体の部位の中でも特に黒ずみができやすい

気が付くといつの間にか黒ずんでしまっているといった経験がある人は以外に多いものです。

膝の黒ずみがあると、スカートやショートパンツを履く時に躊躇してしまうだけでなく、夏でもレギンスやスパッツを履かないといけなくなってしまいます。

また、薄手のストッキングでは膝の黒ずみが透けてしまい、厚手のものを着用する必要性に駆られる、パンツスタイルが多くなってしまうなど、女性としてのおしゃれを楽しむうえでも非常に問題となってしまいます。

その他にも、パートナーや友人の目が気になる、温泉やプールなどのレジャーを思い切り楽しむ事ができないなど、膝の黒ずみが原因でせっかくのチャンスや機会をふいにしてしまうこともあります。

そんな嫌な膝の黒ずみ、解決していくためにすべきことは、黒ずみになってしまう原因をしっかりと理解し、対処方法を学ぶことです。

では、どうして膝が黒ずんでしまうのか、膝の黒ずみが気になる時にはどうしたらよいのかなど、詳しく解説していきます。

まずは、人気の膝の黒ずみケアクリームランキングをご覧ください。

膝の黒ずみ対策クリームランキング

rank1aラスター
メラニンブレーキ成分が膝下のしつこい「黒ずみ」「色素沈着」を集中美白!

  • 5つの美白成分が肌の奥までしっかり浸透
  • 美白成分を独自カプセル技術でナノ化配合し、黒ずみを根元から抑える薬用美白濃密クリーム
  • 精油成分とローズクォーツかっさ(定期コース特典)でむくみにもきく
  • 顧客満足度91.8%、30日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,750 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank2aシルキークイーン
膝下の毛穴の黒ずみ・ブツブツ・ポツポツ用ミルクローション!

  • 4つの天然成分配合で炎症を抑える
  • 保湿効果に優れたセラミドⅢが角質のバリア機能をケア
  • オリーブ油がエモリエント効果でターンオーバーを正常化
  • 顧客満足度91.6%、120日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
9,960円→4,980 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank3aロコシャイン
膝・ひじの黒ずみケア専用美白セラム!

  • 潤い不足の関節部分をケアして刺激に負けないうるおい美肌をつくる
  • プラセンタ・コラーゲンなどの7大成分と9種の植物由来成分配合
  • 無添加にこだわった低刺激の薬用美白セラム
  • 顧客満足度91.7%、25日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,900円→3,480 50ml/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank4aアットベリー
容量たっぷりのケア用クリームで膝下の黒ずみと乾燥をケア!

  • 大容量で体のいろいろな部分を同時にケアできる
  • アットベリー独自のトリプルサンド方式で肌を「中から」と「外から」同時ケア
  • 桑エキスの抗菌効果でニオイケア
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
6,800円→4,800 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank5aハーバルナチュラルラビットゲルクリーム
体のあらゆる部分に使える黒ずみ対策薬用美白クリーム!

  • 大容量で体のいろいろな部分を同時にケアできる
  • アットベリー独自のトリプルサンド方式で肌を「中から」と「外から」同時ケア
  • 桑エキスの抗菌効果でニオイケア
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,000円→4,250 35g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

膝の黒ずみチェック

膝の黒ずみは生活習慣や生活環境と深い関わりがあります。

次のチェック項目の中に1つでもあてはまるものがある場合は、膝の黒ずみに注意が必要かもしれません。

  • ショートパンツや膝上丈のスカートをよくはく
  • 足の紫外線対策は特に何もしていない
  • スキニーパンツやレギンスなど膝を締め付けるものを着用する
  • 保育士である
  • ヨガやストレッチなど膝をつく運動を日常的に行っている
  • 膝の黒ずみをお風呂のナイロンタオルでゴシゴシこすっている

