asiwokakaetehiza

膝の黒ずみが気になったとき、どのような治療方法を選択したらよいのか悩まない人はあまりいません。どのような方法が良いのかをあれこれ思い浮かべて考え、費用対効果やリスクに悩む事になります。

エステやクリニックでは費用が高額になるし時間的な拘束もある、かといって塩や重曹での民間療法はイマイチ信憑性にかけると考える人も多くみかけます。

そこで、思い切って皮膚の専門家である皮膚科に受診して黒ずみをきれいにしてもらおうと検討する人も以外に多く存在しています。

そもそも肌トラブルとなる膝の黒ずみですから、皮膚科ではもちろん黒ずみケアへの対応はしてくれます。では皮膚科で黒ずみケアをするさい、とる方法とはいったいどのような治療方法なのでしょうか。

また、その一方で自分でできるセルフケアと比べたときのメリットデメリットはどうなっているのかを知っておくことも大切です。

膝の黒ずみを解消する時に、皮膚科に行くかセルフケアを選ぶかについて見ていきましょう。

皮膚科で膝の黒ずみを治療する時の方法や薬について

hizawokakaeruryoute

まずは、膝の黒ずみを皮膚科で治療するという際に行われる治療とはいったいどのようなものなのかをご説明します。さらに使用する薬はどのような成分を配合しているものが処方されるのかを見ていきましょう。

塗り薬による治療

皮膚科で膝の黒ずみを治療する際に最も一般的な治療方法が、塗り薬による治療だといえるでしょう。

膝の黒ずみに対して効果のある成分を配合している薬を処方されるというのが圧倒的に多くなっています。

塗り薬に良く用いられる成分

皮膚科で処方される膝の黒ずみをきれいにするための薬に配合されている成分を見ていきましょう。皮膚科で処方される塗り薬のリスクも理解しておきましょう。

ハイドロキノン

最も頻繁に利用される成分がハイドロキノンという成分です。美白効果が非常に高いという特徴があります。

イチゴやコーヒーなどの天然由来のものにも含まれている天然成分で、アメリカなどでは医薬品としてかなり広く知られています。美白成分として名高いビタミンCやプラセンタの約100倍もの美白効果があります。メラニンの抑制だけでなく、メラノサイトの蓄積を強力に阻害することによって膝の黒ずみの原因である色素沈着に大きな効果を発揮します。

しかし非常に高い美白効果の反面、刺激が強く肌が弱い人や敏感肌の人は肌荒れを起こしてしまうというリスクがあります。また、肌刺激によって逆に肌がダメージを受け、黒ずみが悪化してしまうというケースもあります。濃度も徹底して守らなければならないという点もデメリットといえます。医師に処方されたら、しっかりと用法容量を守らなければなりません。

トレチノイン

トレチノインも皮膚科での黒ずみケアに頻繁に用いられる成分として有名です。トレチノインには、肌のターンオーバーを促し、新しい肌細胞の生まれ変わりを強力にサポートする役割があります。膝の黒ずみ部分に堆積しているメラニンを含んだ肌細胞をすみやかに排出し、新しいキレイな皮膚を作りだすことで黒ずみに対処することができます。

もともと私たち人間の体の中にもある成分で、ビタミンA誘導体という役割を持っています。肌の生まれ変わりを促す生理活性という働きにおいては、ビタミンAの100倍近くも効果があるとされています。古くなった角質の排除を促し、膝の部分にメラニンを含まない新しい肌細胞を作りだします。

リスクとしては、塗った部分の肌のメラニンを徹底して排出してしまうので、メラニンが抜けてしまいその部分が白斑のような状態になってしまうという難点があります。

ハイドロキノン同様に、濃度や使用量に非常に注意が必要で、自己調整をして塗る量や用法などを変えてしまうと危険が伴います。

レーザーによる治療

皮膚科で膝の黒ずみを治療する際に、レーザーという方法を使用する場合もあります。しかし、費用が高額になるだけでなく、副作用という高いリスクを背負う治療となりますので注意が必要です。

