昔から家庭に一つくらいは常備している皮膚疾患外傷治療薬「オロナイン」、使った経験があるという人も非常に多いのではないでしょうか。

オロナインにはさまざまな効果効能があり、広く家庭での皮膚疾患や外傷に対応してくることができました。

ここまで広く認知されるようになりたくさんの人々に愛されているオロナインは、一見どんな皮膚の悩みでも解決していくことができそうです。

では、今回のテーマである膝の黒ずみに対しても効果を発揮してきれいにすることができるのでしょうか。

オロナインの有効成分や効果効能を見ながら、検証していきましょう。

オロナインってどんな薬?

オロナインの有効成分

オロナインはそもそも皮膚用抗菌軟膏剤です。

主成分は「グルコン酸クロㇽヘキシジン液」という消毒薬の役割を持つ成分、そして止血作用のある「ラウロマクロゴール」、「硫酸アルミニウムカリウム」、さらに乳化剤である「ポリソルベート80」などです。

抗菌力は優れていますが、いちご鼻の原因である毛穴の黒ずみに対する美白効果や皮脂分泌の抑制、皮脂を分解するような成分は配合されていません

オロナインの効果効能

オロナインが治療する皮膚疾患としては、吹き出物、ニキビ、やけどやしもやけ、ひび、あかぎれなどです。

軽いやけどやたむしなどにも効果を発揮するとあります。

オロナインは用途が広がっていて、さまざまな効果効能を含んでいる塗り薬です。

どの家庭においても常備している大変便利な万能薬ですが、肌を美白したりメラニンに対してアプローチするような効果はありません

オロナインで膝の黒ずみを解消できるのか

ではここから、オロナインに膝の黒ずみの原因である色素沈着、メラニンに対して効果があるのかどうかを見ていきましょう。

美白成分は一切配合していない

オロナインには肌を美白する、メラニンや色素沈着に対してアプローチしていくといった成分が全く配合されていません

巷では黒ずみに対してオロナインパックやオロナインを活用したケア方法がささやかれているようですが、メラニンや色素沈着に対する成分が一切含まれていないので、膝の黒ずみを解消する効果はないということができるでしょう。

同様にして、角質除去やターンオーバーを促進するという効果もないため、古い角質が蓄積したリ、角質肥厚による膝の黒ずみに対しても全く効果がないといえます。

セルフケアなら黒ずみケアクリームがおすすめ

オロナインで膝の黒ずみ解消のためのセルフケアをするのであれば、黒ずみケアクリームを使ったセルフケアをした方がずっと効果的です。

黒ずみケアクリームならメラニンや色素沈着に対する効果がある成分がたっぷりと配合されている上、角質ケアやターンオーバー促進の効果がある成分も同時に配合、さまざまな角度から膝の肌をきれいによみがえらせることができます

また、肌に優しい成分でできていて低刺激、黒ずみやすいデリケートな膝肌、今までたくさんのダメージを受けて敏感になっている皮膚に対しても、優しい効果を発揮してくれ、肌本来の力を引き出すケアをしていくことができます。

まとめ

膝の黒ずみが気になったら、民間療法のオロナインではなく、黒ずみを解消するために専用に開発された黒ずみケアクリームを利用するようにしましょう。

黒ずみケアクリームならいろいろな黒ずみの原因にしっかりと対処することができる上、黒ずみになりにくい健やかな肌を同時に作りだしていくことができます。

オロナインはあくまでも皮膚疾患外傷治療薬であり、黒ずみをケアするための薬ではありません

黒ずみをケアするための黒ずみケアクリームを使用することが、本当に膝の黒ずみを解消する方法、ベストなアイテムだといえるのです。