デリケートゾーンのお手入れ、ムダ毛処理やにおい対策、黒ずみ対策などどれをとっても日本よりも積極的で充実していて、たくさんの人がケアに熱心なのがアメリカです。

アメリカ人は日本人よりもはるかにデリケートゾーンのお手入れに関して先進国となっていて、多くの人が徹底してデリケートゾーンのケアをおこなっているといえます。

そこでアメリカ人が積極的にしているデリケートゾーンのお手入れの中でも、黒ずみに関して日本人と比較してどれくらい工夫しているのか、徹底ケアしているのかを見ていってみましょう

日本人はアメリカ人に比べると、まだまだデリケートゾーンの黒ずみに対しては消極的、アメリカ人のデリケートゾーンの黒ずみ対策に学ぶべき点が多いといえます。

デリケートゾーンの黒ずみは万国共通

デリケートゾーンの黒ずみについては、日本やアメリカに限らず万国共通の悩みとなっているといえます。

しかしそんな悩みをオープンに、かつ積極的に解消しようと取り組んでいるのがアメリカ人です。

アメリカではほとんどの人がデリケートゾーンのケアに取り組んでいて、その中でも黒ずみ対策について見てみても積極的に行っている人が多いといえます。

アメリカ人は日本人よりも黒ずみにくい

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニンになりますが、もともとメラニン色素が少ないアメリカ人は日本人に比べると黒ずみになりにくいという傾向があります。

メラニン色素については「メラニン色素と黒ずみの関係は?美白して黒ずみを解消するには?」でもくわしく説明しています。

日本人ほどデリケートゾーンが黒ずんではいないものの、それでもアメリカでは日本人よりもはるかに積極的に黒ずみ解消への取り組みが進んでいるといえます。

アメリカで黒ずみケアといえば「ハイドロキノン」や「トレチノイン」

日本で使用されることがあまり無い「ハイドロキノン」、高い美白効果を持っている反面、白斑などの副作用も心配されているため、日本人がデリケートゾーンの黒ずみに対して使用することはあまりありません。

しかしアメリカでは20年以上前から、黒ずみに対してはこの成分を活用してきています。

ただ、現在では美白効果のみの「ハイドロキノン」よりエイジング効果もある「トレチノイン」の方が主流となっています。

これらは日本よりもはるかにオーソドックスで、広く利用されている成分なのです。

黒ずみケアクリームがベストな選択!

ハイドロキノンは昨今日本でも配合量や濃さを調節して処方されることも多くなっていますが、それでもやはり副作用が心配される成分であることは確かです。

そこまで強力な成分を使用してメラニンを排除することを躊躇してしまうという人もいるでしょう。

そこで、日本人がデリケートゾーンの黒ずみをケアするために利用したいアイテムとしておススメなのが黒ずみケアクリームです。

デリケートな部分の肌に対しても優しい成分でできているため、安心して黒ずみケアをしていくことができます。

黒ずみケアクリームならメリットばかりでデメリットは無し

黒ずみケアクリームを利用してデリケートゾーンの黒ずみをケアしていくという対処方法には、たくさんのメリットはありますがデメリットは見当たりません。

デリケートな部分だからこそ、使用するアイテムは厳選しておきたいもの。

安易に危険な成分を使用するよりも、黒ずみケアクリームではるかに安心安全にそして効率よく黒ずみを解消していくことができるのです。

黒ずみケアクリームを使用するメリット

  • 肌に優しい成分でできていて安心して使うことができる
  • 肌の保湿やターンオーバーを促進、肌本来の力でメラニンを排出
  • さらなる黒ずみができにくい健康な肌を作る
  • 安価で手軽に使用することができる
  • 副作用の心配がないためセルフケアをしていても不安なし
  • デリケートゾーンの黒ずみ以外の気になる部分にも使用できる

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみはアメリカ人も日本人も共通している悩みですが、デリケートなうえメラニンが多く黒ずみやすい日本人の場合、黒ずみケアクリームを活用して継続的なケアをしていくという方法がおススメです。

自分の大切な体の最もデリケートな部分ですから、肌に優しくて安心安全な黒ずみケアクリームを使用してケアしていきましょう。