Woman dipping finger into moisturizer cream on white isolated background

黒ずみに効果のあるクリームに頻繁に配合されている成分として良く見かけるのが、グリチルレチン酸2Kという成分です。

ちょっぴり難しい名称で、未知の成分ではありますが、秘めたパワーはとても画期的なものと理解できるはずです。

グリチルレチン酸2Kは黒ずみクリーム以外にもたくさんの化粧品やスキンケアアイテムに配合され、かなり良く見かける有名な成分という事をご存じでしょうか。

化粧品だけでなく育毛剤やシャンプーリンスなどにも含まれていて、頭皮の痒みや炎症を抑える目的で使用されることもあります。

実はこのグリチルレチン酸2Kは黒ずみに対して非常に有効な効果があるのです。

グリチルレチン酸2Kがもたらす肌ケア効果とは

グリチルレチン酸2Kは具体的にどのような効果を発揮しながら、黒ずみケアをしてくれるのでしょうか。

いくつかの作用詳細を見ていきながら、グリチルレチン酸2Kと黒ずみの関係を検証していきます。

グリチルレチン酸2Kの主な役割、それは抗炎症作用

グリチルレチン酸2Kには美白効果がないのにもかかわらず、どうして黒ずみクリームに非常に多く配合されているのでしょうか。

美白効果と言えば真っ先に、ハイドロキノン、アルブチン、カモミラ、プラセンタ、コウジ酸などが浮かびますよね。

それにもかかわらず、グリチルレチン酸2Kという成分が、黒ずみケアクリームに優先的に使用されているのはなぜでしょうか。

それはグリチルレチン酸2Kの持つ抗炎症作用が非常に有効で、肌に対して大きな効果を発揮するからです。

この炎症を抑える効果が黒ずみをいち早く緩和させる最大のポイントと言えるのです。

肌トラブルを予防し肌の負担を大幅に軽減

グリチルレチン酸2Kの抗炎症作用は、肌トラブルを予防する効果があり、肌の炎症やトラブルによる肌負担を大幅に減らしてくれるという作用があります。

肌の炎症が続けば続くほど、メラニンが活発に生産される事は黒ずみを発生させるメカニズムとして定着しています。

こうして、肌トラブルや炎症はメラニン生成と大きく関わっていますから、肌の負担を減らすことによって、メラニンを作りだす機会を減らすことができるようになります。

まさに、グリチルレチン酸2Kは、メラニンを生成するだいぶ前の段階から予防する事ができるという最大のメリットを持っているのです。

黒ずみのもととなるメラニンを作る機会を激減させ、黒ずみのもとを根本から予防します。

抗菌作用もあり肌を清浄に保つ

黒ずみの原因となる肌トラブルや炎症は、肌の汚れや外部刺激からも発生してしまいます。

グリチルレチン酸2Kには抗菌作用もあるので肌を清潔に保ち、雑菌やウイルスによる肌荒れやトラブルも予防することができます

目に見えないだけで、私達の身の回りには様々なウイルスが潜んでいる事でしょう。

ウイルスは時に、重大な皮膚疾患を起こして、その繰り返しが皮膚を黒ずませる原因となるのです。

現代を取り巻く環境は得体の知れないウイルスに汚染されていることも‥

また、海外に行く事で、国内では感染しないようなウイルスに感染してしまうケースもあります。

そう考えれば、こうしたグリチルレチン酸2Kの抗ウイルス効果はとても重要な成分となるでしょう。

皮膚科医も処方する成分!

グリチルレチン酸2Kは、皮膚科医からの処方も受けられる成分です。

例えば肌だけでなく、口内炎や喉の痛みや赤みを抑える抗炎症作用をもたらしてくれる投薬をメインに、処方するでしょう。

風邪薬や、抗アレルギーを目的に処方するケースもあります。

グリチルレチン酸2Kは、もともと、甘草という植物の茎や根などから採取されるものです。

昔から漢方という東洋医学で使用される機会が多かったのですね。

長い歴史を経て、現代人が悩む事の多い黒ずみケアにまで効果が期待できるベストな成分となったのでしょう。

美白成分も浸透しやすくなる

黒ずみクリームに配合されているグリチルレチン酸2Kの働きによって肌の状態が改善されると、その他に黒ずみクリームに配合されている美白成分や美容成分も浸透率や効果も大幅にアップします

