肌の色を決める要素となるメラニン色素

人によってメラニンの量に違いがあり、人種や遺伝など様々な要素が関係します。

また、外部刺激の受け方によっても、メラニンの増え方は違ってくるでしょう。

メラニン色素は、肌内部に蓄積してやがて黒ずみを作りだす根本原因になります。

それを誘発する要因には、紫外線や摩擦などの外部刺激などがあげられるでしょう。

黒ずみを解消してキレイな肌を手に入れようとするのであれば、メラニン色素を薄くしたり美白したりすることができるスキンケアが必要になります。

また、メラニンを増殖、蓄積させない普段からの生活も見つめ直す必要があるのです。

体内のどこにでも存在するメラニン色素

メラニン色素は、人間の体のどこにでも存在します。

顔、手足はもちろんですが、特にデリケート部分とよばれるような陰部や脇の下などは特にメラニン生成がおきやすい部分です。

ですが、顔や手足用のメラニンケア商品は店頭で気軽に購入できますが、デリケート部位専用のメラニンケアは少なく、あっても場所が場所だけに恥ずかしさのあまり購入できないという人も少なくないでしょう。

メラニン色素を薄くするためにすべき事

メラニン色素を薄くするためにすべき事として、普段の食生活の見直しや、睡眠の質を向上させることがあげられます。

メラニン色素を抑える食べ物

メラニン色素を抑え、増やさない食べ物があります。

それは、トマトに含まれる赤い色素のリコピンや、キュウイ、アセロラ、レモンやピーマンに含まれているビタミンCがあげられるでしょう。

ですが、ビタミンCは熱に溶けやすいため、加熱調理で失われやすいです。

ですから、ビタミンC誘導体という摂取しやすくしたサプリなどの利用も良いですね。

また、肌の代謝を助けるために豚肉などのビタミンB類や牡蠣に含まれる亜鉛をしっかり取り入れてバランス良い食事をする事が大切です。

睡眠の質向上を!

メラニン沈着を起こさないためにも、古いメラニンを皮膚に蓄積させないようにしましょう。

メラニン沈着は紫外線や摩擦などによる刺激で増えますが、通常ならば肌の生まれ変わりであるターンオーバーの働きで排出され、元の肌色に戻ります。

ターンオーバーは良質な睡眠時に盛んに行われるため、寝不足や質の低下した睡眠では、ターンオーバーが乱れ、メラニンを含む古い角質が日々蓄積されます。

ですから、なるべく早めに睡眠が取れるようにリラックスできる音楽や、心地よい香りで眠りにつけるようにしましょう。

さらには、睡眠を妨げるようなカフェインなどの刺激物をとらないように心がけましょう。

紫外線対策は完璧に!

メラニン色素を濃くしてしまうのは、ほとんどが紫外線です。

紫外線については「放置すると悪化する紫外線による黒ずみ!ケアは黒ずみクリームで!」でもくわしく説明しています。

紫外線を防御できない事でメラノサイトが活性化されてメラニンが過剰に作り出されてしまうのです。

黒ずみがひどくなってからケアするのは時間やコストがかかります。

ですが、紫外線対策を完璧にしていれば、メラニンが異常に発生し、沈着する事はないでしょう。

また、日焼け止めは夏場だけでなく、一年中使用する事が望ましいです。

日常の紫外線ならばSPF30程度の数値があれば対策できるでしょう。

海や山などのレジャーには、SPF50以上の数値は欲しいものです。

ピーリングは程々に

メラニン沈着を進行させない目的のひとつとして、ピーリング(肌の表面を削る)を行う人もいます。

最近はドラックストアなどでも手頃な価格で購入できます。

ですが、ピーリングはフルーツ酸などの刺激ある成分で働きかけるため、ピリピリと肌に違和感を与えてしまう事もあるでしょう。

近年、花粉や化学物質などの飛散により、肌が敏感になっている人も少なくありません。

ピーリングのしすぎは、メラニン色素の沈着を予防するところか、かゆみや炎症をおこして黒ずみになりやすくなる事もあるので注意が必要です。

メラニン色素を薄くするために必要なスキンケア

蓄積してしまうメラニン色素を薄くして美白、黒ずみを解消するためには、メラニンが生成されることを予防するためのスキンケア、そしてできてしまったメラニンを効率よく排出するためのスキンケアが必要となります。

