asinihoutaiwomakujoi

くるぶしの黒ずみ皮膚科で治療をすることも可能です。

では、皮膚科でくるぶしの黒ずみを治療する場合、どのような治療方法をとるのでしょうか。

ここでは、くるぶしの黒ずみを皮膚科で治療する場合の方法、更にくるぶしの黒ずみに対して皮膚科よりもより効率的なセルフケア方法をご紹介いたします。

皮膚科での治療

皮膚科ではレーザー治療のほかに、塗り薬による治療を受けることが多くなります。

レーザー治療について

黒ずみを治療する際に、メラニンに対してレーザーを照射し、メラニンを含む細胞そのものを破壊して黒ずみを消す治療となります。

しかし、メラニンを含む細胞を破壊すると同時に周辺の組織も一緒にダメージを受けてしまうため、かなり肌負担が大きい治療方法といえます。

黒ずみが一度できれいになる場合は少なく、ある程度の回数を重ねる必要も出てくるでしょう。

そうなると費用の面での負担も大きくなる事は言うまでもありません。

また、副作用として、肌がやけどを負った状態になるため、その後の経過次第では黒ずみが悪化してしまったり、ケロイドになるというケースもありリスクを伴う治療法となります。

塗り薬による治療について

皮膚科で処方される黒ずみに対する塗り薬としては、ハイドロキノンやトレイチンを配合したクリームが一般的です。

ハイドロキノンについては「膝の黒ずみにハイドロキノンは要注意!膝の黒ずみが気になったら黒ずみクリーム

」でもくわしく説明しています。

黒ずみをきれいにするという効果も高い反面、やはり副作用があるという事も言える成分になります。

ハイドロキノンの場合、肌への刺激が非常に強く、徹底した濃度制限がある成分です。刺激が強いため、黒ずみをきれいにする前に肌荒れを起こしてしまうケースも少なくありません。

トレイチンは、メラニン排出効果は非常に高いものの、塗った部分のメラニンが消失してしまうため、肌が白斑のような状態になる事もあります。

このように、塗り薬においてもある程度の副作用やリスクを背負う治療があるという事も知っておく必要があるでしょう。

セルフケアで対処する方法

kurubusiwofokasu

上記のように、皮膚科での黒ずみケアには心配や不安が付きまといます。

そのような心配や負担が一切無いのが、黒ずみクリームによるセルフケアになります。

副作用やリスクはゼロ

黒ずみクリームは非常に優しい低刺激で無添加の処方のものがほとんどです。

肌に対する負担を極限まで減らし、肌を優しく守りながら、肌自身の力を呼び覚ますことでくるぶしの黒ずみに対処していきます

自分の大切な肌ですから、副作用やリスクの無い黒ずみケアをした方が、ずっと肌に良い事だといえるでしょう。

経済的負担、時間の制限もなし

黒ずみクリームでくるぶしの黒ずみをセルフケアすれば、皮膚科に行くよりも経済的負担を軽くすることができます。

さらに病院に通うための時間や都合を生活の中からねん出する必要も無くなり、生活スタイルを崩すことなくしっかりと黒ずみに向き合うことができます。

肌を整えながらケアしていくことで、その後の肌の状態も良好

皮膚科で負担をかけた黒ずみケアをするよりも、黒ずみクリームを使用した方が、ケア後の肌の状態、さらに10年後20年後の肌をも守ることにつながります

自分の肌を健康にしながらするケアですから、その後の将来の肌をも守るケアだということになります。

まとめ

このように、くるぶしの黒ずみは皮膚科に行くよりも黒ずみクリームを賢く利用してセルフケアした方が、ずっと安心安全で、経済的、そして効率的で効果的です。

くるぶしの黒ずみに悩んだら、安易に皮膚科に行く前に、黒ずみクリームでセルフケアをしてみましょう。

kurubusi-care