まさに、グリチルレチン酸2Kは、ほかの有効成分と切磋琢磨して美肌効果を担うように、相乗効果をもたらすといえるでしょう。

黒ずみをケアするために配合されているたくさんの成分本来の効果を発揮させ、より早くきれいに黒ずみを解決していくようにする効果があります。

グリチルレチン酸2Kで肌を整えれば、美容成分の効果を十分に肌に浸透させることになるので肌本来の力も取り戻すことができ、黒ずみをきれいにすると同時にさらに黒ずみができることも予防するということにもつながっていきます。

ターンオーバーを正常化してメラニンを含む肌細胞を排出

肌の状態がグリチルレチン酸2Kで整うと、ターンオーバーが活性化され黒ずみの原因であるメラニンを含んでいる古い角質や肌細胞の排出が進みます。

メラニンのないキレイな肌細胞を作りだす働きを促進して、すみやかにメラニンを含む細胞をはがし落とすことができます。

肌は年齢とともに代謝機能が低下するだけでなく、若くても寝不足、ストレスなどでターンオーバーは乱れやすくなるでしょう。

そんな年齢層に関係なく低下する肌の生まれ変わりをグリチルレチン酸2Kは整えてくれるのです。

黒ずみクリームを使用しよう!

デリケートゾーンをはじめ、あらゆる黒ずみ悩みには黒ずみのメカニズムを把握して研究開発した黒ずみケアクリームを継続使用する事がベストですね。

はっきりと言える事は、皮膚が薄くて摩擦がおきやすい部位ほど黒ずみが生じやすくなるということです。

よって、こうした部位は黒ずみ具合に比例して肌のダメージもひどくなるのです。

黒ずみ部分がダメージで敏感になっているという関係を意識すれば…

おのずと敏感肌にも積極的に使用されるグリチルレチン酸2K配合の黒ずみケアクリームをセレクトした方が良いと言う事になりますね。

グリチルレチン酸2Kの副作用は?

グリチルレチン酸2Kにおいて気になる事は、なんと言っても、副作用でしょう。

あまり、面識ない成分を使用するときには、グリチルレチン酸2Kに限らず、不安になるものです。

実は、グリチルレチン酸2Kを摂取しすぎる事で、懸念するべき副作用は存在するのです。

そこで、アトピー性皮膚炎などに使用されるステロイドを摂取しすぎた時に出現する副反応をご存知でしょうか。

ステロイドと聞くと、やはり副作用がつよいというイメージが大きいですよね。

実は、グリチルレチン酸2Kを過剰摂取してしまう事で、ステロイドを過剰摂取した時と同等の副作用を引き起こしてしまうことがあるのです。

例えば、高ナトリウム血症、低カリウム血症などがあげられるでしょう。

ですから、グリチルレチン酸2Kを摂取するときには、一日の摂取量が40mgを超えないように制限されています。

こうしたグリチルレチン酸2Kの副作用は、経口摂取においてとりすぎたケースです。

化粧品にはもともと、摂取量を超えるような量は配合されていません。

もちろん、黒ずみケアクリームにも心配するほど配合されてはいないため、安心して使用継続できますね。

まとめ

黒ずみクリームは、非常に多くの種類が開発発売され、どの商品を選んだら良いのか迷ってしまいます。

まず黒ずみをケアするためには肌の状態を改善しなければならないということを覚えておきましょう。

そのために必要不可欠な成分として、グリチルレチン酸2Kが配合されている必要があるのです。

また、これまでの記述を見ていただければ、黒ずみクリームに含まれるグリチルレチン酸2Kの副作用については安心して使用継続できる成分だと言うことがご理解いただけたかと思います。

「黒ずみを本気でケアしたい」と考えているのであれば、ぜひグリチルレチン酸2Kをしっかり配合している黒ずみケアクリームを選ぶようにしましょう。

<<黒ずみケアクリームランキングはこちら>>