いちご鼻に悩み、美白効果のある化粧水を利用している人も多いのではないでしょうか。

高い美白効果をうたった化粧水も非常に多く見かけるようになり、あたかも化粧水を使うだけで毛穴の黒ずみや角栓がきれいになる、いちご鼻が改善されるような広告も見かけます。

では、美白効果のある化粧水を利用することで、本当にいちご鼻が改善する方向へと向かっていくのかを考えてみましょう

いちご鼻になってしまう鼻の皮膚の状態

いちご鼻になってしまう理由にはいくつかありますが、その状態を改善することができなければいちご鼻をきれいにすることはできません。

化粧水の美容効果は、いちご鼻になるような深刻な鼻の皮膚の状態を改善することができるのかを見ていきましょう。

皮膚が硬化し毛穴詰まりが起こりやすくなっている状態

いちご鼻の皮膚は、皮膚が硬化していて柔軟性が無くなっています

毛穴を引き締めることができず、毛穴が開いてしまっている状態がまさに、いちご鼻の要因になっているのです。

化粧水の潤い力は、ある程度、角質を柔らかく透明性を出してくれるでしょう。

ですが、いちご鼻になってしまうくらいの硬い角質には、一般に市販されている化粧水のみでは改善力は不足しているとも言えるのです。

化粧水に含まれる保湿成分や角質柔軟効果で、この深刻な皮膚効果状態を改善することができるかどうかというと、結論的には無理と言えますね。

化粧水では保湿力が不足している、角質柔軟効果も弱いことからあまりいちご鼻改善に期待は持てません。

ですが化粧水は毎日、洗顔後に必ず使用する事で、それ以上角質が硬くなるのをストップしてくれます。

現状維持程度の効果は期待しても良いわけです。

乾燥が酷く余計な皮脂が大量に分泌されている

毛穴詰まりを引き起こす大量の皮脂は、肌が乾燥しているため、より多くの皮脂を分泌させて少しでも乾燥状態を予防しようとする肌の防御反応です

こうして大量分泌された皮脂が毛穴の詰りを起こりやすくし、いちご鼻へと進んでしまいます。

高い保湿力を必要とするスキンケアアイテムが必須となりますが、化粧水には皮脂分泌をコントロールできるほどの保湿力はありません。

ですが、化粧水によっては皮脂をコントロールする成分が含まれているタイプもあります。

こうした化粧水は、若年層向けに思春期に過剰分泌される皮脂の抑制やコントロールを行うものがほとんどです。

ですから、成人を過ぎた女性がこうした皮脂分泌を抑制する効果のある化粧水を使うのは良くありませんね。

なぜなら、最低限、肌に乗せておかなければならない皮脂まで奪い去り、乾燥を引き起こすからです。

自分の肌年齢に合わない化粧水を使用する事で肌が悪い方向に傾いてしまう人は、以外に多いと言えるでしょう。

毛穴の皮膚自体に色素沈着が起きている

美白効果のある化粧水を利用することで、毛穴自体のメラニンへは多少対処することができます。

毛穴の奥深くにまで浸透し、ダメージのある毛穴のメラニンにしっかりとアプローチしていくという効果は高いとは言えません。

美白化粧水で肌全体を今よりも明るくすることはできるかもしれませんが、毛穴の奥にまで潜む色素沈着を薄めるほどの美白効果がないのです。

よく、紫外線の多いシーズンになると、美白効果を前面に打ち出した化粧水という事で美白化粧水がCMに流れます。

紫外線については「放置すると悪化する紫外線による黒ずみ!ケアは黒ずみクリームで!」でも詳しく説明しています。

あたかも、美白効果が即座に出そうな印象すら受けますね。

しかし、美白化粧水は高額な商品が多いのも特徴です。

果たしてこんなに高額な美白化粧水を末永く継続できるか否か不安になるくらいにコストばかりが気になるでしょう。

ですが、実際は、こんなにコストがかかる美白化粧水でも、いちご鼻のように深い部位にできた黒ずみはこれだけでは追いつかないのです。

肌代謝が悪くて古い角質が排出できていない

 いくら美白力のある化粧水を使用したとしても、肌の生まれ変わりであるターンオーバーがスムーズにできていないと、メラニンを含む古い角質は排出されません。

特に年齢を重ねることや、ストレス、睡眠不足などのあらゆる悪条件で、肌の生まれ変わりは衰えがちになるものです。

そうした代謝の乱れを整える効果は化粧水だけではとうてい足りないと言えるでしょう。

さらにターンオーバーをスムーズにする画期的ケアが必要となりますね。

化粧水は美容成分を浸透させるための導入剤

一般的に化粧水の役目としていえるのが、「洗顔後に肌の状態をより正常化する」次に「浸透させたい化粧品の美容成分を肌に浸透させる」という、いわばスキンケアアイテムにおいての導入剤という役目があるといえます。

