目の周りが黒ずんできたりくすんできたりすると見た目の年齢を大幅に老けさせてしまうだけでなく、顔全体の明るさもワントーン低くなってしまい、若々しい自分を演出することは難しくなります。

さらに目の下、まぶた、目じりなどの黒ずみを放置してしまうと、黒ずみは次第に色が濃くなり範囲も広がっていってしまいます。

放っておけば放っておくほどなおりにくくなり、取り返しのつかない状態になってしまうのです。

目元の黒ずみやくすみが気になったら、早急な黒ずみへの対処や正しいスキンケアをすること、効果的なスキンケアアイテムを利用するということが非常に重要になってきます。

目元が黒ずむとこんな印象やデメリットが…

目元が黒ずむと周囲にどのような印象を与えてしまうのでしょうか。

目元の黒ずみは自分が思っている以上に、相手から見た印象が悪いものです。

社会生活においても損をする事間違いないのです。

  • 疲れているように見える
  • 実年齢よりもグンと老けて見られる
  • 体調が悪そう、不健康に見られる
  • メイクが映えない、特にアイメイク
  • どんなファッションもうまく着こなせない
  • 清潔感がなさそうに見える
  • 根暗に見られてしまう
  • 悩みがあるように見られる
  • お手入れ不足と見られてしまう
  • 写真に写る自分の顔がまるで心霊写真のよう…

目の周りが黒ずんでいるだけで、少なくとも、このように見られてしまうのです。

どれをとっても喜ばしい事は1つもなく、目元の黒ずみがエスカレートすればするほど、周囲にはあまり良い印象を与えずに、自分にとってもデメリットになるシーンばかりを引き起こしてしまいます

目は印象を決定する

また、見た目の印象を決定づけるのは、“目元”です。

ほとんどの人が第一印象を決めるパーツを目としています。

瞳が大きいとか、メヂカラがあるとか様々な印象を与える事がある目です。

その大事なパーツの周りが黒くくすんでいては魅力も半減される事になるでしょう。

目だけではなく、目周りの黒ずみがない事も、第一印象をより良く見せる重要要素なのです。

例えば、就職面接や、大事な商談、接客業、お見合い、コンパなど、印象を勝負とするあらゆるシーンにおいて、損をしてしまうのです。

目の下の黒ずみにはコンシーラーで対処?

 目元の黒ずみがあっても、自分にはコンシーラーという強い味方がいるから大丈夫!とタカを括ってはいませんか。

確かにコンシーラーは、目の下を明るくしたり、シミを隠したりと高機能なメイクツールです。

「コンシーラーが目元の救世主!」と思って安心するのは禁物なのです。

ですが、クマの色は、青、茶、黒などの様々な色で構成されているため、コンシーラー単色だけだとなかなかカバーするのは難しく、技術がいります

さらには、間違った色のセレクトをしてしまうと、クマは余計に目立ちやすくなるでしょう。

メイクに詳しい女性がコンシーラーで目の下の黒ずみをカバーするぶんには効果的ですが、テクニックに自信のない女性が挑むには、リスクが高すぎます。

目元の黒ずみ、種類とその原因は?

目元が黒ずんでしまう要因としてはいくつかの原因があり、それぞれその原因によって目元の黒ずみは異なります。

まずは自分の目元の黒ずみがどうしておこっているのか、どんな原因で目元が黒ずんでしまっているのかを見ていきましょう。

たるみによる目元の黒ずみ

 目元の黒ずみは、目の下の乾燥やたるみによってできるケースもあります。

目の下は皮膚が薄めで水分を蒸散しやすい構造です。

そのため、目の下は透明感がなくなり、くすんだ状態になるでしょう。

また、乾燥を放っておけばたるみになってそのたるみが目の下の影となって黒ずむのです。

乾燥してなくとも、自然と加齢により弾力を支えるエラスチンやコラーゲンが減少してしまうため、何のお手入れもしなければ目の下は、たるみで黒ずみが酷くなるでしょう。

目の周りの血行不良による目元の黒ずみ(青グマ)

体のさまざまな機能が弱くなり、血行が良くない状態になると起こるのが目もとの黒ずみです。

この血行不良による黒ずみは目の周り全体に起こるのが特徴で、いわゆる青グマといわれる黒ずみです。

この青グマは体の状態があまり良くない場合に起こるので、体に何か病気が潜んでいるという可能性も捨てきれません。

むくみやたるみが原因の目元の黒ずみ(黒グマ)

むくみたるみといった症状も目元の黒ずみを引き起こします。

運動不足や冷え性、肩こりや腰痛に悩んでいたり睡眠不足など体に必要のない水分や老廃物が蓄積してしまう、血液の状態がドロドロしていたり体全体のめぐりが悪い状態になると、他の部分よりも皮膚が薄い目元はその状態が顕著にあらわれてしまいます

主に目の下の部分が黒ずんでくるということが多く、黒グマと言われる場合もあります。

疲れていたり寝不足だったりして目の下にクマができるという状態がこの黒ずみに当てはまります

また、ここ数年、国内ではパソコンやパッドなどの端末で学習や仕事をする人が増加しています。

一日中目を酷使している若者が増えて、ドライアイや疲れ目を訴える事もあるでしょう。

さらには、スマホを常日ごろから閲覧している人は、それ以上に目を酷使しているものです。

こうした現代人のハイテク化した生活スタイルが目元の黒ずみを誘発しているのです。

色素沈着による目元の黒ずみ(茶グマ)

