nibeanokannappu

どの家庭にもありそうなクリームといえば、ニベアではないでしょうか。

潤いのある肌に仕上げるための成分が豊富で、ニベアでスキンケアをしている人もたくさんいます。

では、この古くから日本人になじみ深いニベア、黒ずみに対しては効果があるのでしょうか。

ニベアの黒ずみへの効果の有無を考えてみましょう。

ニベアが得意としているスキンケアは?

まずは、ニベアがどのようなスキンケアに効果があるのか、ニベアが得意としているスキンケアを見てみましょう。

豊富なオイル成分

ニベアには、油溶性の成分が非常に多く配合されています。そして豊富なオイル成分が得意としているのは「保湿」です。

しっとりとして滑らかなテクスチャは、肌にベールを作り、肌表面を徹底保湿することができます。

肌がカサつく時や滑らかさにかける時にニベアを使うとしっとりと潤うのは、豊富なオイル成分で強力な保湿をすることができるからです。

その他にも美容成分が豊富

ニベアには保湿成分のほかにも、スクワランやステアリン酸、オレイン酸などが配合されています。

保湿するだけでなく、肌のターンオーバーを促し、肌を健やかに保つ成分がたくさん含まれているのです。

ニベアに配合されている成分

nibeakinouenioku

では、ニベアにはどのような成分が配合されているのでしょうか。

高級美容クリームと同様の成分が配合され、それでいてコストパフォーマンスに優れているとして話題になっているニベアですが、成分から黒ずみに効果があるのかを見ていきましょう。

ニベアクリーム全配合成分

水、ワセリン、ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、グリセリン、シクロメチコン、ラノリンアルコール、マイクロクリスタリンワックス、パラフィン、スクワラン、オレイン酸デシル、ホホバ油、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、硫酸Mg、ステアリン酸Mg、クエン酸、香料、安息香酸Na

これらの成分を見ると、黒ずみに対して大きな効果を発揮する美白に関する成分は入っていないということになります。

また、黒ずみのある皮膚細胞を排出させるようなターンオーバー効果のある成分も配合されていません。

つまり、ニベアでデリケートゾーンの黒ずみを効果的に排出し、本来のキレイな肌を取り戻すことは難しいといえるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策はどうしたらいい?

では、デリケートゾーンの黒ずみはどのようなクリームで対処したらよいのでしょうか。

黒ずみには黒ずみケアクリームが最適

やはり、デリケートゾーンの黒ずみに対しては、黒ずみを解消すべく開発された黒ずみケアクリームを使うのが最も良い方法です。

黒ずみケアクリームには、美白成分や肌代謝を促しターンオーバーを正常化する成分、さらに保湿し肌の若返りを促す成分など、さまざまな角度から黒ずみにアプローチできる成分がバランスよく配合されています。

手軽に使えて効果の高い黒ずみクリームを使う事で、コンプレックスだったデリケートゾーンの黒ずみを効率よく解消することができるのです。

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいたら、ニベアのような一般的な保湿クリームだけでなく、黒ずみクリームで徹底ケアしましょう。

dz-care