通勤や通学、最近では自転車ブームも相まって、自転車を利用する人の数が急増しています。

健康にもよくて地球環境にも優しい自転車、エンジンは自分の足であるため、燃料代はタダ、余計なCO2を排出しないどころか体のためにもなる非常に優れた乗り物です。

しかし自転車を多用する人ほど陥りやすい悩みが、お尻にできてしまう黒ずみだという人がかなりの数で存在しています。

摩擦や圧迫、ムレなどの負担が黒ずみにつながる

普段何気なく乗っている自転車ですが、この時お尻はというと摩擦、体重による圧迫、さらにムレといった非常に過酷な状況下にあるといえます。

さらに自転車に乗っていると、振動や刺激もかなり受けているということになり、たくさんの要因がお尻に悪影響を与えているといえるのです。

お尻に負担がかかることで角質肥厚になる

自転車に乗っているとお尻が黒ずみになるのは、さまざまな刺激による角質肥厚が原因と言えるでしょう。

摩擦や体重による圧迫でお尻の肌はダメージを受けるため、メラニンを生成して肌自身を守ろうとします。

さらにムレや刺激によって、もともと皮脂量が少なくターンオーバーも活発で無いお尻には、お尻ニキビなどの肌トラブルが起こるようになります。

これらが重なり合ってやがて色素沈着、黒ずみといったトラブルにつながっていくのです。

※メラニンについては「メラニン色素と黒ずみの関係は?美白して黒ずみを解消するには?」でもくわしく説明しています。

お尻に負担がかからないような工夫が必要

しかし自転車に乗る際には、どうしてもサドルにお尻を載せてこぐ必要があるため、少しでもお尻の負担を軽減することができるような工夫をしてみましょう

デスクワークなどであれば柔らかいクッションをひくという事ができますが、自転車の場合にはもっと他の工夫が必要になります。

ヒップパッドなどを利用する

自転車に乗る時にお尻へのダメージを軽減し、黒ずみを作らないようにする方法として、ヒップパッドを利用するという方法があります。

ヒップパッドは自転車のサドルから伝わる衝撃を緩和、肌への負担を大幅に軽減することができます。

黒ずみケアクリームを利用する

自転車に乗っている時にお尻へのダメージを軽減すると同時に負担の大きなお尻の肌のターンオーバーを促進し、角質柔軟、メラニン生成を抑制するなどのお尻肌ケアもしていくと良いでしょう。

この際に利用するアイテムとして最もふさわしいのが黒ずみケアクリームです。

ターンオーバー促進、角質を柔らかくする、メラニン生成を抑えて肌を美白など、自転車に乗ることによってできてしまうお尻の黒ずみ対策として完璧な効果をいくつも持っているのが黒ずみケアクリームだからです。

まとめ

お尻の肌は常に何らかの刺激や負担を受けている場所で、非常に黒ずみができやすい場所だともいえます。

そしてさらに自転車に乗ることによって、黒ずみができやすい肌環境を悪化させてしまうことになります。

自転車に乗ってできてしまうお尻の黒ずみに悩んでいたら、ぜひ日々黒ずみケアクリームで黒ずみ対策をしながら自転車を利用するようにしましょう。