ninpunoonakanotokutu

妊娠中は妊娠していない頃に比べてあまりに大きな体の変化が訪れるので、だれもが戸惑い不安になってしまいます。

妊娠中に訪れる体の変化のうちでも、女性として非常に不安になる事が乳首トラブルです。

妊娠すると乳首が黒ずんで、乳首も大きくなったりすることが多くなります。

これは妊娠していない時期にはありえない現象であるうえに、乳首という非常にデリケートな部分であるため、人には相談しにくく、妊娠した女性の多くが悩んでしまうことになります。

妊娠中、乳首の色が黒っぽくなるのはどうしてなのか、妊娠によって黒くなってしまった乳首は、出産後どうなっていくのかを見ていくことにしましょう。

妊娠中に乳首が黒ずむワケ

まずはどうして妊娠すると乳首が黒くなっていくのかを見ていきましょう。

妊娠中におこる体内の変化によって黒ずんでいく乳首には、ちゃんとした理由があります。

妊娠に伴う女性ホルモンのバランスや量の劇的変化

ninnsinn

妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンの分泌量が急増していきます。

これは妊娠を安全に継続し、妊娠に必要であるからこそ起こるものです。

このエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンは、メラニン色素を作りだす原因物質であるメラノサイトを刺激するという働きがあるので、ホルモンの分泌が急増することによってメラニン色素も急増、色素沈着がおこり乳首が黒ずんでくるのです。

妊娠中メラニンを増やさなければならない理由

では、どうして妊娠するとメラニン色素を多く生産しなければならないのでしょうか。それには妊娠や出産に備えるためという大きな理由があります。

その理由を知ると、妊娠に伴ってメラニンが増えるワケ、乳首が黒ずむワケを知ることができます。

妊娠中の体を守るため

妊娠するとホルモンバランスが乱れていることによって肌が敏感になります。

少しの刺激でもかゆみや湿疹を起こすようになってしまう場合もあります。

このようなデリケートな状態から妊娠した体を守りぬくためにメラニンを生成、体を守るという働きが活発になります。

乳首も同様に、非常に敏感でデリケートな状態になります。

妊娠すると乳首がかゆくなったり痛くなったりする場合がありますが、原因はホルモンバランスの乱れやホルモンの分泌量が一気に増えたことによります。

乳首がダメージを受けにくくするためにメラニンが集中して黒ずむようになります。

赤ちゃんへの授乳に備える

sanngojunyuu

妊娠中に乳首が黒ずむ理由として、もう一つ重要な事は赤ちゃんに授乳をするための準備という点です。

出産後赤ちゃんが乳首から母乳を飲むようになると、乳首の部分の皮膚は大きなダメージを受けることになります。

乳首が切れてしまったりトラブルがあって赤ちゃんが母乳を飲む事ができなくなってしまうことがないよう、メラニンを多く分泌させて乳首部分の皮膚を強化、赤ちゃんに頻繁に吸われても耐えられるように黒ずむのです。

視力の弱い赤ちゃんが見つけやすいように

乳首が黒ずむ理由として、生まれたばかりでまだ弱視の赤ちゃんが、より乳首を見つけやすいように乳首が黒ずむという言い伝えもあります。

乳首を目立たせることによって赤ちゃんにすみやかに母乳のありかを認識してもらうという体の仕組みによるものです。

黒くなった乳首は産後どうなっていくのか

ninnpunoonaka

では、妊娠中黒くなってしまった乳首、出産して授乳を終えたころにはいったいどのようになっているのでしょうか。

ある程度は戻るものの完全に元通りにはならない

出産し授乳期間を終える頃には、女性ホルモンの値も正常値にほぼ戻り、メラニン色素の大量生産という事態も終了しています。

乳首の色も、妊娠中や授乳中に比べればある程度は元に戻ることもあります。

しかし、一度メラニンが大量排出され黒ずんでしまった乳首は、ほとんどの場合そのままの色、またはほんの少し薄くなる程度で、あまり変わらないという人の方が圧倒的に多くなります。

乳首ケアしなければ元には戻らない

黒ずんでしまった乳首を元に戻すために必要なことは、乳首ケアを徹底していくことです。

逆にしっかりとケアしていくことによって、キレイなピンク色の乳首を手に入れる事ができるともいえます。

乳首の黒ずみには黒ずみクリームが最も有効

乳首の黒ずみをケアするためには、毎日のセルフケアが最もおススメできるケア方法になります。

エステや皮膚科という選択肢も無くはないのですが、赤ちゃんがいる事、自分の体への安全性、経済面をトータルして考えるとあまり良い選択肢とは言えません。

自分で自宅で、しかも継続してコツコツと行うことができる黒ずみクリームでの乳首ケアが最も安全で経済的、かつ効果も高いのです。

妊娠出産による乳首の黒ずみの原因に対処できるのが黒ずみクリーム

妊娠したり出産することで黒ずんでしまった乳首には、メラニンという決定的な要因があります。

黒ずみクリームはこのメラニンが原因となる黒ずみに対処することを得意としています。

メラニンの生成を抑制し、すでにあるメラニンを美白することができる黒ずみクリームは、妊娠出産に伴う乳首の黒ずみに最適なのです。

まとめ

妊娠して赤ちゃんを産んだからといって、乳首の黒ずみをあきらめる必要はありません。

女性としてキレイなピンク色の乳首を維持することは、母になった後でも女性として大切で、自分に自信を持つことにつながります。

乳首が黒ずんでしまって気になる時には、黒ずみクリームを積極的に活用して、元通りの乳首に慣れるようコツコツとケアしていきましょう。

tikubi-care