刺激の少ない保湿成分として広く知られているワセリン、さまざまな美容商品やコスメにも配合されている成分で、確かに肌の保湿を行う効果はあります。

ワセリンとはいったいどのような成分なのか、いちご鼻対策として適しているのかを見てみましょう。

ワセリンとは?

ワセリンの原材料は石油です。

つまりワセリンは石油製剤ということになりますね。

原油からガソリンや灯油などを生成していくと重油が残りますが、最後に残ったこの重油からペトロラタムゼリーという粘度の高い成分を精製して作られるのがワセリンになります。

ワセリンが石油から抽出されると聞くと、なんだか肌に悪いようなイメージすらいだいてしまいますが、そのような事は全くありません。

不純物を取り除く過程においてワセリンの精製度が異なりますが、肌刺激がほとんどなく人体への影響を極力取り除いた成分になっているため、安心して使える保湿成分といえるでしょう。

ワセリンは人体への吸収は無く、たとえ口から体内に入ったとしても吸収されずに排出されるので赤ちゃんでも使える保湿剤としての人気もある成分となっているのです。

ワセリンの種類

ワセリンには純度の違いなどからいくつかの種類に分けられます。

  • ベンゼンなどの不純物が多少含まれている白色ワセリン
  • 不純物を全て取り除いたサンホワイト
  • 医師が処方する事の多いプロペト
  • ドラックストアなどで購入しやすい、保存性の高いヴァセリン

これらを、肌症状に合わせてセレクトする事になりますが、いちご鼻の民間療法として使用しやすいのはドラックストアで販売されているヴァセリンでしょう。

ワセリンのスキンケア効果は?

ワセリンのもたらす肌への効果として特筆すべきは、やはり高い保湿力ということになります。

ワセリンは前述の通り人体に吸収されることがないため、肌にぬったとしても肌表面に留まることになるのです。

つまり、肌表面にベールをつくり、肌自身が出す水分を油分で肌を潤していく、肌内部の潤い成分を逃さないようにするという効果になりますね。

まさに、サランラップが熱を逃がさないようにするのと同じで、ワセリンは肌を覆って体や顔の水分の蒸発を抑えてくれる役割を担う事になります。

言い換えればワセリン自体が肌奥に浸透していくタイプではないため、肌自身の潤い力が必要という事になるでしょう。

ワセリンの用途としては以下のような症状に処方されたり、市販販売されたりと幅広く用いられています。

  • 肌荒れ
  • 唇の荒れ
  • 手荒れ
  • 乳児のオムツかぶれ
  • 枝毛や切れ毛のトリートメント
  • 毛穴のパック
  • クレンジングとして

特に、肘、膝、唇などの皮脂分泌のない部位に使用するケースが多いのですが、中には傷んだ髪のトリートメントとして使用したり、メイク落としとして使用したりとその用途は幅広いものです。

こうした事から、誰しも脳裏に「ワセリン=万能」というイメージがついてしまうのでしょう。

一般ユーザーの中には「いちご鼻のような黒ずみをはじめとした毛穴トラブルにまで効果があるのでは?」と、ワセリンを民間療法的に、さらには毛穴ケアのように、使い始める人が出てきたのです。

これで効果を実感したユーザー達が、ツイッターやブログなどに投稿し拡散されているというのが現状です。

人間は「悩みのある部位には、あらゆる事を試して改善に挑みたい!」という願望があります。

それが、身近でコスパの良いワセリンとあれば、早速試したくなるものです。

ワセリンの副作用は?