レーザー治療の副作用

皮膚科でのレーザー治療は確かに膝の黒ずみを早期に解決するためには有効な手段かもしれません。皮膚科で受けるレーザーということで、エステやクリニックで受けるレーザー照射よりも安心感を感じることができるというのも事実です。

しかし、レーザーは色素沈着している部分の細胞を破壊すると同時にその周辺組織をも一緒に破壊してしまいます。照射後もやけどのような状態になり、ある程度の期間、紫外線対策や外部刺激などに対して非常に肌が敏感になるため、日常生活に気をつけるという注意が必要になってくるのです。

また、レーザー治療をした部分の肌の生まれ変わりがうまくいかず、余計に黒ずみが酷くなってしまう、ケロイドのようになってしまうなど、非常にリスクも大きいことを知っておくようにしましょう。

皮膚科だからといって、膝の黒ずみに対してレーザー治療を安易に使う事はお勧めできません。

黒ずみケア専用のクリームでセルフケアが最も安心安全、効果も高い

kurimutohizate

上記のように、皮膚科での膝の黒ずみ治療は塗り薬によるものがほとんどです。塗り薬を処方されたら、あとは自分で自宅でしっかりとケアしていく、自分で継続して肌をケアするという治療方法になります。

つまり、効果的な成分を配合した塗り薬を利用して、自分で行うセルフケアでも皮膚科で対処してもらうのと同じように、十分に膝の黒ずみに対して対処できるということになります。

そこで、皮膚科で処方されるような塗り薬、いわゆる美白効果やターンオーバーの活性化を促すような成分を配合しているような薬と同等の効果がある、黒ずみクリームでのケアがおススメです。

メリットたくさん黒ずみクリームでのセルフケア

膝の黒ずみを自分でケアする際に利用する黒ずみクリームには、嬉しいメリットがたくさんあります。

皮膚科に行く前にまずは黒ずみクリームで徹底ケアしてみましょう。

保湿、美白、肌活性が一度に実現

膝の黒ずみの原因は多岐にわたります。乾燥やダメージ、メラニンや老化など、色々な原因に対処する必要があります。

黒ずみクリームなら、その全てに対してしっかりと対応する事ができるような成分が豊富に配合されています。

保湿力もあり、同時に美白もできる、そして肌の健康を取り戻しターンオーバーの活性化を促すことができるのが黒ずみクリームなのです。

自分でできるから続けられる、それが黒ずみの早期解決になる

わざわざ皮膚科を受診しなくてもできるという大きなメリットがあるのが黒ずみクリームを利用したケアです。

自分でできるから、面倒な受診の手間や、徹底して守らなければならないような厄介な用法などが無いからこそ、長くケアし続けることができるのです。

長く続けてケアできるということは、より肌の状態を健康にすることができ、今ある黒ずみをきれいにするだけでなく、その後も黒ずみができにくい肌環境を作ることも可能なのです。

リスクゼロ、安心してケアできる

どんなに効果があってもリスクがあったり、使用するにあたって不安が残るような対処法はストレスにつながってしまいます。

黒ずみクリームを使ってケアするということは、リスクの全くない安心安全の黒ずみケアができるということになります。

不安を抱えながら皮膚科で治療を受けるより、自分の体を大切にしたケアをすることが何より大切な事です。

まとめ

このように、膝の黒ずみについては、皮膚科を受診するよりも自分でしっかりとセルフケアをしていく方がメリットがたくさんあるといえるでしょう。

黒ずみクリームを使って、今すぐ膝の黒ずみというコンプレックス解消に向けて動き出しましょう。

自分の膝をきれいにするために、まずすべきことは自分の膝をいたわりながらケアしていくことです。黒ずみクリームを使って、自分の膝のよみがえり、再生をしっかりとバックアップしてあげましょう。

hiza-care