いちご鼻解消のためのノウハウはいろいろな場所でさまざまな方法が紹介されていて、いったいどのような方法がほんとうに有効なのかわからなくなってしまう時があります。

様々な民間療法がツイッターなどで拡散されていて、ユーザーもどれを信用して良いやらわからなくなるのも致し方のない事でしょう。

結論から言えば、「いちご鼻を何とかしたい…」そう考えているのであればまずはスキンケアの基本である洗顔から見直す必要があります

まさに、「初心に戻りましょう!」という事なのですね。

そもそも、いちご鼻の原因である角栓や毛穴の詰まりは、毛穴の中に溜まった汚れや老廃物が原因です。

角栓については「小鼻の周りの白い角栓って何?原因と効果的なセルフケアの方法は?」でもくわしく説明しています。

そういったいちご鼻の原因となるものを洗顔によってキレイにすることができれば、角栓や毛穴の詰まり、黒ずみなどになる可能性も極めて低くなるからです。

いちご鼻解消の第一歩として、洗顔という点に注目し、改めて洗顔方法や洗顔料などを見つめ直してみましょう

洗顔ってどんな意味がある!?

幼い頃から生活スタイルのひとつとして知らず知らずのうちに身についた洗顔とはどのような意味を持っているのでしょうか。

寝起きの肌をヒンヤリさせて目覚めさせたり、顔についたた埃や汚れを落としたりするだけの行為だけだと思っている人が殆どですよね。

洗う温度や、洗顔料の泡だてなど、総合的に見てみると、人それぞれに違いがあります。

いちご鼻にはどのような洗顔方法がベストなのでしょうか

洗顔時の適切な温度

正しい洗顔は基本的なスキンケアの出発点と考えます。

朝起きたら、まずは水で顔を洗ってシャキッとさせる人がほとんどですね。

そこで、この水の温度は何度くらいが適切なのかを考えた事があるでしょうか。

正解は、人肌くらいのぬるま湯です。

温度で言えば36度〜40度程度が理想ですね。

この温度が、肌の潤いを逃がさずにスキンケアの浸透力を高める理想的な温度なのです。

ですが、朝の洗顔は寝ぼけ眼を目覚めさせるために、「すごく冷たい水で洗いたい!」という人が多いのも現実です。

また、どうしてもいちご鼻悩みの人は脂っぽさが肌悩みとして加わります。

そのため、水でさっぱりさせたいという願望があるのでしょう。

逆に、「血色をよくしたいから熱いお湯で洗いたい」という人もいます。

このように洗顔の温度が、肌トラブルに直結してくるのです。

洗顔料の泡立て

洗顔料の殆どが、少し水を含ませると泡が作られるしくみです。

水加減や手の動きなどにより泡だての上手い下手も個人差があります。

泡立てがうまい人は、すごくきめ細かいフワフワの泡をあっという間に作ってしまいますね。

一方、泡立てに慣れていない人や泡立てが苦手な人は、洗顔料をそのまま塗るという感じになってしまってはいないでしょうか。

実はこの泡がいちご鼻をケアする上で、重要なポイントとなります。

泡がきめ細かいほど、毛穴の中の汚れを吸着するパワーが強くなるのです。

また、この泡が肌への摩擦を軽減させるため、いちご鼻の原因ともなるメラニン生成を抑制し、肌への刺激を防ぐのですね。

洗顔による泡立てが苦手ならば、泡立てネットを使用すれば、あっという間にきめ細かい泡ができあがりますよ。

苦手意識を持たずに、まずは泡立てから洗顔の見直しをスタートさせましょう。

十分なすすぎ

 すすぎは、十分に行う必要があります

洗顔料の洗い残りがあると、毛穴を詰まらせて酸化させやすくしてしまうからです。

これでは、洗顔により余計に黒ずみができやすくなる事になるでしょう。

最低でも、ぬるま湯で20回程度のすすぎを行い、洗い残しのある部位はさらに丁寧にすすぎます。

最後にヌルヌル感が残っていないか、手のひらで確認してみましょう。

ヌルツキが少しでも残っていたら、洗顔料が落としきれていない証拠ですからすすぎを足してください

あなたの洗顔方法をチェック!

長年当たり前のように日課としていた洗顔が間違っているかもしれません!

早速チェックしてみましょう。

少しでも思いあたる項目があれば、すぐに改善を試みたいものです。

正しい洗顔をし直せば、いちご鼻は間違いなく改善方向に向かいますよ。

  • 洗顔料を使わないで洗っている
  • 水洗顔を長いあいだしている(洗顔料を使わない水だけの洗顔)
  • 泡だては苦手
  • 熱いお湯で洗ったり、すすいだりする方が汚れが落ちている感じがする
  • 洗顔時はブラシや化学タオルを使用している
  • 日に何度も洗顔する
  • スクラブ入り洗顔がお気に入り
  • 洗顔後つっぱりを感じる
  • ダブル洗顔はしないことにしている(クレンジングのみ、あるいは、洗顔のみ)
  • 敏感肌だから洗顔料は使用しない

