basutotokuriema

女性として乳首が黒ずんでいると、さまざまな場面で積極的になれなかったり、女性としての自信を持てなかったりします。

乳首の黒ずみを解消しピンク色のキレイな乳首を手に入れる事は、女性としての自分を高め、美意識をしっかりと持った美しい女性としてのプライドを維持するということにつながります

そこで、乳首の黒ずみの原因をしっかりと把握し、乳首の黒ずみを解消する方法、乳首の黒ずみに対して使用する黒ずみクリームの選び方などをご紹介いたします。

乳首が黒ずんでしまう要因を理解し、予防策に努めること。

そして乳首の黒ずみクリームを厳選して選ぶことによって、あなたの乳首もキレイな状態を維持することができるようになります。

乳首の黒ずみケアクリームランキング!

ホスピピュア
くすんだ乳首をお手軽にケアできる乳首美白専用クリーム!

  • 湘南美容外科が本気で共同開発
  • 美白有効成分「トラネキサム酸」配合でメラニン色素がつくられるのを抑制
  • 安心のプライバシー配送で中身がわからないようにお届け
  • 満足率94%、90日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
9,000円→5,500 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

HAKUBI
ついに完成した乳首の黒ずみケアの決定版!

  • 毎日10秒だけのかんたん美白ケア
  • 活性酵素を除去するアスタキサンチン配合で高い還元力を実現
  • 保湿成分シロキクラゲが角質層まで浸透
  • 初回購入に限り今だけ商品代金が実質無料
  • 90日間全額返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
8,900円→無料 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

イビサクリーム
日本で一番人気のある黒ずみケア用クリーム!

s-ibiza-bust

  • 美白効果のある薬用成分が乳首の黒ずみをケア
  • 植物成分がメラニンの生成をストップしてお肌を理想的な状態に整える
  • 化粧品にしか見えないデザイン、オールシーズン対応、コンパクトサイズ
  • 顧客満足度96.7%、28日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,000円→4,470 35g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

アットベリー
容量たっぷりのケア用クリームで乳首の黒ずみと乾燥をケア!

s-atberry-bust1

  • アットベリー独自のトリプルサンド方式ケア
  • 肌の黒ずみケア部門で5冠達成
  • 5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分+ニオイケア
  • 美容成分97.8%配合、敏感・乾燥肌でも使える
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,800 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

ホワイトラグジュアリープレミアム
透明感のある美白乳首を手に入れる!

s-whiteluxury-bust

  • ヒアルロン酸やプラセンタなど厳選の美白成分7種類を配合
  • 「スーパーVCT」で3種類のビタミンCをメラノサイトの発生源である基底層まで浸透させる
  • 2年連続モンドセレクション受賞
  • リピート率94.2%、90日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
9,980円→5,980 25g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

乳首の黒ずみの原因

katatedetitikakusu

まずは、どうして乳首が黒ずんでしまうのか、乳首の黒ずみの原因を見ていきましょう。

デリケートな乳首の部分の肌は非常に黒ずみやすく、多くの人が乳首の黒ずみに悩んでいます。

そんな乳首の黒ずみの原因はいくつかあり、それぞれ予防方法が異なります。

乳首が黒ずむ原因をしっかりと理解して予防に努めるようにしましょう。

加齢によるもの

年齢を重ねていくと、肌の新陳代謝であるターンオーバーのペースが遅くなります。

ターンオーバーが不足してくると、新しい肌細胞を作りだせなくなるだけでなく、古い角質を排除する能力も衰えてきます。

メラニンを含む古い角質や老廃物が蓄積されるようになり、乳首の肌の部分にメラニン色素が残った角質が溜まることによって、乳首はどんどん黒ずんでいってしまうのです。

この加齢による乳首の黒ずみは、放置しておくとどんどん進行してしまい、乳首は黒ずんでいってしまう一方です

妊娠や出産に伴うホルモンバランスの乱れ

乳首が黒ずむ大きな要因として、妊娠出産という大きなキーワードがあります。

実際に乳首の黒ずみに悩む女性の多くが、乳首の黒ずみを強く感じるタイミングとして妊娠や出産の時期であることも確かです。

妊娠期であれば、個人差はありますが妊娠4週目くらいから乳首の黒ずみを意識するという人が多くなっています。この時期になると乳首の黒ずみと同時に胸のはりや乳首が敏感になるなどの変化も起こります。