膝の黒ずみの原因

膝が黒ずんでしまう原因はいくつかあります。

それぞれの原因が関連している場合もあります。

黒ずみの原因を知り、黒ずみの発生を防止できるようにしましょう。

紫外線などの外部刺激による黒ずみ

まずは、肌が黒ずんでしまう大きな原因として紫外線による肌ダメージがあげられます。

これは膝においても同様で、膝の皮膚が紫外線を浴びることによって肌内部のメラニン色素が活性化され、メラニンを大量に作りだすことが要因となります。

特に膝は紫外線対策やUVケアなどを怠りがちな部分となり、思った以上に紫外線による肌ダメージが蓄積されているといえます。

普段の生活でショートパンツや膝上丈のスカートなどを着用しているのに膝の紫外線対策を怠っていると、膝の肌は長い時間ダメージを受け続けることになり次第に膝が黒ずんでしまう可能性があるのです。

関節部分を酷使することによる黒ずみ

肘や膝などの関節部分は、日常生活において普段非常に良く使う部分です。

よく使う部分はそれだけ肌が受けるダメージが多い部分となります。

特に膝は、「膝立ち」という態勢が膝の肌の部分に大きな負担をかける動作になります。

酷使される膝の部分の肌はメラニン生成の過多や角質肥厚などが起こりやすくなり、より黒ずみやすくなるのです。

保育士など、膝立ちを多くする職業などの人が膝の黒ずみに悩んでいることが多いのはこのためです。

また、職業とは関係なく日常的に膝立ちをする人や、ストレッチ、ヨガなど膝を使う動きをするスポーツをする人も、思った以上に早く膝の黒ずみが進行してしまいます。

膝の毛穴や皮脂腺の少なさからの乾燥による黒ずみ

また、膝の部分の皮膚は非常に毛穴や皮脂腺が少ない部分になっています。

毛穴や皮脂腺が少ないということは、肌が乾燥しやすいという条件が整った場所です。

肌が乾燥することによって代謝が低下し、古い角質が残りやすくなります

また、乾燥は角質肥厚の直接の原因ともなります。

潤い不足の上、新陳代謝も弱い、こういったことによって膝が黒ずんでしまうのです。

ナイロンタオルでゴシゴシ洗うなど間違ったケアによる黒ずみ

さらに、黒ずみになりやすいといわれる脇などとは異なり、膝は比較的肌が厚い部分であるため、お風呂に入った際にナイロンタオルなどでゴシゴシと洗ってしまいがちです。

その結果、膝の肌がダメージを受けメラニンを生成し、それが黒ずみへとつながっていくのです。

さらにその後、特別なケアなどをあまりされないのも膝の特徴といえます。

こういった普段のケア不足も、黒ずみを作りだしてしまう原因となっているのです。

膝の黒ずみの治し方

では、膝の黒ずみを改善解消、軽減するためにはどのような対処方法があるのでしょうか。

それぞれの対処方法のメリットやデメリット、そしてどのような対処方法が最も膝の黒ずみ解消に効果的なのかを見ていくことにしましょう。

皮膚科やエステ

黒ずみが気になったとき、皮膚科やエステでレーザー治療をしたり薬剤で対処するという選択肢を考える人も多くなっています。

では、皮膚科やエステなど医療機関や美容専門機関での膝の黒ずみ対策は効果的なのでしょうか。

レーザー治療やピーリングは費用とリスクが心配

hizanirezaer

膝の黒ずみを皮膚科やエステで改善するということは、レーザー治療を行ったり、ピーリングをするということになります。

皮膚科におけるレーザー治療とは、メラニンに対してレーザーを照射し、メラニンを含む細胞そのものを破壊して黒ずみを消すという方法です。

いっぽう、ピーリングは古い角質を取り除きターンオーバーを正常にする「角質ケア」の一種です。

「ケミカルピーリング」という薬剤を使う方法と薬剤を使わず物理的に肌の角質を除去する「レーザーピーリング」などの方法があります。

これらの方法は、まず非常に費用が高額になるという点が問題となってきます。

さらにお金を投資したからといって絶対に満足できるほどの成果を得られるという保証もありません。

そして副作用というリスクも背負わなければならないことを忘れてはいけません。

こうしたことを考えると、まずはセルフケアで対策をとってみて、皮膚科やエステでの施術は最終手段、打つ手がないほどひどい黒ずみである場合に限る方が良い選択であるといえます。

