rezadatumou

自分のデリケートゾーンが黒ずんでいる時、どのような対処方法が思い浮かびますか?

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法は、昨今技術の進歩や科学の発展などによってさまざまな手段が開発されています。

しかしその中には、黒ずみを改善するどころか、危険を伴うような治療方法や改善方法もあるということをご存じでしょうか。

黒ずみケアに失敗して黒ずみが深刻化してしまったり、黒ずみが全く良くならないのにお金や時間だけを無駄遣いしてしまうというケースも少なくありません。

そんな中、今回は、デリケートゾーンの黒ずみケアにおけるレーザーの効果や潜んでいる危険性についてご紹介します

レーザー治療とはどのような治療法?

 最近よく聞くレーザー治療ですが、第一に思い浮かぶのが、シミやソバカスを薄くするという効果ではないでしょうか。

ですが、それは少し前の話で、最近はあらゆる悩み、あらゆる部位にレーザー治療を施して効果を得られる時代になっていたのです。

例えば…

  • ニキビ跡
  • しわ、たるみ
  • 花粉症対策
  • ワキガ治療

こうしたあらゆるジャンルでレーザー治療のニーズを得ている人はたくさんいます。

レーザー治療の種類とその効果とは

レーザー治療と言っても専用機器の種類はいくつかあって、以下に記載するように症状や用途に合わせた機器を選ぶ事からスタートします。

Qスイッチレーザー

狭い範囲に高エネルギーのレーザー照射をします。

メラニン生成によるシミやソバカスを薄くします。

ニキビ跡などは炎症を酷くしてしまう事もあり注意が必要です。

炭酸ガスレーザー

いわゆる、ホクロやイボを、レーザーの力で削るという過程です。

もちろん、削るという行為ですから、痛みがありますので麻酔は必要になるでしょう。

フラクショナルレーザー治療

皮膚にレーザーを照射し、肉眼では見えない傷をつけ、コラーゲンを再生させるなどのアンチエイジングができるレーザー治療です。

黒ずみ対策としてのレーザー治療のデメリット

このようにレーザーには様々な種類がありますが、麻酔を使わなくてはならないもの、傷をつけるものなど、いずれのレーザー治療もデリケートゾーンにし使用して良いものか疑問ですよね。

デリケートゾーンの黒ずみを改善する手段として、皮膚科や美容クリニックに行ってレーザー治療を受けることを検討している人が増加しています。

しかし、この黒ずみケア方法はかなり危険を伴っているという認識はあまり広まっていないようです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策としてのレーザー治療のデメリットはいくつかあります。

アフターケアを怠ると副作用が出やすくなる

実はレーザー治療ときくと、光をあてるだけであらゆる肌悩みが改善できる魔法のような存在というイメージをもたれている方も多いです。

ですが、実際はレーザー治療と同じくらいにその後のアフターケアが必要です。

しかも、その後のアフターケアが疎かだったり充分でなかったりすれば、黒ずみを改善するどころか逆にひどくしてしまう可能性が高いのです。

レーザー治療後のアフターケアとして、以下のような点に気をつける必要があります。

  • 炎症をひどくさせないために、レーザーを照射した部位を触ったり、引っ掻いたりしない
  •  メラニン生成を抑制させるために、紫外線予防のUVカットなどをしっかり使用する
  •  1回の通院で完全に黒ずみが改善されるわけではないので、通院する労力が必要
  •  処方された内服薬、外用薬を飲みきる
  •  レーザー照射後は数週間、激しい運動やセックスを控える
  • 施術後の肌が思わしくなければ通院をする

