osiripanntu

普段はいているパンツそのパンツが関係してお尻の黒ずみができているかもしれないということをご存じでしょうか。

パンツの素材やサイズによって黒ずみになってしまうことがあるので、パンツ選びには気をつけたいところです。

女性であればセクシーなパンツや、生理時にはそれなりに締め付けのあるパンツを必要とします。

また、勝負パンツなんて呼ばれるような、自分のその日のマインドを向上してくれるようなパンツを身につけたい日もあるでしょう。

女性にとってパンツは普段は見えないファッションではありますが、親密な関係のある人と会う時にはとても大切なファッションの一部です。

しかしながら、こうしたパンツの刺激から黒ずみになってしまうケースが多いのです。

パンツがなぜお尻の黒ずみの原因となるのかについて見ていきましょう。

お尻の黒ずみとパンツの関係

お尻の黒ずむ原因としてパンツから受ける刺激摩擦が関係していることは確かですが、人によって刺激や摩擦を受ける素材や黒ずみになりやすいパンツは異なります。

お尻の黒ずみができやすいパンツの条件としては、ムレやすい肌刺激の強い素材を使っている締め付けの度合いが強い、などがあります。

しかし、こういった黒ずみのもとである条件を持つパンツを履く必要のある場合もあります。

なるべくならこういったパンツは避けた方が良いですが、パンツから受ける刺激にも負けないお尻肌やお尻の肌環境を整えることで、それぞれのシーンに合わせたパンツを履き、楽しむ事ができるようになります

パンツ選びが重要!

パンツ選びが適切でなければ、お尻の黒ずみリスクは高くなるでしょう。

なぜならば、自分のお尻の大きさや肌質に合わせたパンツでなければ、締め付けや摩擦、雑菌が繁殖しやすく、黒ずみが発症しやすくなるからです。

季節によってもパンツの中の蒸れがピークに達するケースもあるため、季節によってパンツの素材を替えるなどすればベストな対策と言えるでしょう。

また、若い時のお尻と数年後のお尻につく脂肪には違いがあり、お尻はバストとともに加齢の出やすい部位です。

以下のように素材、サイズ、締め付けなど総合的な判断を含めてセレクトしたいものです。

素材

お尻に黒ずみができやすい人は、パンツの素材にもこだわってみましょう。

汗をかきやすい人は、通気性の良い綿タイプのパンツを選ぶようにしたいものです。

ですが、オシャレなパンツは化学繊維系のポリエステル素材などが多いため、黒ずみが気になる方は、蒸れやすいシーズンだけでも通気性の良いタイプのパンツに使い分けるなどしたいものです。

サイズ

同じサイズのパンツでも、メーカーによっては微妙に小さかったり締め付けが強かったりすることもあるでしょう。

お尻の黒ずみが気になる時は、ブカブカにならない程度のワンサイズ大きめのパンツなどをセレクトするようにしましょう。

締め付け具合

パンツのゴムがキツイものや、金具、レースなどがついているものは、お尻に対してしめつけや摩擦が生じます。

こうした刺激がメラニン生成を活発にして、黒ずみを生じやすくしてしまいます。

なるべくゴム痕がつかないタイプや、締め付けのある金具などがついていないものを選びましょう。

下着のお手入れは行き届いている?