この妊娠に伴う乳首の黒ずみの原因は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンの急激な分泌増加によるものです。

これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞をかなり刺激し、分泌量を急激に増加させます。

その結果として肌内部のメラニン量が増加し、乳首が急激に黒ずんでしまう様になるのです。

この時期は、乳首が黒ずむだけでなくメラニン色素の増加にともなうシミやそばかすなどの増加、また色が濃くなるなどの体の変化も起こります

授乳によるもの

mewotumuttejunyuu

出産後授乳するようになると、さらに乳首が黒ずんでくる場合がほとんどです。

これは赤ちゃんが乳首から母乳を飲むという行為で乳首の部分の皮膚を酷使するため、肌を守るためにメラニン色素を増加させ乳首が黒ずむということになります。

また別の説として、生まれたばかりの赤ちゃんがすみやかに乳首を見つけやすいように、つまり目立つことによって赤ちゃんが見つけて吸いやすいようにという理由で黒ずむという説もあります。

授乳が終了した後では、多少乳首の色は薄くなるかもしれませんが、ほとんどの場合ケアをしなければそのまま黒ずんだままの乳首という場合がほとんどです。

アトピー性皮膚炎などによるもの

アトピー性皮膚炎によって乳首の肌の部分に頻繁に皮膚炎や湿疹などが起こると、その炎症部分の肌にメラニンが集中してしまい乳首の黒ずみとなります。

また、アトピー性皮膚炎によって乾燥状態が続くと、角質が滞りくすんでしまうことによってさらに黒ずみが深刻になります。

もともと持って生まれた色素の色によるもの

上記の黒ずみの原因に全く関係が無くても、乳首が黒ずんでしまっているという場合があります。

まだ年齢的にも若く、妊娠も出産も授乳もしていない、アトピーでもないのに乳首が黒ずんでいるという場合、もともと持って生まれた色素による乳首の黒ずみということになります。

実は、日本人は肌の色は比較的白くても、メラニン色素の量が多く、乳首が黒ずんでいるという人が少なくありません

乳首が黒ずんでいて気になる、男性経験が多いわけではないのに乳首が黒ずんでいてコンプレックスに感じている日本人女性は、実は非常に多いのです。

この場合、ケアによってキレイなピンク色の乳首にすることができます。

乳首の黒ずみケア方法

teburaosaeru

では乳首の黒ずみのケア方法はどのような方法があるのでしょうか。

ピンク色のキレイな乳首を手に入れるために、対処方法を見ていくことにしましょう。

保湿して新陳代謝を促す

乳首の黒ずみを改善する方法としてまずすべき事は、乳首の部分の皮膚を保湿し、新陳代謝を高めておく、つまり肌の健康状態を保つということです。

乾燥していると肌のターンオーバーが乱れるだけでなく、バリア機能も弱くなり、メラニンを生成しやすくなります。

まずは保湿してターンオーバーを促進、新しい肌細胞をどんどん作りだすことによってメラニンを含む古い細胞をすみやかに排除することができる肌環境を作ってあげましょう。

さらにターンオーバーがうまくいくことによって、バリア機能も充実、メラニンを作る必要が無くなるということも黒ずみケアに一役買ってくれます。

乳首への刺激やダメージを減らす

乳首は非常にメラニンを作りだしやすい肌という特徴があるため、外部刺激を極力抑えてメラニンを作らないようにしましょう

紫外線を予防することはもちろん、入浴時にごしごしとこすらない、肌に合わないボディケア商品を使わないなど、普段の生活にも気をつけてみましょう。

刺激を極力減らすことによってメラニンの生成を抑制、さらに肌の炎症を起こさないようにすることによって肌ダメージを予防するようにしましょう。

黒ずみクリームでセルフケアをする

basutokuriem

普段自分でできる黒ずみ予防に加えて、非常に重要なケアとなるのは、黒ずみクリームを活用して普段から乳首のケアをするということです。

黒ずみクリームでしっかりとケアすることによって、メラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンも薄くしていくこともできます。

また黒ずみクリームには、肌環境を整えたり、しっかりと保湿することができる成分が豊富に配合されていますので、乳首の肌環境を整え黒ずみになりにくい乳首を作りだすこともできます。