ですから、「レーザー治療したからもう安泰!」という考えはしない方が良く、アフターケアをしっかりできている自信がある人が望むべき治療なのです。

しかも、顔でもこのようなリスクが伴うわけですから、さらに皮膚の薄いデリケート部位であるデリケートゾーンに施すならば尚更、高リスクになるでしょう。

費用が高額になる

レーザー治療には、高額な費用が必要にります。

レーザー治療をすれば絶対に黒ずみが無くなるわけではないのに、高額な費用がかかってしまうのです。

もちろん、レーザー治療の良い体験談や口コミをきくと、絶対にレーザーを使用したい!と思ってしまいます。

美容外科のCMや雑誌媒体はとても魅力的に誘導しますから…

レーザー治療にかかる治療代金の数万円〜数十万円があれば、ファッションやヘアスタイルにかけてもよいですよね。

医師の技量によって結果や安全性が大きく異なる

そしてレーザー治療は、施術をする医師の技量によって安全性や結果に大きな差が生じるという事を忘れてはいけません。

レーザーの光量が弱すぎると黒ずみに対する効果が発揮されず、強すぎるとやけどのような状態になったり、白く斑点状に跡が残ってしまったりするような危険性を秘めているのです。

レーザー治療の実証例が少なかったり、カウンセリングやアフターケアに力を入れていなかったりする施設でのレーザー治療は危険と言えます。

その場しのぎにすぎない解決法

レーザー治療を受けて黒ずみが改善したとしても、肌の状態が改善されていなければ、またすぐに黒ずみになってしまうことは言うまでもありません。

レーザーで黒ずみを分解したり消したりしても、肌がメラニンを作りだしやすい状態であれば、レーザー治療を受けた後、また元通りに戻ってしまうのです。

そしてレーザー治療を受けたことによって肌がダメージを受け、施術を受ける前以上に黒ずみが深刻化してしまうという可能性もあります。

レーザー治療は、成功すれば黒ずみケアのベストな方法ですが、成功しなければまさに黒ずみをエスカレートしてしまう紙一重のような美容方法という事を念頭に置いておきましょう。

デリケートな部位だからこそセルフケアしたい!

デリケートな部位は、なるべくならば他人の手を借りずに自分でケアしたいですよね。

ほとんどの女性は、心理的にデリケート部位を堂々と見せられる人は少ないのではないでしょうか。

恥ずかしさのため産婦人科で行う定期健診でさえも行かないでいる女性が多いのですから。

ですからレーザー治療のために、同性の施術者や医療従事者にでさえ、安易に見せたり、触らせたりするのはあまり気分の良いものではないでしょう。

しかも、カウンセリングから施術、アフターケアなどのあらゆるシーンでデリケートゾーンを見せなければならないのはストレスにつながりかねませんね。

そんな時ほどやはり、誰にも気兼ねなくデリケートゾーンの黒ずみケアができる黒ずみケアクリームを使うのがベストでしょう。

安心安全、確実なのは黒ずみクリーム!

kokannnihato

このようにしてレーザー治療はデリケートゾーンの黒ずみケアにおいてデメリットが多くあります

そこでおススメしたいのが、デリケートゾーンの黒ずみをケアすることができる黒ずみクリームです。

黒ずみクリームを使うメリット

  1. 安心安全な成分で、コストパフォーマンスも良い
  2. セルフケアできるから時間もお金もかからない
  3. 継続していくことで黒ずみケアと同時に肌再生も実現、健康な肌になる
  4. デリケートゾーンを他人に見られることなくケアができる
  5. 肌刺激を最小限に抑え、肌の老化やメラニンの増加を招かない

デリケートゾーンの肌は薄く再生力も弱いため、安心して行うことができる安全なケアが必要となります。

上記のような内容をふまえると、やはりデリケートゾーンの黒ずみをケアするために選択すべき手段は、黒ずみクリームを使う事だといえるのです。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみにレーザー治療を施す人も少なくありません。

黒ずみやすい部位なだけに、早めに綺麗にしたいという思いが強いでしょう。

そんなデリケートゾーンには、わざわざ高額で肌リスクの高いレーザー治療を施すのではなく、自分でゆったりとした気持ちでケアでき、安全な効果が期待できる黒ずみケアクリームを使用するのがベストでしょう。

dz-care