ヒルドイドやハイドロキノンなどの塗り薬

皮膚科では、黒ずみ治療のためヒルドイドハイドロキノンなどの塗り薬を処方される場合があります。

レーザー治療やピーリングと同様、これらの解消方法も副作用に気をつける必要があります。

また効果が出るまでにかかる期間に個人差があるため、人によっては長期にわたって皮膚科に通わなければならないというデメリットも考えられます。

ヒルドイド

ヒルドイドはアトピーの治療に使われる医薬品です。主成分であるヘパリン類似物質に高い保湿力と血行促進作用があるため、傷跡や黒ずみに効果が期待できます。

参考記事:膝の黒ずみ、皮膚科での治療はどういった方法?皮膚科とセルフケアはどちらがいい?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは高い美白作用により、黒ずみをケアする定番の処方薬です。副作用や使用上の注意点を理解して、医師による処方のもと適切に用いることで、黒ずみに対する効果が期待できます。

参考記事:膝の黒ずみにハイドロキノンは要注意!黒ずみクリームで解消!

民間療法

では、テレビや雑誌などのメディアで紹介されているような民間療法は、膝の黒ずみを解消することにつながるのでしょうか。

一般的に黒ずみ解消に利用される民間療法は、角質除去に効果のある塩や重曹、ヨーグルトなど食材をを利用したものが多くなっています。

角質ケア

古い角質を除去するのに効果があるとされる方法には、以下のようなものがあります。

塩には肌を引き締める効果や肌のターンオーバーを整える効果があります。塩のミネラル成分とスクラブ作用を利用することで角質をケアする方法です。

参考記事:膝の黒ずみ、塩を使ってきれいにする方法は?さらに効果的な解消方法は?

重曹

重曹と水を混ぜてペースト状にし、膝をパックしてパックやマッサージクリームとして使用する方法です。重曹の研磨力を利用して、古い角質を除去していきます。

参考記事:膝の黒ずみは重曹できれいになる?!膝の黒ずみを解消するには?

スクラブ

種子や樹脂などの細粒を加えた洗顔料で、古くなった角質層を取り除く効果があります。スクラブを用いてケアすることで、古くなった角質層を除去していきます。

ヨーグルト

ヨーグルトの上澄み液であるホエーをパックとして使用し、古い角質を除去する方法です。ホエーには、肌の新陳代謝を促進する作用やピーリング作用があるとされています。

参考記事:ヨーグルトパックでデリケートゾーンの黒ずみを解消できるって本当?

黒ずみそのものは解消できない

塩の角質除去効果、重曹の肌細胞柔軟効果、ホエーのピーリング作用などによって、確かに一時的に膝の黒ずみは解消したように感じるかもしれません。

しかし、ここで注意すべきはこれらの民間療法によって膝の黒ずみの原因を根本的に解決したというわけではないという点です。

塩で古い角質を除去し黒ずみを解消したからといって、膝の肌の新陳代謝を向上させ、古い角質が効率よく排除されるような肌環境を手に入れたわけではありません。

また、重曹の肌細胞を柔軟にする効果で溜まった角質をはがれやすくしたからといって、その後もその効果が続くというわけではないのです。

つまり、一時的な解決であって、肌の状態を改善し、黒ずみができにくい健康な膝を手に入れる事ができていないということになります。

元の原因をシャットアウトしていないので、時間の経過とともに再び膝が黒ずんでしまうというトラブルの可能性も非常に高いのです。

その他の市販品

その他、一般的な市販品の中にも黒ずみ解消に効果があるとされているものがあります。

ただこれらも上記の民間療法の場合と同様、黒ずみの根本原因の解決はできないため、一時的な対処方法であるといえます。

ニベア

青い缶が目印のクリームです。豊富な保湿成分と美容成分で、肌を柔らかく保ちダメージから守ります。

参考記事:お尻の黒ずみはニベアで本当に解消できる?その効果を検証!

オロナイン

常備薬として日本の一般家庭に広く普及している、皮膚用抗菌軟膏剤です。抗菌作用が高く、軽度の皮膚疾患や外傷に対応できます。

参考記事:膝の黒ずみはオロナインで解消できる?有効成分や効果から検証!

バイオイル

さまざまなオイルが配合されており、高い保湿効果が期待できます。参考記事:脇の黒ずみにバイオイルは効果アリ?バイオイルとは?バイオイルは安全?