実は、パンツのサイズや締め付け具合を考慮するだけでなく、他にも吟味しなければならない事があります。

それは、パンツを清潔に保つという事です。

パンツは汗や皮脂で汚れているので、清潔にしておかなければ雑菌が繁殖します。

そこにお尻の皮膚が触れることがお尻ニキビの原因となり、やがてニキビ跡、黒ずみへと変化してしまうでしょう。

また繊維に合わない洗い方や洗剤使いをすれば、パンツが本来の柔らかさを失ってゴワゴワとした肌触りに変化し、お尻に刺激や摩擦が生じて黒ずみを誘発してしまうのです。

そのような観点から、洗い方や干し方、保管の仕方などをしっかりと把握しておくと良いでしょう。

優しく手洗い

繊維にもよりますが、なるべくならばパンツは他の洗濯物と一緒に洗わずに、単独で手洗いで優しく洗うのが理想です。

パンツは薄くて、レース部分などは傷みやすいものです。

手洗い後は軽く脱水しておきましょう。

また、洗うときには肌に刺激を与えるような界面活性剤使用の洗剤ではなく、低刺激や無添加などの成分を主とした洗剤を使用すると良いですね。

元から敏感肌や、お尻にニキビができやすい人は特に考慮したいものです。

風通しの良い場所に陰干し

パンツを手洗いし軽く脱水をかけたら、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

しっかり乾燥させて清潔に保管しましょう。

キレイなお尻肌を保つために注意したいこと

パンツ選びやそのお手入れ以外にも気をつけたいことを見ていきましょう。

加齢によるお尻のたるみ対策を行う

お尻は、筋肉がほとんどついておらず、加齢とともに脂肪がつきやすくなる部位です。

こうした脂肪がつく事は、体が外部刺激だと勘違いしてメラニン生成をより活発にしてしまう事があります。

加齢とともに基礎代謝は悪くなるため、お尻をたるませないためのストレッチやウォーキングなどを普段の生活に取り入れていきましょう。

デスクワークではクッションなどを利用する

椅子に座りっぱなしでのデスクワークなどは、一日中お尻に摩擦をかけている事になります。

弾力あるクッション座布団などを敷いて直接摩擦をかけないようにしましょう。

生理中は特に注意が必要!

生理中は、出血やナイロン製のナプキンなどにより、パンツの中は蒸れやすくなるでしょう。

こうした雑菌繁殖や不衛生な状態によりお尻にニキビを生じさせないためにも、通気性の良い構造のナプキンをセレクトしこまめに取り替えるようにしたいものです。

また、生理中はこまめにシャワーを浴びるなどしてお尻に不衛生な環境を与えないようにしましょう。

パンツから受ける刺激に負けないお尻肌になる

seizadethibakku

こういったパンツからの刺激にも負けないお尻肌を作りだすためには、お尻の黒ずみクリームを利用するのが良い方法です。

今ある黒ずみを解消すると同時に、お尻の肌の肌環境をも整える効果がありますから、黒ずみ解消と同時に健康なお尻肌が実現できます。

黒ずんでいるお尻を効率よくキレイにしていくためには、パンツをシーンに合わせて履き分けることは大切なポイントのひとつです。

パンツが大切な役割を果たす場面などにおいて、勝負パンツを履いていてもお尻が黒ずんでいてはせっかくの雰囲気が台無しになってしまいます。

ですからパンツ選びも重要ですが、お尻にある黒ずみをきれいにするということも大切なのです。

キレイなお尻肌なら、とっておきのパンツが絶好のシーンにおいてその効果を倍増してくれるのです。

まずは、お尻の黒ずみを黒ずみクリームできれいにするよう普段のお尻肌スキンケアを徹底しましょう。

黒ずみクリームで刺激に負けない肌環境づくり

黒ずみクリームで普段からお尻肌ケアをしていると、刺激や摩擦の大きな素材から作られているパンツを履いても黒ずみになりにくい肌を作ることができます。

つまり黒ずみクリームには、肌のバリア機を整えたり、ターンオーバーを正常化したりする効果も期待できるのです。

また、生理時に着用するパンツなどによる締め付け、摩擦などが原因でお尻は黒ずみになりやすくなりますが、そういった場合でも黒ずみができにくいという肌環境を作ることができます。

女性にとって、普段からお尻肌を黒ずみクリームでケアするということは、女性らしさを磨き美しいお尻を作りだすための必要条件となるのです。

まとめ

お尻は常にパンツからの刺激を受け続けています。

しかし、黒ずみクリームを活用することで、パンツからの刺激を気にすることなくさまざまなシーンを楽しむ事ができるようになります。

黒ずみクリームの使用と並行して、自分の年齢相応に低下するおしりのたるみに合致したパンツ選びをしていきましょう

さらにパンツを清潔にしながら洗濯や保管にも気をつけ、おしりにニキビなどを増やさないようにしていくことも大切です。

黒ずみクリームでしっかりと肌ケアをして黒ずみになりにくい健康な肌の環境を整えることで、自分の好みのパンツを履くという楽しみを奪われることも、生理などの場合の特別なパンツからの刺激におびえることもなくなるのです。

あなたも自分のお尻に自信が持てないなら、ぜひすぐに黒ずみクリームでお尻肌ケアを始めましょう。

osiri-care