要するに、肌の基礎を整える地盤固めをするには化粧水の効果は期待できるでしょう。

一方、毛穴に汚れや老廃物が溜まりにくくするほど毛穴を引き締めたり、徹底した保湿をしたり、メラニンに対して効率よくアプローチするという効果は低くなります。

今まで、いちご鼻のような黒ずみ悩みを化粧水だけに依存していた方は、考え方を少し変えて、毛穴をトータルでケアできるケアに切り替えていくことが大切ですね。

化粧水だけに注目するのは危険!

実は、毛穴トラブルをはじめ、あらゆる肌悩み改善のために化粧水だけのケアに頼るのは危険です。

毛穴トラブルはとても複雑ですから、毛穴悩みに特化したケアにシフトする事が、いちご鼻改善の近道なのです。

また、いちご鼻悩みの方はどうしても鼻のベタつきや、油分を避けたいという心理が生じますよね。

そうした心理が、本当は化粧水の後に使うべき乳液を使わないという行動につながってしまうのでしょう。

ちなみに、乳液は化粧水と比較すれば油分が多いのが特徴です。

ざっくりと言ってしまえば、乳液は、化粧水で満たされた水分をしっかり封じ込める役割を担っているのです。

いちご鼻などの毛穴悩みにこそ、化粧水だけてなく、乳液をしっかりしようすることが大切ですね。

また、脂っぽさがどうしても気になると言う方は、洗顔時にしっかりと乳液の余分なベタつきを落とすことで毛穴に油分がつまるということは防げます。

安心して化粧水と乳液のコンビを基本ケアとして定着させましょう。

オールインワンケアは毛穴ケアに効果はある?

化粧水の中でも、最近よく耳にするオールインワンケアをご存じでしょうか。

化粧水、乳液、美容液、美白、下地など、一つで何役もの効果を発揮すると言われている次世代的なケアです。

女性でも忙しい日々を過ごす人が増えて、オールインワンケアのニーズが高まりつつありますね。

ですが、毛穴悩みをしっかり改善しようとした時に、このようなオールインワンケアでは、やはり無理があるでしょう。

いくら化粧水、乳液などのあらゆる効果を期待できるからといっても、いちご鼻などの特殊な毛穴悩みには、毛穴専用のケアの方が何倍もの効果をもたらすに違いないのです。

いちご鼻には毛穴ケアアイテムがおススメ

いちご鼻の改善のために必要なこと、それは肌の保湿を行い肌の自活力を取り戻す、そして毛穴を引き締める肌の力と柔軟性を手に入れる事です。

さらに毛穴の奥の皮膚にたまったメラニンを美白し、新たなメラニンの抑制も同時に行わなければなりません。

こういった総合的な鼻の肌ケアを実現できるのが、毛穴ケアアイテムの高い美容効果なのです。

毛穴ケアアイテムでいちご鼻を解決

毛穴ケアの美容効果は以下のようなものです。

  • 高い保湿効果で肌の状態を改善
  • 肌の弾力アップでハリ低下による毛穴改善
  • 乱れがちなターンオーバーを整える効果
  • 角質柔軟効果により毛穴を引き締める
  • 優れた美白効果で今あるメラニンとこれから作りだされる隠れたメラニンを美白

このように、いちご鼻の原因である毛穴の黒ずみや角栓には、毛穴ケアアイテムの美容効果が最も適しています

総合的に肌ケアをすることで、いちご鼻の原因を排除、いちご鼻になりにくい肌を作りだすことができるのです。

現在、毛穴トラブルに悩んでいる人には、早い段階で実感できているかと思います。

いちご鼻などのトラブルは、化粧水でケアしても改善にはなかなか向いてくれないということが身にしみてわかるでしょう。

まとめ

私達が普段使用している化粧水は、残念ながら毛穴周りにできてしまった、硬くて古い角質や毛穴周辺のメラニン沈着をすっかり綺麗にできるパワーはありません。

また、美白成分配合とうたわれている美白化粧品でさえも、頑固ないちご鼻のような黒ずみには敵わないのです。

毛穴ケアは、メラニン角質柔軟性などのあらゆる面から、黒ずみだけでなくいちご鼻改善においても大きな美容効果を発揮してくれるでしょう。

いちご鼻で悩んでいるのなら、化粧水に視点を向けるのではなく、ぜひ毛穴トラブル専用の毛穴ケアの美容効果をお試しください。