美白作用の配合されたスキンケアを求めましょう。

メラニン色素ができないようにするためのスキンケア

メラニンを作らせずに、メラニン色素による黒ずみ予防をするためのスキンケアとして重要な事は、肌のバリア機能を強化して外部刺激や肌トラブル、炎症などに強い肌を作りだすことです。

紫外線や肌ストレス、肌荒れや炎症などは肌にダメージを与え、そのダメージから肌細胞を守ろうとするためにメラニンが生成されます。

これらを予防することは、メラニンを作らせないということにつながるのです。

肌のバリア機能を強化する、弱った肌表面の防御機能を回復させるためには、まず徹底した保湿が必要となります。

保湿することで肌表面にベールを作り、さまざまな刺激から肌を守ることができます。さらに、肌内部の潤いをキープすることよって、肌の内側にダメージが進行していってしまうことを防ぐことができるのです。

できてしまったメラニン色素を排出するためのスキンケア

今すでに肌内部にあるメラニン色素を効率よく排出するスキンケアとしては、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進して、どんどん新しい肌細胞を作りだす機能をアップさせてあげることが大切になります。

肌がメラニンを含む古い肌細胞をどんどん剥がし、新しいメラニンを含まない肌細胞に生まれ変わらせることで、肌に蓄積していたメラニン色素をどんどん薄くしていくことができるからです。

このターンオーバーが弱まると、排出するよりも蓄積するメラニン色素の量が多くなり、黒ずみは解消していくどころか濃くなっていってしまいます。

ですから肌の新陳代謝をよくしておくということは、黒ずみケアにおいて非常に重要になります。

代謝機能をあげるスキンケアと言えば、マッサージ効果の高い化粧品をとりいれるのが理想的です。

しかし、実際にマッサージをどこかのスキンケアの間に取り入れるのはなかなか手間がかかります。

また、間違ったマッサージ方法やマッサージのスクラブ成分が粗めだと、余計に黒ずみを悪化させてしまうことになるでしょう。

どちらも同時にケアできるのが黒ずみクリーム

メラニン色素が作りだされるのを抑制する、今あるメラニン色素を薄くしていく、この両方のスキンケア効果を実現することができるのが黒ずみクリームです。

黒ずみの根本原因であるメラニンに着目してさまざまな角度からメラニンにアプローチすることができるようになっています。

黒ずみクリームの保湿力

黒ずみクリームには、肌をよみがえらせる効果を生みだすための高い保湿成分が贅沢に配合されています

分子の大きさの異なる保湿成分を配合している事で、肌の内部から表面までしっかりと潤すことができます。

潤いに満たされた肌は次第に自身の持つ力を再生させることができ、肌の状態が改善していきます。

保湿成分としてあげられるのは、細胞同士を密着させる働きのあるセラミド、3大潤い成分とよばれるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどもあります。

これらの潤い成分が配合されていると良いですね。

黒ずみクリームの美白力

黒ずみクリームには、美白という効果の高い成分も豊富に含まれています。

美白成分と言っても、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチン、カモミラ、コウジ酸、プラセンタなどがあります

メーカーにより配合される美白成分の種類に違いがあります。

黒ずみケアクリームは、こうして肌代謝をアップさせメラニン色素の排出を促す、メラニン自体の生成を抑制する、メラニンを薄くするなど、いろいろな角度からメラニンに対して対処することができます

仮に、肌を明るくする美白化粧品と肌代謝を良くするマッサージ化粧品を買い揃えると、コストもかかりますし、ケアに手間がかかるでしょう。

ですが黒ずみケアクリームならば、そうした面倒なことが一切ないのです。

まとめ

メラニン色素はケアをしてもなかなか改善しにくく、普通のスキンケアでは対処しきれない事がほとんどです。

そのためには、内側からメラニン生成を抑制するような食生活や睡眠の向上をするとともに、外側からメラニンを作らせない、増やさないスキンケアを取り入れたいものです。

そのためにも、黒ずみクリームはそのメラニンにしっかりと対処したスキンケアを実現してくれます

黒ずみで気になる部分がある時には、ぜひ黒ずみ専用の黒ずみクリームを使うようにしましょう。

<<黒ずみケアクリームランキングはこちら!!>>