乳首の黒ずみクリームの選び方

では、普段から乳首の黒ずみをケアするための黒ずみクリームとしてはどのようなものを選んだら良いのでしょうか。

どのような成分を配合した黒ずみクリームを選ぶと効果的なのかを見ていきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、もともと不安定なビタミンCを安定化させた成分で、体内に入ると酵素の働きによってビタミンCになります。

乳首の黒ずみをケアするクリームにも配合されていることが多い成分となります。

黒ずみに対する効果としては、メラニンの生成を抑制すると同時に、できてしまったメラニン色素の還元し、薄くする効果があります。

美白力が非常に強い効果に加え、抗酸化作用もあるため乳首の肌の活性化を行うこともできます。

トラネキサム酸

美白成分として非常にバランスの優れた効果を持っているのがトラネキサム酸です。

アミノ酸の一種のトラネキサム酸は、肌炎症によるメラニンの生成を抑制する働きに優れています。

乾燥や衣類の摩擦、妊娠出産による乳首の黒ずみに効果を発揮します

さらに肌刺激が少ないため、乳首の肌を優しく守りながら黒ずみをケアすることができるのがメリットです。

ハイドロキノン

kurieamwotenitoru

ハイドロキノンは一般的に皮膚科で処方される肌の漂白作用のある成分です。

メラニンを漂白することによって乳首の黒ずみを解消しますが、効果が非常に高いため濃度や用量、用法をしっかりと守ることが大切です。

昨今では、ハイドロキノンを低濃度で配合し高い効果を持つ乳首の黒ずみクリームが発売されて人気を博しています。

ルミキシルペプチド

ルミキシルペプチドは必須アミノ酸から生成されるタンパク質の成分です。

天然由来の成分であるため非常に安全性が高いというのが一つの大きなメリットだといえるでしょう。

乳首の黒ずみに対する効果としては、メラニンの生成をつかさどる酵素の働きを抑制し、メラニン生成を根本から防止することで乳首が黒ずむのを抑えるという効果です。

トレチノイン酸

乳首の黒ずみの大きな原因であるメラニンを抑制するのではなく、肌のターンオーバーを強力に促進してメラニン排出を促すことによって黒ずみに対処するというのが、このトレチノイン酸の効果です。

ビタミンA誘導体のひとつで、肌に不要な角質の排除を促し、肌内部でコラーゲンなどの産生も促すため、アンチエイジングにも効果があります。乳首の部分の肌の環境を整え、黒ずみになりにくい肌を作りだします。

アスコルビン酸

ビタミンCの一種で、アスコルビン酸にはさまざまな種類があります。

肌のターンオーバーを促進し、抗酸化作用によって活性酸素を抑制、メラニン色素が沈着して乳首が黒ずむのを予防する働きがあります。

すでに黒ずんでしまった乳首の部分のメラニンを美白、これからメラニン色素になろうとする働きを抑制するというダブルの効果が期待できます。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分

乳首の黒ずみをケアするうえで美白作用のある成分以外にも重要な成分は、肌を保湿する成分となります。

保湿力が高い成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸を代表とする保湿美容成分です。

乳首の部分の肌を保湿するということは、肌の健康を取り戻しターンオーバーを促進するということになります。

ターンオーバーがすみやかに行われ、黒ずみの原因であるメラニンを含む角質をすみやかに排除、さらに乾燥によるくすみが原因の黒ずみの予防、バリア機能が弱まることによって受けるダメージによる黒ずみを予防します。

上記の成分のほかにも、エラスチンやNMF、グリセリンなどの保湿成分も黒ずみクリームに配合していると高い保湿効果があります。

まとめ

乳首の黒ずみは、大部分がケアすることでキレイなピンク色にすることが可能です。

そのために必要なことは、日常生活において乳首が黒ずむのを予防するように気をつける事に加え、黒ずみクリームで日々のケアを怠らない事だといえます。

黒ずみクリームを賢く活用して、乳首の黒ずみを効率よく解消するとともに、黒ずみになりにくい乳首を目指しましょう。

キレイなピンク色の乳首を手に入れる事は、女性としての自信を取り戻すと同時に、自分のコンプレックスを解消することにつながります。

tikubi-care