黒ずみクリームに配合されている成分はいろいろなものがあり、それぞれに異なる効果をもたらします。

各成分が効果的に黒ずみを解決していくものではありますが、そんな中でも特に効果的な黒ずみ解消成分として注目したいのがオウゴンエキスという成分です。

オウゴンエキスとは、なかなか聞きなれない名称ですが、実は育毛剤の成分としては、かなりユーザー間では名の知れた有効成分なのです。

特に、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制する目覚ましい効果が期待できるため、皮脂を抑制する効果も期待できます。

様々な悩みに有効的な効果をもたらす事から、「オウゴン」と名付けられたのかと思いがちですが、これについては、オウゴンエキスが抽出される植物の根部分が黄金色であるため、オウゴンと言う名称がつきました。

この成分が黒ずみケアクリームにも配合される事で、過剰皮脂による毛穴のつまりや、角栓、ニキビなどができにくくなり、黒ずみの原因の大半が予防できることになるのです。

黒ずみケアクリームをセレクトする時には欠く事のできない成分である事に間違いはないですね。

こうした見解から、オウゴンエキスが配合されている事でよりすみやかに効率よく黒ずみを解消することができます。

ではこれからオウゴンエキスがいったいどのような黒ずみ解消効果をもたらすのかを詳しくご紹介していきましょう。

オウゴンエキスとは?

オウゴンエキスは、コガネバナという植物の根から抽出されるエキスです。

漢方の生薬として古くから活用されてきた歴史ある成分で、漢方の世界では解熱剤や呼吸疾患に効果のある成分として利用されてきました。

まさに、美容や健康とマルチに活躍してきた天然エキスなのです。

植物成分と言う点から、肌に安心安全な末永く使用できる成分と言えるでしょう。

オウゴンエキスの黒ずみへの効果

オウゴンエキスは黒ずみに対しても非常に有効でさまざまな美容効果をもたらすことがわかっています。

黒ずみクリームを選ぶならオウゴンエキス配合のものをおススメするワケ、それはメラニンに対しての美白効果が優れていたり、紫外線ダメージから肌を守ったりするなどの広範囲にわたる効果です。

では、オウゴンエキスのさまざまな効果を見ていきましょう。

植物由来のフラボノイドが紫外線ダメージを緩和

黒ずみの大きな原因、それは紫外線による肌ダメージで増えてしまうメラニンの生成です。

紫外線と黒ずみについては、「放置すると悪化する紫外線による黒ずみ!ケアは黒ずみクリームで!」でもくわしく説明しています。

オウゴンエキスに含まれているフラボノイドは、肌表面に浴びてしまう紫外線を吸着し、肌の奥に届いてダメージになってしまうのを抑制してくれます。

フラボノイドといえば消臭効果を思い浮かべる人が多いでしょう。

ですが、紫外線を防御する効果がある事を知れば、黒ずみ対策には一役担う事間違いなしでしょう。

オウゴンエキスが配合されている黒ずみクリームを使えば浴びてしまう紫外線のダメージを減少させ、黒ずみの原因となるメラニン生成を抑制、黒ずみの根本を減らすことができます

紫外線はシミだけでなく、真皮層に浸透してハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、たるみとなり、目の下にクマのように陰を作るなどして黒ずみにしてしまうでしょう。

そうしたたるみによる黒ずみをも解消してしまいます。

活性酸素の抑制をして肌老化、くすみや黒ずみを予防

オウゴンエキスには、活性酸素を抑制するという効果もあります。

ストレスや排気ガスなどの要因により活性酸素が大量に発生してしまうと、細胞の老化や劣化を招きます。

細胞自体がきづ付くことによって肌の新陳代謝が低下、メラニンを含む古い角質を新しい肌細胞に生まれ変わらせる機能も弱くなります。

黒ずみの原因となるメラニンがいつまでも肌の中に残ってしまったり、古い角質や老廃物が溜まったりすることでくすみを招き、それが黒ずんだ印象の肌になる事を予防してくれます

