juuosouwosupundesuku

気になる膝の黒ずみを消す方法として、重曹を利用する方法があります。

重曹を利用して本当に膝の黒ずみがきれいになるのか、そして重曹が膝の黒ずみをきれいにするメカニズムをご紹介します。

重曹とはどのようなもの?

お掃除や料理など、幅広く使用できるマルチな重曹ですが、具体的には、どのような、効果が期待できるのでしょうか。

 重曹は大きく大別すると3種類

重曹と言っても種類があります。

では、膝の黒ずみにはどのタイプの重曹が適しているのでしょうか。

まず、薬局などで医療目的に用いられている“日本薬局の重曹”です。

厚生労働省が医薬品と認めている事が大きな特徴です。

次にあげるのが、私たちの生活に馴染み深い“食品添加物に値する重曹”です。

ケーキやクッキーなどのお菓子作りをする時に、ふっくらとさせるために使用する、いわゆる、ベーキングパウダーと呼ばれるものです。

口から体内に入っても害のないように製造されています。

こうしたことから、製造行程も厳密なため、比較的、コストは他重曹と比較しても高めです。

最後に、清掃目的など“工業用の重曹”もあります。

食べるために製造されておらず、製造行程に関しても食品添加物としての重曹と違って安価で手に入りやすいと言えるでしょう。

では、膝の黒ずみにはどの重曹がよいかと言えば、やはり肌に直接つけるわけですから、少しコスパは上がりますが、食用として販売されている“食品添加物に値する重曹”がベストでしょう。

食品添加物に値する重曹は工業用の重曹と比較すると粒子が粗く大きいため、黒ずみケアに使用する時はあまり使いすぎたり、量をたくさん使ったり、力をかけすぎたりすれば、肌荒れを引き起こすため、いずれにしても取り扱いには注意が必要です。

一方、工業用の重曹はキメが細かく摩擦を起こしにくいのですが、やはり肌に使用することを考えれば、黒ずみケアには適していないでしょう。

いずれの重曹も生活に密着していて安価で手に入りやすいのが共通点ですが、リーズナブルな点にだけとらわれすぎると本来の目的である膝の黒ずみケアから少し、それてしまう場合もあります。

