matawotedeoou

黒ずみができやすく、できてしまった黒ずみがコンプレックスになってしまう体のパーツに多いのがデリケートゾーンです。

そしてその黒ずみ解消方法も非常にたくさんの方法があり、使用するものや改善手段などは千差万別といえます。

しかし、あまりに黒ずみに対処する方法やツールが多数蔓延していて、いったいどのような方法で黒ずみを解消したらよいのか、そしてどのような成分が黒ずみに対して効果があるのかがわかりにくくなっているともいえます。

さらに、黒ずみには確かに一定の効果があるとしても、副作用や体に及ぼす影響などをあまり知らずに、あまり紹介されないままに有効とされる成分を安易に利用してしまうというケースも多発しています。

そこで、デリケートゾーンの黒ずみに対して効果が高いとして、昨今黒ずみ対策に頻繁に利用されるようになっているハイドロキノントレチノインについて、深く掘り下げて調べてみましょう。

ハイドロキノンとトレチノイン、効果は?

では、まずハイドロキノンとトレチノインが持つ、デリケートゾーンの黒ずみに対する効果を見ていきましょう。

どちらも効果を発揮する先は異なりますが、デリケートゾーンの黒ずみに対しては一定の効果があります。

ハイドロキノン

すでに黒ずみとして肌に定着してしまっている色素沈着を漂白する効果があります。

トレチノイン

肌の新陳代謝を活性化、新しい肌細胞を作りだすことを促し、メラニンを含む黒ずみ肌の肌細胞をすみやかに排出させる効果があります。

このように、どちらもデリケートゾーンの黒ずみを解決の方向へと導く作用があることがわかりますが、その効果の反面、注意点や副作用などはないのでしょうか。

利用する際の注意点や副作用は?

deriketozonwomusimegane

次に、ハイドロキノンとトレチノインが持つデリケートゾーンの黒ずみ解消効果の裏側に隠されている副作用や、使用する際に注意すべき点などについて見ていくことにしましょう。

ハイドロキノンの副作用や使用する際の注意点

まずは、ハイドロキノンを使用する際に気をつける点や副作用について見ていきましょう。

  1. 使用している部分や、塗った部分の皮膚が紫外線を浴びることによって組織黒症(肌が黒くなる)を引き起こす。
  2. ぬった部分が赤くなったり、ひりひりとした感覚を覚えることがある。
  3. ぬった部分が白斑(肌の色が抜け落ち白くなる)になることがある。
  4. アレルギー反応を起こす場合があり、その場合には痒みや炎症などの症状を伴う。
  5. 成分が不安定であるため、開封後は冷蔵庫保存、そして1か月~2か月ほど経過したものは使用を控える。
  6. あまり濃度の高いものは肌刺激が強すぎるために避けるようにする。

このように、ハイドロキノンは無視することができないような深刻な副作用がある場合があります。

肌を漂白し、白くする作用が強いために、デリケートゾーンの黒ずみ対策として昨今多くの商品に配合されていますが、実はこのようなトラブルを招いてしまうということを知っておく必要があります。

トレチノインの副作用や使用する際の注意点

では、次にトレチノインの副作用や、使用上の注意点を見ていくことにしましょう。

  1. 使用した部分の肌細胞、皮膚が剥がれることがある。
  2. 赤みが生じ、を帯びたような感じになる場合がある。
  3. 肌が深刻な乾燥状態になることがある。
  4. 妊娠中の使用は、ビタミンA誘導体という成分であるため、胎児奇形のリスクがある。
  5. 酸化しやすく成分が安定しないため、冷蔵庫で保存し、使用期間も1カ月から2か月くらいにする。
  6. 肌が敏感な状態になるため、紫外線を浴びることを避ける。
  7. 用法、用量は厳格にしっかりと守る。

このトレチノインという成分も、かなりデリケートゾーンの黒ずみに対する効果は高いといえます。

しかし上記のように、深刻な副作用を招いてしまう恐れも十分にあり、安心して使用できる成分ということはできません。

黒ずみを解消するどころか、余計な肌トラブルの要因を作りだしてしまう可能性を秘めている成分だといえるでしょう。

使用量や濃度を適切に

omatawokakusuryuo

ハイドロキノンとトレチノインは確かにデリケートゾーンの黒ずみに対して効果を発揮し、実際にこれらの成分を使用した人の中には何事も無く黒ずみに対して非常に高い効果を感じたという人もいます。

しかし、ハイドロキノンとトレチノインは肌質や肌の状態、体調などで大きく肌への影響が異なることが確かな成分です。

また、使用量や使用濃度を間違えると、深刻な副作用をもたらすということもわかっています。

  • 皮膚科で処方される濃度・・・5%~10%
  • 厚生労働省の推奨値・・・2%以下

このように、確かに効果は高いとしても、安心安全の上に使用することができない成分であることは明らかです。

安心安全に使用できるものは?

では、デリケートゾーンの黒ずみを改善解消するうえで、安心安全が確立されていて、その上でしっかりと肌ケアをすることができるツールとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

黒ずみクリームを使用するメリット

デリケートゾーンの黒ずみを解決の方向へと導くために利用すべきもの、それはズバリ、黒ずみケア専用の黒ずみクリームです。

では、どうしてデリケートゾーンの黒ずみ対策として黒ずみケア専用の黒ずみクリームが良いのでしょうか。

成分が豊富で黒ずみのあらゆる原因に対応できる

tenicream

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、人によって異なります。

さまざまな要因が重なり合って黒ずみを作りだしてしまっていますから、豊富な成分で、色々な角度から黒ずみにアプローチできる黒ずみクリームが非常に有効となります。

肌負担をかけずに黒ずみを解消することができる

黒ずみクリームなら、無理やり肌を漂白したり、肌表面の細胞を削り落としたり剥がしたりという、大きな肌負担を与える事はありません。

逆に、黒ずみのある部分の肌をしっかりと保湿、保護しながら、肌そのものを健康な状態にしつつ、黒ずみケアを実現していきます。

高く強い効果で一時的に黒ずみがきれいになったとしても、その部分の肌がボロボロになってしまっては、また再び黒ずみが生まれてしまうのは目に見えています。

黒ずみクリームなら、肌を健康な状態にしながら黒ずみケアができるので、黒ずみを解決した後も、再び黒ずみになることがないような健やか肌を維持することができるのです。

肌に優しい成分へのこだわり

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームは、アルコールや界面活性剤、鉱物油などの肌ストレスになりうる成分を排除しているものがほとんどです。

ほんの少しの肌負担をも軽減し、より早くよりきれいな肌の状態を作りだすためです。

黒ずみクリームには強く高い効果の成分のような即効性は確かにありませんが、それに変わる優しさや配慮、継続することによるメリットが多くあるのです。

優れたコストパフォーマンスと手軽さで継続できる

そして、黒ずみクリームなら、非常にコストパフォーマンスにも優れています

効果が高いけれど値段も高いという成分は、継続してスキンケアをしていくことは非常に難しいでしょう。

スキンケアの基本は継続ですから、黒ずみクリームであれば安価に購入できスキンケアを続けていくことが容易です。

また、塗るだけというお手入れ方法の手軽さ、特に使用する際の注意点がないという点も魅力になります。

まとめ

このように、デリケートゾーンの黒ずみケアには、黒ずみクリームを使用して継続ケアしていく方法が最も良い方法だといえるでしょう。

安心安全が確立されている、コストパフォーマンスにも、便利さにも優れている黒ずみクリームは、デリケートゾーンの黒ずみをケアしていくうえで、マストアイテムだといえるのです。

dz-care