kurimuwonomobasute

スキンケアに少しでも興味のある人は「尿素」という成分を聞いたことがあるのではないでしょうか。

良く見かけるのはハンドクリームやボディケア、スキンケアの成分として配合している化粧品やクリームなどです。

この尿素という成分、肌に対する効果としてはどのような働きをするのでしょうか、また尿素は肘の黒ずみをケアすることができる成分なのでしょうか。

尿素の肌への働きかけ、効果、黒ずみ解消との関係性についてまとめました。

そもそも尿素とはどのような成分なのか

尿素という漢字のイメージから、あまりキレイなものではないという感想を抱く人もいるかもしれませんが、実は尿素はもともと私たち人間の体の中にある成分です。

体の中での役割としては、おもに保湿成分としての働きが多く、スキンケアに用いられる場合も保湿効果をメインにして配合している場合が多くなります。

さらに着目すべき点は、尿素には、古くなっていらなくなった角質を溶かす働きがあるということです。

余計な老廃物である古い角質が蓄積されていくと、その部分の肌はくすみ、黒ずむようになります。

尿素にはこの蓄積した角質を溶かす働きが認められているため、黒ずみ解消の成分として注目されているのです。

尿素の角質溶解作用で肘の黒ずみをケアできるか

tenituketakuri-mu

前述の通り、尿素には古い角質を溶かし、新しい肌細胞を作りだすことを促すという作用があります。

しかし、ここで問題となるのは、尿素の角質溶解作用が非常に弱いものであるという点です。

一般的なケミカルピーリングで黒ずみに対処するという方法でもかなりの時間がかかり刺激も多く、黒ずみ改善には程問道のりを歩まなければなりません。

尿素の角質融解作用を用いて、頑固な肘の黒ずみを解消しようとするのであれば、かなり長い時間がかかるということは確かです。

さらに尿素がゆっくりと角質融解を行うよりも早く、黒ずみの原因が作られ黒ずみができていってしまいます。

尿素で肘の黒ずみをきれいにするということは、物理的に見て無理だといえるでしょう

肘の黒ずみには黒ずみ専用の黒ずみクリームがイチバン

hijicare

では、肘の黒ずみに対してどのようなアイテムを使用するのが最も効果的なのかといえば、やはり黒ずみには黒ずみ専用の黒ずみクリームが効果が高いといえます。

黒ずみクリームには、肘の黒ずみを尿素よりも効率よくすみやかに解決するポイントがたくさんあります。

ターンオーバー促進

メラニンを含んだ黒ずみのある肌細胞を溶解する尿素よりも、黒ずみクリームに配合されている保湿力のある成分で肌環境を整備することによるターンオーバー促進化の方が、より早く黒ずみを解消することができます。

ターンオーバーが促されることによって、黒ずみのある肌細胞を効率よく排出して新しいキレイな肘の肌を作りだすことができます。

バリア機能強化

黒ずみクリームでしっかりと肌を整えることで、肌本来の持つバリア機能を回復することができます。

尿素で角質をゆっくりと溶かしていっても、バリア機能が機能していなければまた黒ずみができてしまいます。

黒ずみクリームは肌のバリア機能を充実させ、黒ずみの原因である外部刺激や紫外線から肘の肌を徹底防御していくことができます。

まとめ

このように、尿素を利用して肘の黒ずみに対処するよりも、黒ずみクリームで徹底した肌ケアをする方がずっと効率よく肘の黒ずみをきれいにする方法だといえます。

肘の黒ずみが気になる時には、尿素ではなく黒ずみクリームを利用するようにしましょう。

hiji-care