悩みのタネとなる肌トラブルの中でも、何となく口の周りが黒ずんでいる、口周りの肌がくすんでいると悩んでいる人は非常に多く存在しています。

顔のパーツの中でも最も肌を酷使し、使用頻度が高いのが口周りになりますから、黒ずみになってしまう要因や引き金もあふれかえっているからです。

黒ずみやすい口周りをきれい保つ方法、口周りにできてしまった黒ずみを解消する方法を考えてみましょう。

口周りに黒ずみがあると…

口周りに黒ずみが生じれば、どのような支障があるのでしょうか。

また、黒ずみが周囲に与える影響はどのようなものなのでしょうか。

  • 黒ずみが髭のように見えて男性的なイメージを与える
  • ファンデーションやメイクが映えない
  • 不潔っぽく見られてしまう
  • 老けた印象を与えてしまう
  • ザラザラとした黒ずみにうまく化粧品がのらない
  • 表情が暗く見えて、陰気なイメージ

口周りの黒ずみの原因はメラニン

口周りが黒ずんだりくすんだりしてしまう原因は、ずばりメラニンによる色素沈着という現象です。

口周りにメラニンによる色素沈着が起こりやすい原因を見れば、どうして黒ずむのかを理解することができます。

乾燥しがちな部位である

口周りは非常に乾燥しやすい部分だといえます。

皮脂の分泌が少ないために潤いが不足しがち、肌のバリア機能も弱いといえるでしょう。

潤ったとしても食事や会話など、口は常に動かしているという状況が多いため、潤いを逃がしてしまったり消耗してしまったりして、再び乾燥状態になってしまうことが多いのです。

特に、冷房、暖房の空調のきいた場所では、口周りはパキパキになるくらいに乾燥する事もあるでしょう。

こうした時にすぐに水分を補えるように、霧吹き状のミニボトルに化粧水などを入れて、マメに水分を補えると良いですね。

紫外線を浴びやすい

 顔全体の紫外線対策をしても、唇や口周りを特に入念に対策するという人は少ないのではないでしょうか。

口周りは紫外線対策をし忘れることが多い部分なのです。

また、紫外線対策を入念にしたとしても、上記のように口を使う食事や会話などの日常的な行為によって紫外線対策が排除されてしまったり、日焼け止めやファンデーションが落ちてしまったりと、知らず知らずのうちに紫外線をたっぷりと浴びてしまっているというケースも多いといえます。

紫外線カットのある化粧品を塗り直す時には、口周りを忘れずに念入りに重ね塗りする事が大事です。

また、UV効果のあるリップクリームを口周りにもつけてあげる事で、保湿や紫外線対策どちらの対策にもなるでしょう。

摩擦を受けやすい

口周りの黒ずみを生みだす要因として、摩擦という原因も非常に大きく関係しています。

口の上の産毛を剃ったり、口紅を拭き取ったり、マスクによる摩擦などもあります。

口周りの産毛に悩む女性は多く、剃刀や毛抜きでセルフケアしている人が殆どです。

こうした刺激は、口周りのムダ毛を濃くしやすく、髭のある男性的なイメージを作りあげてしまうでしょう。

口周りの除毛を繰り返すことは産毛をますます濃くさせてしまうため、あまりにも口周りのムダ毛が濃くなってきたら、脱毛サロンや医療脱毛などで口周りの除毛に関連したコースを選ぶと良いでしょう。

また、日頃のスキンケアにおいての摩擦では肌に負担をかけやすくなるため、力をかけずに優しくクレンジングできるタイプの商品を選びたいものです。

さらにこうしたクレンジング、洗顔料を選ぶ時は、刺激の少ない成分が配合されていて、肌が弱い人でも安心して使用できるタイプのものを選べると良いでしょう。

ファンデーションをつけるときは、スポンジを軽くすべらせるようにするなど、摩擦を起こしやすいシーンに気を使いましょう。

口周りの肌には、こうしたスキンケアの時だけでなく、日常的に非常にたくさんの摩擦が与えられる機会が多く、気が付かないうちに大きなダメージを受けているのです。

吹き出物のできやすい部位

口周りは、ホルモンのバランスが崩れたり、胃腸が悪い時などに吹き出物が出やすい場所です。

同じところに何度も繰り返しできる傾向もあるため、口周りに吹き出物ができたらきちんとしたケアをしなければ、跡となって黒く沈着するでしょう。

吹き出物を作らないためにも、日頃から質の良い睡眠を心がけたり、外食や脂っこい食事を避けたりする事が大切です。

また吹き出物の原因やメカニズムも、年齢によって違いがあります。

皮脂分泌の過剰な思春期では過剰皮脂が毛穴に蓄積して雑菌などが繁殖し、角栓から吹き出物をつくりやすくしてしまいます。

一方、中年期世代になるとホルモンバランスが乱れることによって吹き出物ができやすくなるでしょう。

青年期では過剰皮脂を抑制するようなお手入れを、大人になってからできるニキビには私生活を整えるとともにバリア機能を低下させない保水効果の高いケアを心がけましょう

とにかくよく動かすパーツ

口元は、1日を通してよく動かすパーツです。

特に口周りには表情筋と呼ばれるようなよく動かす筋肉が集中しています

よく笑ったり、怒ったりと表情がクルクル変わる方は特に口周りの筋肉がよく動き、それに伴いメラニンが活性化されるでしょう。

また、表情筋が豊かに動く人はシワやたるみができやすく、ほうれい線やゴルゴ線などと呼ばれるような深いタイプのシワ悩みができやすくなります。

こうしたたるみやシワが影になって口周りを黒ずませてしまう事も十分に考えられるでしょう。

口周りの表情筋を鍛えてしわやたるみを防ぐためにも、表情筋体操などを取り入れたり、ほうれい線に集中的に保湿パックしたりするなどのピンポイントケアも良いですね。

刺激のある調味料にも注意!

