asinosukinnkea

くるぶしの皮膚は代謝力が弱いうえに、常に靴や靴下などの摩擦を受けやすい場所なので、効率よく角質を除去していかなければ、黒ずみや色素沈着が起こりやすい場所といえます。

そこで、キレイなくるぶしを保つために、黒ずみクリームを使って日々いらない角質を除去していきましょう。

くるぶしの角質ケア方法

くるぶしの肌における悩みといえば、やっぱり角質が固く分厚くなってしまうこと、そしてそれに伴う黒ずみや色素沈着です。

これらを効率よく解決していくためには、黒ずみクリームを使った角質ケアが大切になります。

まずは保湿

黒ずみクリームには保湿成分が豊富に配合されていて、角質を柔軟にする働きがあります

固くなりがちなくるぶしの肌を柔らかくして、角質が効率よく除去される環境を作りだしましょう。

さらに角質が柔軟になることによって、他の美容成分の浸透性もアップ、よりキレイなくるぶしに近づけることができます。

代謝アップでいらない角質を排除

潤いに満ち柔らかくなった肌は、本来持っている新陳代謝の機能を活性化させることができます。

これにより、さらに余計な角質を除去する働きがアップして、メラニンを含まない新しくてきれいな細胞がどんどん作りだされるようになります。

色素沈着しメラニンを含んだ肌細胞を排除することで、黒ずみを軽減することにつながると同時に、ダメージに強いバリア機能が充実した肌環境が実現します

美白効果で透明感アップ、キレイなくるぶしへ

黒ずみクリームには、高い美白効果のある成分も豊富に含まれています。

今まで重ねてきたダメージや負担によって、くるぶしの肌細胞はメラニンを作りだしやすい状態になっていますから、黒ずみクリームの美白効果で肌内部のメラニンにもアプローチしていきましょう。

黒ずみクリームの効果によって古い角質や余計な角質が除去され、柔らかくなっているくるぶしの肌は、美白成分をしっかりと吸収し、奥深くに潜んでいるメラニン色素にまでしっかりと効果を発揮することができます

ピーリングよりも黒ずみクリームがおススメ

kurubusikaraasinikakete

くるぶしの角質を除去する手段として、ピーリングを用いる方法がありますが、ピーリングは副作用やリスクが心配です。

ピーリングは角質だけでなく肌表面のバリア機能や潤いまで奪う

ピーリングは刺激が強いので、肌の弱い人や肌の調子が悪い状態に用いることは危険です。

さらに、ピーリング後の肌は、肌表面が露出した状態となるため、バリア機能が一切無く、まさに刺激や摩擦に最も弱いという状態になってしまいます。

確かに古い角質や老廃物は除去できますが、肌の良い働きや必要な成分まで奪ってしまうので注意が必要です。

まとめ

肌の本来の機能を回復させ、肌自身の力で余分な角質や古い角質を排除することができるくるぶしこそ、本当にキレイなくるぶしといえるでしょう。

そのためには、やはり黒ずみクリームで日々優しくケアし、肌の力を保つということが大切です。

くるぶしのキレイさを演出するために、そして黒ずみや色素沈着に悩まないためにも、黒ずみクリームでセルフケアを欠かさないようにしましょう。

kurubusi-care