重曹が黒ずみをはじめ様々な効果をもたらすことは理解できますが、膝の黒ずみにはやはり専門性の高い黒ずみケアクリームが最適でしょう。

重曹の役割

料理や掃除などにも活用することができる重曹ですが、実はスキンケアに利用することもできます。

手作りの重曹スキンケアは、肌に、そして膝の黒ずみに対してどのような効果があるのでしょうか。

スクラブ効果

重曹には、毛穴につまった老廃物や角栓などを除去するスクラブ効果があります。

角栓については、「鼻の角栓ができるわけ、鼻の角栓の正体と対処方法」でもくわしく説明しています。

膝の黒ずみの原因として、老廃物が蓄積することによるくすみや、毛穴汚れがありますが、こういった膝の黒ずみの原因を排除する効果があります。

また、古い角質を剥がす、浮かせるという働きもあるので、いらない角質による黒ずみも解消できます。

肌のターンオーバー活性化効果

さらに重曹には、肌の新陳代謝であるターンオーバーを正常化する働きもあります。

新しい肌細胞が作られることを促進し、肌の生まれ変わりを促します。

メラニンを含んでいない新しい細胞をどんどん作りだし、膝の黒ずみを薄くしていきます。

重曹の利用方法

では、重曹はどのようにして黒ずみ対策に利用するのでしょうか。

重曹を使ったスキンケアの方法をご紹介します。

粉のまま

重曹を粉のまま利用する方法です。

しかし、このままでは肌に刺激が強いので、敏感な部分や皮膚が薄い部分に使用することはできません

水やせっけんと混ぜる

重曹を水と混ぜてペースト状にしたり、石鹸と混ぜて使用する方法です。

素のままよりはスクラブ効果はマイルドになりますが、以前として高いスクラブ効果があるので使用には注意が必要です。

酢とまぜて発砲させる

重曹と酢を合わせると、炭酸美容液のように泡が出て、その泡を膝の黒ずみにのせるという方法もあります。

入浴剤として

入浴剤として使用する方法があります。

最近は炭酸系の入浴剤が販売されています。

言い方をかえれば入浴剤には重曹が成分として配合されていると言う事になります。

また、浴槽をいためずに、残り湯を洗濯にも使えるという利点もあるでしょう。

重曹を使う時の注意点

料理に配合されているくらいだから、安全で安心の重曹です。

ですが、重曹が絶対に肌荒れを起こさない。という保証はありません。

重曹の使い方を間違えると、逆に肌荒れをしたり、黒ずみを引き起こしたりと逆効果になってしまう事もあります

以下の点に気をつけながら重曹を正しく使用しましょう。

重曹を直接肌につけない

重曹の粒子がスクラブ効果を発揮しますが、重曹自体を直接つけたほうが効果を期待できると思っている人もいるでしょう。

ですが、重曹を直接つけてしまうと、摩擦の原因となります。

摩擦や刺激は、メラニンを過剰発生させ、黒ずみをより酷くしてしまう事も否定できません。

重曹を使う時は、必ず、何かに混ぜて使用するという事が基本になるでしょう。

膝の黒ずみ対策に期待して使用した重曹が、逆に黒ずみリスクを高めてしまったのでは本末転倒です。

重曹で肌荒れした事のある人は控えよう

弱アルカリ性の重曹は、多量の水やお湯にとかすと肌荒れを起こす事があります。

最近は、お掃除や料理などに幅広く使用されている重曹ですから、家庭での利用率も高まっています。

その時に、1度でも肌荒れを引き起こしてしまった人は、再び肌荒れを起こす事があるため、控えるべきでしょう。

使用頻度は2~3週間に1回

重曹でケアをする時に気をつけたいのが、使用回数やサイクルです。

毎日やるのではなく、2~3週間に1回程度で十分です。

早く膝の黒ずみを緩和しようと焦るあまり毎日実施してしまえば、確実に肌に刺激を与えてターンオーバーを乱す事になるでしょう。

肌が弱い時は、パッチテストも必須!

いくら重曹に安全性を感じているからと言っても、実際に肌が弱かったり、その時期だけアレルギーなどで肌が敏感になっていたりしたら、重曹でも肌荒れすることは大いにあります。

その時は、使用しようとしている重曹を首すじや、腕の内側などに数分つけて反応を見ましょう。

数分後に赤みや痒みが出て来なければ問題ないでしょう。

重曹の難点

hizawokurosu

重曹によるスキンケアを手作りし続けるのは大変

このように、膝の黒ずみに対しては一定の効果があるといえる重曹ですが、毎回重曹スキンケアを手作りしなければならないという難点があります。

忙しい毎日の中で、重曹スキンケアを作りつづけるというのはあまり効率的な方法ではないといえるでしょう。

それでなくとも、膝の黒ずみ悩みのある人は、膝を酷使するような忙しい生活を送っていたり、膝のケアにかける時間が十分なかったりします。

朝の忙しい時間帯や、子育てや仕事に追われる夜遅くに、手作りで重曹を作る余裕はないでしょう。

重曹で膝の黒ずみをケアするのは、手間や時間がかかりすぎ、継続していくのは難しいといえるでしょう。

重曹はメラニン沈着が原因の膝黒ずみには効果が低い!

実際に重曹を使用した膝黒ずみのケアは、角質が蓄積して黒ずむタイプには効果が期待できるでしょう。

ですが、メラノサイトが活性化してしまって黒ずむタイプには、なかなか効果が期待できないのが現状です。

なぜなら重曹には、メラノサイトの活性を抑制しメラニンを増やさないケア効果はないからです。

黒ずみには黒ずみクリームが特効薬!

そこでぜひ利用したいのが、黒ずみを解消するために専用に開発された黒ずみクリームです。

重曹が持つ美白効果に優れ、わざわざ手作りする必要も無く手軽に高い効果を得ることができます。

さらに重曹にはない保湿力も加わり、重曹よりも膝の黒ずみ解消力は高いということは確かです。

また、継続して黒ずみケアするということが大切になりますが、黒ずみクリームの手軽さなら、続けるにあたっても非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。

まとめ

重曹は確かに古くから私たちの生活に馴染みぶかく、万能ともいえる成分です。

スキンケアにも効果を表すことができますが、やはり重曹が持つ美白効果だけでは黒ずみをきれいにする効果が不足するといえるでしょう。

膝の黒ずみには、黒ずみ専用のクリームを使って徹底対処するようにしましょう。

hiza-care