いちご鼻に効果的な洗顔方法

いちご鼻を解決するための洗顔としてまず押さえておくべきポイントは、毛穴詰まりを起こす古い角質や老廃物、余分な皮脂を柔らかくして落としやすくするという事です。

この際、肌に刺激になるような強い摩擦を加えたり、ダメージなるようなケアをしたりしないように心がけることが大切です。

酵素洗顔

いちご鼻の毛穴対策として、酵素洗顔料という選択肢があります。

酵素洗顔とは、酵素配合の洗顔料を利用することによって古い角質を剥がしやすくするというものです。

また角質柔軟効果によって、毛穴の中の汚れも取れやすくなる上、角栓に対しての除去効果も期待できるでしょう。

肌にあまり負担がかからないため、肌の弱い人や刺激を与えたくない人にもおススメの洗顔方法と言えるのです。

メジャーな成分として、パパイヤ酵素などの酵素洗顔が市場に出ていますね。

ピーリング洗顔

肌表面の古くなった角質や老廃物を薬剤によって溶かし、新しい肌細胞の生まれ変わりを強力にサポートするのが、ピーリング効果のある洗顔料です。

主に用いられるピーリング洗顔料の成分としては、フルーツ酸を用いたものが多く、酵素洗顔よりもはるかに高い効果があるため、頑固な黒ずみや酷い角栓があるという人に対しては効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、効果が高い分、肌刺激も強いので、肌の弱い人や敏感肌の場合には注意が必要です。

ピーリングは削るという意味ですから、洗顔後はヒリヒリするなどのリスクが伴う事があります。

洗顔後のアフターケアが求められる洗顔といえるでしょう。

スクラブ洗顔

肌のザラつきを除去したり、指圧を高めてマッサージ効果を得たりする目的で使用されることが多いのがスクラブ洗顔料です。

粒の大きさや硬さによっては、スクラブが刺激になって肌荒れを起こしやすくする事もあるでしょう。

元々、敏感肌やアレルギー体質の方はスクラブが直接の刺激になるため、控えた方が良いですね。

黒ずみ対策のできる洗顔料

洗顔料の中には、毛穴や肌の黒ずみを解消するということにターゲットを絞って開発されている洗顔料もあります。

酵素洗顔やピーリング洗顔ではあまりにも刺激が強すぎるという場合、黒ずみ対策のできる洗顔料を用いるのも良いでしょう。

このタイプの洗顔料は、かなり黒ずみや毛穴に対して効果がある上、非常に優しい成分を配合し無添加低刺激になっています。

肌の弱い人や肌の状態が良くないという場合、こういった洗顔をする方が良い場合もあります。

一般的な洗顔料

いちご鼻対策として一般的な洗顔料や石鹸を用いることは、あまり効果がありません

どうしてもという場合には、必ず良く泡立て、手を直接鼻に触れなくても洗顔できるほど豊かな泡を作りだしてから優しく洗顔するようにしましょう。

洗顔と同時におこなうべきスキンケアの注意点

洗顔によって毛穴の汚れや詰りがきれいになったら、それ以外のスキンケアのポイントにも注意することでよりいちご鼻がきれいになる近道となります。

洗顔と同時に取り入れたいスキンケアの注意点をご紹介しましょう。

保湿に重点を置いたスキンケアを心がける

いちご鼻になってしまう原因は、鼻の皮膚が乾燥して硬くなったり、開いてしまったり汚れや老廃物を排出しにくくなっている事に起因しています。

つまりいちご鼻解消のためには、鼻の皮膚の状態を乾燥から守り、肌が正常な働きをすることができるようにしてあげることが大切です。

肌の状態を良好にするためには、保湿が最も重要ですから、スキンケアにおいては保湿に重点を置いて行いましょう。

洗顔料の中に保湿成分が配合されているものもおススメです。

紫外線対策を徹底する

毛穴に色素沈着が起こるのは、詰りによる毛穴肌トラブルと紫外線です。

鼻は顔の中でも最も高い位置にあり、紫外線を浴びやすい部分でもあります。

普段からしっかりと紫外線対策をしておかなければ、毛穴の中にメラニン色素が発生し、角栓や詰まりを取り除いても黒ずんだ毛穴という状態になってしまいます。

また、紫外線の強い夏やレジャーシーンにだけ紫外線対策を行う人も少なくありません。

紫外線対策は年中、曇りの日や雨のシーズンでも容赦なく肌に降り注ぎます。

そうなれば、通年の紫外線対策は必須でしょう。

美白も大切

洗顔料に求める効果の中には、美白という効果も重要になります。

メラニン色素の沈着を薄くしたり、さらにはメラニンを生成すること自体を抑制したりすることができると良いでしょう。

ビタミンCや、カモミラ、プラセンタなどの美白成分を含むケアでしっかりとメラニンケアをする事が大切ですね。

洗顔後のスキンケアにおいても保湿と並んで美白という効果をしっかりと肌に持たせることが重要です

洗顔や洗顔後のケアに毛穴ケアアイテムを活用する

「保湿による鼻の肌の改善」「収れん作用による毛穴のひきしめ」「美白効果による色素沈着改善」に対してなど、いちご鼻対策として総合的かつ大きな効果を発揮するのが毛穴ケアアイテムになります。

いちご鼻に悩んでいる人は、同時にあらゆる毛穴悩みを総合的に持ち合わせている事でしょう。

ですから、黒いプツプツのいちご鼻だけでなく、毛穴ケアアイテムを使用することでいくつもの美容効果を一度に得ることができるのです。

同時にたくさんの黒ずみ対策、毛穴対策、いちご鼻改善に向けての効果を発揮させることができます。

洗顔をしっかりと行うことでさらに効果をアップさせることができますので、徹底したいいちご鼻対策の洗顔の後には、ぜひ毛穴ケアを活用するようにしましょう。

まとめ

顔のセンターに位置し、人の顔の中でも最も目立つパーツである鼻に、目だって汚い毛穴が存在しているということはかなりのコンプレックスになります。

いちご鼻を改善するためにも、いちご鼻にならないためにも、徹底した洗顔、その後の肌ケアをしっかりと行い、自分の顔に自信が持てるようにスキンケアについての正しい知識を得て、継続して努力してみましょう。