もう一つ、目元の黒ずみで悩んでいる人が多いのが、色素沈着による目元の黒ずみ、茶グマと呼ばれる黒ずみです。

この茶グマができてしまう原因ははっきりしていて、目元の皮膚を過剰に摩擦したリ刺激を与え続けたりすることに起因しています

例えばアトピー性皮膚炎だったり、目元のアイメイクをゴシゴシ落としている、花粉症で目をこする機会が多いなどがあげられます。

最近は食生活や、環境問題などの深刻化から、こうしたアレルギー症状を引き起こす人の数は増えています。

痒みが起きやすい部位は何と言っても、皮膚が敏感で薄い目元や首元にあるのです。

また、アイシャドウなどをつける時に、ブラシなどで乱雑にメイクしてうると、知らず知らずのうちに皮膚に傷をつけて、その中にカラーが入り込んでしまい、刺青のように皮膚色がめり込んでしまうという意外な理由もあるのです。

さらには、アイメイクなどをはじめとしたメイク技術が進む事で、落ちにくいウオータープルーフなどのアイメイクが多く波及し、若い女性の使用率はとても高いものです。

こうした状況が、若い世代の目元黒ずみ悩みを増加させています。

アイメイク専用のリムーバーなどで摩擦をかけずにメイクを落とすなどしなければ、日々目元に負担をかけてしまうことになるでしょう。

そうした事をするにしても、時間や手間がかかるのでついつい手を抜きたくなるものです。

こうした気の緩みが摩擦による色素沈着を起こすのでしょう。

目元の黒ずみを解消する方法

上記のように、目元が黒ずむ原因はいくつかあり、それぞれの原因によって黒ずみのあらわれる場所や特徴も異なってきます

では、ここからは目元の黒ずみに対する対処方法を考えてみましょう。

キレイな明るい目元を手に入れるためにすべきことをご紹介していきます。

体全体の血行を促進する

目元は他の部位に比べて非常に薄い皮膚でできているため、その皮膚の下にある血管や皮下細胞組織の健康状態が如実に表れてしまいます。

体全体の血流を促進し体内のめぐりをよくすることで、目元の黒ずみを格段に良くしていくことができます

体全体の血行を良くすることは、青グマだけでなくむくみが原因となる黒グマにも効果があります。

さらに新陳代謝が向上することによりメラニンの排出もスムーズになるため、色素沈着による茶グマにも効果的です。

  • シャワーだけで済まさずに湯船につかって体全体を温める
  • 適度な運動を生活の中に取り入れる
  • リンパの流れをよくするためにオイルマッサージをする
  • 良質な睡眠と睡眠時間を確保する
  • 規則正しい生活を心がける

もちろん、目の下に対してピンポイント的にマッサージしてあげることで集中的に目の下を明るくして代謝をアップさせる事もできるでしょう。

それには、専用のマッサージ化粧品を使用するのがよいですね。

中の成分としては、血流を良くするビタミンEの成分が配合されていたり、指圧を高めるポリマーなどが配合されていると、目の下の黒ずみに効果を示してくれるでしょう。

体質を改善する

鉄分が不足したりすると血液の流れが悪くなるだけでなく、血液の色が黒ずみやすくなります。

鉄不足は顔色やクマなどを左右する非常に重要な栄養素です。

その他にも、ビタミン類が不足すると肌代謝が落ちメラニンが生成されやすい、タンパク質不足だと肌に必要なコラーゲンの材料が不足してしまうなど、バランスの良い食事は目元の黒ずみ解消のためには必要不可欠になります。

バランスの良い食事のほかにも適度な運動を取り入れることなどで、体の代謝機能も向上し、目元の黒ずみ解消へとつながります。

  • 食事内容に配慮する
  • 適度な運動をする
  • 生理痛や生理不順を解消する
  • 血液検査などをしてもらう
  • 紫外線や花粉を極力避けるように心がける
  • メイク落としをする際も優しく丁寧に

毛穴ケア商品を活用する

目元の黒ずみが気になったら、上記のような事柄に気をつけて生活をするのと同時進行で毛穴ケア商品を使った目元の肌ケアをおこなうようにしましょう

目元の肌は非常にデリケートで、さらにほかの部分の肌に比べると自活力や再生力、修復力も非常に弱い部分です。

一般的な化粧品やコスメでは目元の黒ずみを解消するどころか、刺激が強すぎたり、効果が弱かったりということが要因で、さらに黒ずみを悪化させてしまう可能性もあります。

目元が黒ずんで気になる場合には、黒ずみ専用に開発された毛穴ケア商品を使うのが最も目元肌に優しく効果的で適しているといえるのです

  • 高い保湿力で目元肌の健康状態を大幅に改善
  • 目元の肌の代謝力を促進
  • 角質柔軟効果で目元の皮膚の老廃物や古い角質を排除
  • メラニンにアプローチする美白効果で色素沈着もケア
  • 目元肌全体の血行、代謝、美白を行うことができる

まとめ

目元の黒ずみが気になったら、毛穴ケア商品を利用することで広範囲にわたる目元の黒ずみにもしっかりと対処していくことができます

また、豊富な美容成分でさまざまな角度から目元の黒ずみにアプローチ、目元をパッと明るい印象にしてくれます。

目元の黒ずみはあきらめずに、まずは毛穴ケア商品による徹底したスキンケアをしてみるようにしましょう。