口周りは、非常に敏感な部位です。

特に、醤油やコショウ、辛子、キムチなどの刺激のある調味料や食べ物が口周りにつく事で、肌荒れしやすくなります。

元々アトピー体質の方や、アレルギー体質の人は特にこうした刺激物を飲用する時には注意しましょう。

その他にも気をつけておきたいこと

日常生活の中には、メラニンによる色素沈着の他にも黒ずみをつくりだす意外な原因が隠されています。

ここではそれらの原因がなぜ黒ずみにつながってしまうのかを見ていきましょう。

髪型

実は、口周りは意外なものからも刺激を受けています。

それは、口元から遠く離れた髪の毛です。

最近は、人気女優の好感度の高いフェイスラインにかかるようなヘアスタイルに憧れる女性も多いです。

それに整髪料などが加われば、余計に口周りに刺激を与えることになるでしょう。

こうしたヘアスタイルを変えた途端にできてしまうような黒ずみには、思い切って口周りに髪がかからないような髪型にしたり、アップスタイルにしたりする事が望ましいでしょう。

口周り専用パック

 通販などでは、鼻の角栓を剥がし取るようなパック同様、口周り専用パックも販売されています。

これらは刺激になってメラニンを活性化してしまうこともあり、毛穴を開きやすくさせてしまいます

刺激の強い剥がすタイプのパックを口周りに貼るお手入れはやめましょう。

毛穴ケア商品を使って口周りの黒ずみを解消!

前述のように、口周りの肌には非常にたくさんの黒ずみの原因があります

ここからは、こうしたたくさんの原因によってできる口周りの黒ずみを解消する方法として毛穴ケア商品の活用が有効だということをご紹介していきます。

今ある黒ずみを解消するだけでなく、これからできる口周りの黒ずみのもとであるメラニン色素を排除し、パッと明るい口元を目指しましょう。

口周りの乾燥を防ぎ潤いを保つ

口周りにメラニン色素が生まれてしまう原因、それは乾燥によって肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を直接受けてしまうことです。

口周りの乾燥した肌は、外部刺激から肌を守るためにメラニンを大量に分泌し、少しでも高い防御機能を獲得しようとする自然な反応なのです。

毛穴ケア商品によって乾燥を予防し、口周りの肌の潤いが保たれると、肌本来が持つ防御機能、バリア機能が正常に働くようになり、過剰にメラニンを排出する必要が無くなります

そしてメラニン生成を抑え、口周りにこれ以上黒ずみを作りださないようにすることができるのです。

さらに、肌の潤いが保たれるようになると、ターンオーバーが正常化、メラニンを含んでいる古い肌細胞がどんどん新しくきれいな肌細胞へと生まれ変わるサイクルが高まります。

これにより、メラニンの排出もスムーズになり、より早くきれいに口周りの黒ずみを解消することができるのです。

高い美白効果でメラニンに直接アプローチ

 当サイトで紹介している毛穴ケア商品には、高い美白効果のある美容成分も配合されています。

メラニン排出だけでなく、今あるメラニンを美白する、これから作りだされるメラニン色素を抑制するという効果もあるため、口周りの肌がくすんでいるといった印象をぬぐうこともできます。

美白効果が肌自体の明るさをアップさせ、くすみがちな口周りの肌を透明感あふれる肌へと導いてくれるのです。

毛穴ケア商品によるケアをおこなって口元の肌が明るくなる事で、顔全体の明るさや表情も非常に良くなる効果があるので、口周りの黒ずみやくすみはぜひ毛穴ケア商品による継続的なケアを進めていくことをおススメします。

肌の健康を取り戻す

加齢とともに衰えてくる肌、特に口周りの肌は刺激を受けやすい分、年齢が出やすい部分にもなります。

細かいしわやほうれい線、たるみなどがあることでその部分がくすんで見えたり、黒ずんで見えてしまったりという場合もあります。

毛穴ケア商品は、乾燥やメラニンによる黒ずみやくすみだけでなく、こういった加齢による肌の衰えの黒ずみをも解消する効果があります。

毛穴ケア商品に豊富に含まれる美容成分でさまざまな角度から肌をケアすることによって、肌の健康が回復、代謝力、回復力、再生力などが向上し、肌のハリや弾力といった若々しい肌を作りだす要素もアップします

柔軟性や弾力にとんだハリのある肌は、しわやほうれい線、たるみなどを解消して黒ずんで見えるくすんだ印象の肌を明るくしてくれる効果があるのです。

まとめ

このように、刺激や摩擦を受けやすい口周りにできやすい黒ずみ、くすみは毛穴ケア商品で効率よく解消していくことができます

相手の目線は常に話をする口元や、食べる口元にあります。こうしたハードな口の動きによって生じるメラニン生成による黒ずみは、黒ずみ症状に特化した専用ケアを行う事がベストです。

いつまでも明るく若々しい印象の表情を保つためには、毛穴ケア商品を利用した継続的かつ徹底的な口元の肌ケアが有効です。

ハリやつやのある明るい表情、いつまでも変わらない若々しさを維持するためにも、当サイトで紹介しているような毛穴ケア商品による口元の肌ケアに力を入れていきましょう。