黒ずみケア専用の黒ずみクリーム

では、膝の黒ずみを効果的にセルフケアできるのはどのような方法なのでしょうか。

その答えは一つ、黒ずみクリームです。

黒ずみクリームは、黒ずみのあらゆる原因に対処することができるように開発されていますし、黒ずみの原因にしっかりと対応する成分だけを配合しています

黒ずみクリームで毎日コツコツケアするのが一番

黒ずみクリームには、あらゆる角度から黒ずみをきれいにするための成分が配合されています。

黒ずみ専用に開発されたため、色々な原因の黒ずみに対処することができるだけでなく、膝の肌をしっかりとケアして、黒ずみになりにくい肌環境を整える効果にも優れています。

膝の黒ずみが気になったら、まずは黒ずみクリームでしっかりとしたセルフケアをしていくようにしましょう。

膝の黒ずみクリームの選び方

hizanikurimuwonuru

保湿力のあるものを選ぶ

膝の肌の黒ずみと、肌乾燥は非常に深い関係性があります。

黒ずみを解消するためには、保湿を徹底することが大きなカギとなります。

黒ずみクリームを選ぶ際には、高い保湿力のある成分を配合しているものを選ぶようにすると、より早く黒ずみを解決することにつながります。

保湿成分の例・・・コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど

美白力のあるものを選ぶ

黒ずみの大きな原因として、前述の通り「メラニン」というキーワードが深く関係しています。

メラニンを抑制することは、今ある黒ずみをきれいにするだけでなく、これからできる黒ずみをも予防することにつながります。

メラニンの生成を抑制し、肌を美白へと導くことができる成分を配合している黒ずみクリームを選びましょう。

美白成分の例・・・ビタミンC誘導体、ビタミンE、グリチルリチン酸など

浸透力の優れたものを選ぶ

膝の黒ずみになっている部分は、角質が厚くなり、美容成分や保湿成分が浸透しにくい状態になっています。

せっかく良質な成分を配合していても、黒ずみを解消すべく肌内部に浸透することができなければ何の意味もありません。

黒ずみクリームを選ぶときには、肌への浸透力も重視してみましょう。

浸透力のある成分の例・・・ナノ化、加水分解や低分子化などの処理がされているなど

肌に優しい低刺激、無添加処方のものを選ぶ

黒ずみを効率よく解決し、膝の肌の状態を健やかにするためには、刺激になる成分をなるべく配合していないようなものを選ぶことも大切です。

余計な肌刺激で、新しい肌の生成を阻害してしまったり、黒ずみの原因となるダメージを作りだしてしまってはいけません。

膝の黒ずみクリームを選ぶ際には、肌に優しい低刺激で、無添加処方のものを選びましょう

肌負担の原因となる避けたい成分・・・アルコール、エタノール、合成香料や着色料、界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤など

使い続けられるものを選ぶ

asinikurimuwonurutoko

膝の黒ずみをセルフケアする黒ずみクリームは、シンプルな使い方や使い心地が良いもの、安全性の確立されているもの、べたつかないなど、継続して使用することができるようなものを選びましょう。

膝の黒ずみを解決するためには、長く使って肌の状態を健やかにすることが大切です。

使い方が難しかったり、安全性に問題がある場合、続けていくことが難しくなります。

また、使用感が悪い、べとつくものなども避けた方が続けて使う上で有利です。

しっかりと続けて、元通りのキレイな膝になるまで、そしてその先も黒ずみになりにくい肌を目指すため、使い続けるという点を考慮して選びましょう

まとめ

膝の黒ずみを解決することができれば、今よりももっと女性としてイキイキとした時間を過ごすことができるようになります。

膝の黒ずみを気にせずおしゃれを楽しみ、自慢の足を出し、人目も気にならなくなります。

膝の黒ずみ一つ改善するだけで、あなたの人生の楽しみが格段に増え、チャンスや機会をゲットすることも増えてくるのです。

膝の黒ずみが気になるために、いつもパンツスタイルでいたり厚手のスパッツやレギンスで隠すという生活を、ここで終わりにし、自身のある足をゲットしましょう。

膝の黒ずみクリームを使い続ければ、誰から、そしてどこから見られても気にならない足を手に入れる事ができるのです。

黒ずみクリームでお手入れされたきれいな膝で、もっと人生をエンジョイできるよう、あきらめずに今すぐに膝の黒ずみクリームでお手入れを始めてみましょう。