黒ずみの原因であるメラニンを含む角質をすみやかに排除、さらに乾燥によるくすみが原因の黒ずみの予防、バリア機能が弱まることによって受けるダメージによる黒ずみを予防します。

上記の成分のほかにも、エラスチンやNMF、グリセリンなどの保湿成分も黒ずみケアクリームに配合していると高い保湿効果があります。

まとめ

乳首の黒ずみは、大部分がケアすることでキレイなピンク色に近づけることが可能です。

そのために必要なことは、日常生活において乳首が黒ずむのを予防するように気をつける事に加え、黒ずみケアクリームで日々のケアを怠らない事だといえます。

黒ずみケアクリームを賢く活用して、乳首の黒ずみを効率よく解消するとともに、黒ずみになりにくい乳首を目指しましょう

キレイなピンク色の乳首を手に入れる事は、女性としての自信を取り戻すと同時に、自分のコンプレックスを解消することにつながります。