oronainntyu-bu

昔から万能薬と知られ、薬局やドラッグストアでは必ずといっていいほど目にするのがオロナインです。

オロナインは非常に認知度も高く、一般的な家庭には常備薬として置いている人がほとんどです。

しかも、低価格という事もあり、常備薬としてはとても好都合なものになっているのです。

そんなオロナインの幅広い効能の中に、黒ずんだ乳首をピンク色にしてくれるという都市伝説のようなものがあります。

果たしてこの噂は信じて良いものなのでしょうか。

では、どのような皮膚疾患にも頻繁に用いられるオロナインですが、乳首をピンク色にする方法としては有効性があるのでしょうか。

オロナインを利用して乳首をピンク色にすることができるのかを見ていきましょう

もし、オロナインが乳首をピンク色にしてくれると実証されれば、世の女性は、オロナインをたくさん買い占めることになりますよね。

オロナインとはどのような塗り薬なのか

まずは、オロナインという薬がどのような塗り薬なのかを詳しくご紹介します。

オロナインの成分や効果を知ることによって、乳首をピンク色にする方法として用いることができるのかどうか、検証していきます。

オロナインに配合されている成分

まずオロナインに配合されている有効成分として注目すべきはクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分です。

クロルヘキシジングルコン酸塩液とは?

クロルヘキシジングルコン酸塩液は手指や皮膚の消毒に用いられる成分で、皮膚の創傷部位を殺菌することができます。

また、手術器具や物品、病室などの消毒にも用いられることもあります。

抗菌作用に優れ、傷などの部分に繁殖する菌の消毒を行うことができます

その他に配合されている成分としては、ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸AL/K、マクロゴール、グリセリン、オリーブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳液型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水となっています。

主成分以外の成分で多いのは、抗炎症作用のある成分と肌の保湿に効果のある成分が目立つといえるでしょう。

また、副作用が懸念されるステロイドは配合していません。

ステロイドを配合しないことで、小さな子からお年寄りまで家族全員が安心して使えるようになっているのがオロナインのメリットになっています。

オロナインの用途

では、オロナインはどのような場合に使用することができる薬なのかを次に見ていくことにしましょう。

オロナインの効能、効果

ニキビ、吹き出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、傷、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

ここまで見ると、オロナインの効果は幅広いもので、「何にでも効いてしまうのではないか万能薬!」なんて言葉があがりますよね。

とにかく、家族の誰かがケガをした時には、オロナインが大活躍してくれること間違いなしなのです。

オロナインで乳首をピンク色にできるのか?

fukunouekaramunemegane

上記のオロナインの特徴をふまえ、乳首をピンク色にする方法としてオロナインが有効なのかどうかを考えてみましょう。

オロナインには乳首を美白する成分は配合されていない

オロナインの成分の中でメラニンに働きかけ美白を促す成分は全く配合されていません

乳首の黒ずみの根本原因であるメラニン色素への効果がないということは、乳首をピンク色にする方法として、オロナインを使うという選択肢はなしということになります。

オロナインが乳首をピンク色にするという噂はなぜ!?

ですが、オロナインがなぜ乳首をピンク色にするという都市伝説まがいの噂が密かに波及しているのでしょうか。

実際に、オロナインを乳首に塗ったり、パックしたりしている女性がいる事をtwitterや知恵袋などから察する事ができます。

実際にやっている人の結果としては、ハッキリと乳首がピンクになったなんて記載している人はいません。

それもそのはず、やはりオロナインには色素を薄くする効能はないのですから、当たり前の結果というこ事になるでしょう。

ですが、オロナインと乳首についてもう一つ、気になる噂が波及しています。

「オロナインを乳首につけると、乳首が敏感になる!」という噂です。

オロナインの成分に乳首の感度を高めるような成分があり、それが乳首の性感をよくすると話題なのです。

これが本当ならば、SEXの時もお互い楽しめるのかな…という推測にはなりますが。

つまり、こうしたオロナインと乳首にまつわる噂が、なぜかオロナインは乳首をピンク色にするという都市伝説紛いに発展してしまったのだという事も予測されるでしょう。

ツイッターなどによる誤った情報

こうしたオロナインが乳首をピンクにするという情報は、ネット社会が生み出した、勘違いとも言えます。

誰かがツイッターでコメントすれば、ツイートしてされて、あっと言う間に誤った情報がたくさんの人に流れてしまうのです。

そんな情報を目にした女性は、すぐにでも試せるオロナインを試してみたくなるにきまっています。

特に、普段から乳首の黒ずみを気にしている人であれば尚のこと、すぐにでも確かめてみたくなるでしょう。

「実際に試してもオロナインで乳首がピンク色にはならなかった!」なんて嘆いている方は、それはお門違いです。

だって、オロナインはもともと、傷などの消毒に特化したものですから。

専用の黒ずみクリームを初めから使用した方が、往生際が良いと言えるでしょう。

 乳首トラブルを防ぐ意味では効果的

オロナインが乳首をピンク色にする根拠は何もない事が理解していただけたことと思います。

ただちょっと視点を変えると、オロナインで乳首をピンク色にする事は不可能ですが、間接的には乳首が黒ずむ事を防止できる可能性はあります。

乳首が服などの摩擦でこすれたり、赤ちゃんが母乳を吸うときに噛み切られて炎症を起こしたりする事があります。

これをそのまま放置してしまえば、炎症はひどくなり、色素沈着を起こしやすくなるでしょう。

オロナインで炎症を酷くさせないように自宅治療しておけば、黒ずみが酷くなる事はないはずです。

乳首がピンク色だとどんなメリットがある!?

オロナインは乳首をピンク色にはできませんでしたが、正直言って世の男性はピンク色の乳首を好む傾向にあります。

ですから、乳首をピンク色にしたいと思う女性はこれからも減る事はないでしょう。

SEXするときに、ピンク色だと興奮する男性も多かったり、イメージ的にピンク色の乳首を持つ女性は、経験人数も少なく、処女をイメージさせたりする事もあるのです。

また、男性がコッソリ見るアダルト雑誌や、ビデオなどの女優さんのほとんどがピンク色の乳首をしているため、一般女性にも同じような価値観を求めているのです。

こうした背景が、「乳首をピンク色にしたい!」という女性の欲求となってしまうのです。

実際に、黄色人種である日本人の乳首の色は、茶系で、ピンク色をしている人はよっぽど、色白の人か、特殊なケアや治療を施している人だといえます。

ちなみに、AV女優さんは、乳首にハイドロキノンをつけてピンク色にしたり、レーザー治療を受けたりしているという情報もあります。

としたら、高額な金額を乳首の色に費やしている事になります。

乳首の黒ずみ解消には黒ずみクリームが効果的!

乳首の黒ずみを解消して、キレイなピンク色の乳首にする方法として最も効果があるのは、やはり黒ずみクリームを使ってケアすることです。

乳首の黒ずみの原因であるメラニンをしっかりと美白効果でうすくできるうえ、これから作りだされようとするメラニンも徹底して抑制することができます。

乳首をピンク色にする方法を検討しているのであれば、やはり黒ずみ専用の黒ずみクリームを使わなければなりません。

まとめ

男性がピンク色の乳首をのぞむうちは、女性は必死で自分の乳首の色を明るくしようとするでしょう。

ですが、女性にこうした乳首のコンプレックスがあると、“オロナインが乳首をピンク色にする”などの誤った情報を信じてしまう事になります。

オロナインはもともと、乳首をピンク色にすべく美白成分は配合されていないという事を念頭に置いて、潔く、黒ずみクリームでピンク色の乳首に近づけるようにしましょう。

tikubi-care