こうした事から、オウゴンエキスは近年、アンチエイジングにベストな成分だと考えられているのです。

年齢だから、黒ずみは仕方がない…と諦めている人には、注目したい成分の一つなのです。

抗炎症作用、収れん作用で黒ずみを防止

オウゴンエキスには、肌トラブルを抑制する抗炎症作用、肌を落ち着かせ整えるという収れん作用があります。

肌荒れや肌トラブルが頻繁に起こると、肌は自分を守ろうとして黒ずみのもととなるメラニンを過剰に生成してしまいます。

メラニン生成につながる肌荒れや肌トラブルを未然に防ぐことは、メラニンを作る機会を与えず、結果として肌の美白、黒ずみケアにつながっていきます。

抗アレルギー作用

オウゴンエキスは、アトピー性皮膚炎や敏感肌などを引き起こすアレルギー疾患を抑制する効果があります。

こうしたアレルギー疾患を持っていると知らず知らずのうちに掻きむしることがあり、搔きむしりが黒く沈着を引き起こすため、痒みが生じないうちにアレルギーの発生を抑えておく事が早い段階での黒ずみ防止となるでしょう。

最近は、アトピー性皮膚炎だけでなく、光アレルギーや、化学物質などによりアレルギー反応を起こす人が増え、その数は上昇しています。

オウゴンエキスは、かなり早い段階で黒ずみを抑制させる優秀な成分なのです。

男性ホルモンを抑制する効果

オウゴンエキスは育毛剤としての効果がメジャーです。

その根拠としては、男性ホルモンを抑制する効果があり、過剰な皮脂を抑制する役割も果たすことがあります

吹き出物ができて、炎症が生じ、紫外線が当たる事でニキビ跡なります。

その痕が黒ずみになるという過程を考えれば、またもやオウゴンエキスは早めの段階で黒ずみ予防ができてしまうのです。

保湿効果で透明感アップ!

オウゴンエキスは、保湿効果も高い成分です。

化粧水にも使用されるほど、肌への保水や浸透性に優れています。

肌は潤いに満ちていなければ、透明性が失われて黒ずみ、くすんだ状態になるでしょう。

空調のきいたオフィスや、紫外線に当たる機会が多い事で、若くても肌のうるおい不足になる事はめずらしくないのです。

こうした乾燥による透明感のなさからくる黒ずみにも、しっかりと効果をもたらしてくれるでしょう。

オウゴンエキスの副作用とは

 天然成分のオウゴンエキスだから副作用の心配はないとは必ずしも言えません。

男性ホルモンをコントロールする効果があるため、特に男性の生殖器に影響を与えることはまれにあるでしょう。

また、摂取してしまえば動悸や肝機能低下などが生じるケースもあり、特にサプリメントなどでの傾向摂取には気をつけなければならないでしょう。

一方で、黒ずみケアクリームに含まれるオウゴンエキスは、過剰摂取などの心配はありませんが、やはり用法、容量は厳守したいものです。

自前の化粧水でケアするケースも!

オウゴンエキスは通販などで簡単にコスパよく購入できます。

それを精製水などで薄めて、スプレー容器に入れて持ち歩く女性もいます。

ですが、こうした手作りオウゴンスキンケアは、あくまでも無添加ですから、一定の短い期間で使いきってしまう必要があります。

また、オウゴンエキスのほかに相乗効果を促すような成分が取り入れられていなければ、黒ずみケアクリームの効果に追いつく事は難しいでしょう。

本気で黒ずみケアをしようと思っているならば、手作り化粧水は補助的に使用するようにして、主なケアは黒ずみを総合的な観点から改善させる事のできる黒ずみケアクリームを使うことがベストでしょう。

まとめ

黒ずみクリームには昨今たくさんの種類の美容成分が配合されていますが、黒ずみをしっかりとケアしていきたいのであれば、ぜひオウゴンエキスが配合されているかどうかをチェックして黒ずみクリームを選ぶようにしてみましょう。

植物由来の優しい効果があなたの肌の黒ずみに対して効果的に働きかけます。

<<黒ずみケアクリームランキングはこちら!!>>