なんでも、初めて使用する成分は、肌に合うかどうかが心配なものですね。

ですが、ワセリンは皮膚科でも処方されるくらい、安全性の高いものです。

赤ちゃんの乳児性湿疹にさえも処方される事があるのですから。

ただ、以下のような点には気をつけたいものです。

封を開けたら早めに使い切る

上記でも記載しましたが、ワセリンの元の原料は石油です。

いくら製造の時に、石油の成分を殆ど除去しているからといっても、ワセリンを1度使用すれば、酸化現象が生じはじめます。

明らかにワセリンの色が変わってしまっていたり、異様な臭いが出てきたりしたら使用は避けたいものです。

そうした酸化で変色してしまったワセリンを皮膚にのせれば、毛穴自体も酸化して黒ずみが発生、あげくいちご鼻をひどくさせてしまうのです。

肌が弱い人は気をつける

 いくらワセリンが安全だからと言っても、中にはワセリンにで激を受けるくらいに敏感肌の人もいます。

今までどのような保湿剤をつけても肌に痒みを帯びたり肌がヒリヒリしたりする事があった人は、残念ながらワセリンの使用も控えた方が良いでしょう。

ワセリンをたっぷりつけた状態で日光に当たらない

忘れてはならないのが、ワセリン自体はオイル成分です。

ちまたで販売されているようなオイルクレンジングのようなベタっとした質感こそありませんが、ワセリンは間違いなくオイル系に属します。

そのような事を踏まえると、ワセリンをたっぷりつけた状態で日光に当たり続けると酸化が進行したり、メラニン生成が活発になったりして、黒ずみがエスカレートするでしょう。

これではいちご鼻を余計にひどくしてしまう事になりますね。

そういった事がないように、ワセリンをつけた後は、長時間直射日光を浴びる事は控えなければなりません

ワセリンをつけたらクレンジングはしっかりと

ワセリンはオイル系ですから、水で洗い流しただけでは弾きやすく、なかなか落とす事ができません。

ワセリンが落とせないまま毛穴に付着してしまうと、古い角質として蓄積され黒ずみがひどくなるケースもあります。

たとえ、メイクをしていなくとも、ワセリンを皮膚につけた日は、必ずクレンジング化粧品を使用して毛穴に残らないようにしましょう

いちご鼻対策としての効果は?

これまで見てきたワセリンの特徴や効果をふまえてみても、いちご鼻対策としての役割はあまり効果がないといえるのがお分かりいただけたかと思います。

いちご鼻をきれいにするためには、肌本来の元気を取り戻し、ハリや柔軟性によって毛穴を引き締める、毛穴肌内部にあるメラニンを美白するという効果が必要になるのです。

これらのスキンケア効果はワセリンには全く無いので、いちご鼻対策としてワセリンを用いたとしてもいちご鼻は改善されないという事になりますね。

ワセリンよりも毛穴ケアアイテムがおススメなワケ

ワセリンよりも優秀なスキンケア効果をもち、いちご鼻対策としておススメできるのが毛穴ケアアイテムです。

毛穴ケアアイテムならば、さまざまな角度から鼻の肌や毛穴へとアプローチ、たくさんの美容効果で、見た目の悪いいちご鼻までを総合的に解決していきます。

  • 保湿は肌表面だけでなく肌内部まで行い、内側からも外側からも保湿、これによって肌本来の力がよみがえり、ハリや弾力性がアップ、毛穴を引き締め、いちご鼻を目立たなくする、毛穴に汚れや皮脂が詰まりにくくなる
  • 肌のターンオーバーを正常化し古い角質や老廃物をすみやかに排出、メラニンを含む古い肌細胞も剥がれ落ち、キレイな新しい肌細胞の形成を促す
  • 毛穴自体の色素沈着も高い美白効果できれいに、さらに毛穴が目立たなくなりいちご鼻も早期に改善する。
  • まだ肌内部に潜んでいるものの、これから表面化するメラニンも予防いちご鼻を作る原因を根本から排除する

ここまでを見ると、毛穴ケアアイテムなら毛穴をしっかりとケアして、いちご鼻にしてしまう過程を確実に阻止してくれる効果が得られるという事がわかりますよね。

まさに“餅は餅屋”と言う言葉があるように、いちご鼻などの毛穴トラブルにはそれ専用の毛穴ケアを使用した方が、絶大な効果か期待できるのです。

まとめ

このように、毛穴ケアアイテムにはワセリンにないスキンケア効果がいくつもあり、いちご鼻解決に向けてスムーズにスキンケアの効果を実感していくことができます

いちご鼻は1つだけでなく、いくつもの要因が重複して発症してしまうものです。

ですから、いちご鼻という毛穴トラブルは、単純に考えてもワセリンだけの力では解決できない肌トラブルと言えるでしょう。

そうした背景からいちご鼻を解決する時は、ワセリンに頼らずいちご鼻のあらゆる原因に対応できる毛穴ケアの方が適切なケアと言えますね。