黒ずみの原因であるメラニン、そのメラニンを作りだしてしまう最大の要因、それは紫外線による肌ダメージです。

紫外線の中には、私たちの肌に有害なものが含まれているため、紫外線を浴びすぎてしまうと肌は細胞を守ろうとしてメラニンを過剰に生成してしまうのです。

紫外線対策をしてもどうしても黒ずみになってしまう場合もありますから、放っておかずに黒ずみクリームによるケアをしていくようにしましょう。

紫外線による肌への悪影響とは?

紫外線はある程度浴びていないとビタミンDを合成できずに、成長を阻止したりします。

ですが、紫外線を浴び続ける事で一番に被害が及ぶのが何と言っても“肌”なのです。

紫外線の種類によっては、角質層だけでなく真皮層まで到達するようなエネルギーの強さや、波長の長さによって、紫外線による黒ずみや、シミ、シワ、たるみなどの肌悩みが容赦なく襲いかかるのです。

では、紫外線のどの種類が肌の黒ずみを最も生じやすくさせてしまうのでしょうか。

詳しく検証していきましょう。

紫外線の種類とそれぞれの悪影響

紫外線には、波長が長いUVB、 UVAがあります。

角質層に届いて、カサつきや色黒くするUVBと波長が長く真皮層にまで、届いて肌の弾力低下やたるみなどを引き起こすUVAです。

そう考えるとUVBが、黒ずみを起こしていると言えるでしょう。

ちなみに皮膚ガンの要因となる恐ろしいUVCもありますが、オゾン層に吸収されて、私達の肌に直接な影響を及ぼす事はないのです。

一年中、手を抜けない紫外線カット

紫外線は一年中降り注いでいます。

よく、夏だけに紫外線カットをする人がいます。

たしかに夏は紫外線量が多く、紫外線を直に感じやすいものですが、実際は秋も、冬も、曇り空でさえも肌は紫外線の影響を受けるものです。

ということは、通年かけて紫外線カットのできるUVクリームなどを使うのが効果的なのです。

最低限の日常の紫外線量をカットするためにも、SPF30程度のUVクリームを継続させるのが紫外線による黒ずみを発生させないための最善策です。

また、紫外線による黒ずみ対策としては、UVクリームは、顔の中でも紫外線が当たりやすい高い部位である鼻や額にはしっかり塗り、手足や指の関節などにもムラなくつけてあげましょう。

さらに、首も黒ずみを発症しやすい部位なので、塗りムラがないようにしたいものです。

とは言っても、UVクリームは定期的な塗り直しを必要とするため、気を抜けないのが現状です。

正直、UVクリームを正しい量でムラなく付け直ししているような人は数少ないでしょう。

年々紫外線量は増加している

最近はオゾン層の破壊により、紫外線が地上に降り注ぐ量が増加傾向にあります

ということは、昔以上に紫外線に対する対策を講じる必要があるのです。

「昔は全然、黒ずみやシミなど気にならなかった」と言う人も紫外線量が、かなり向上しつつある現代では、完璧な紫外線対策が求められるでしょう。

紫外線ダメージが肌のターンオーバーを乱れさせる

紫外線を受けてしまうとメラニンを生成してしまいますが、実は肌にはもともとある代謝機能でメラニンを含んだ古い角質を剥がし、新しい肌細胞を作りだすという働きがあり、メラニンが溜まらないようにしています。

メラニン色素については、「メラニン色素を美白して黒ずみをきれいにするための方法」でもくわしく説明しています。

しかし、紫外線を浴び、肌細胞が傷つくと、肌の代謝であるターンオーバーが乱れてしまいます。メラニンを含んだ古い細胞が新しい細胞と生まれ変わりにくくなり、メラニン生成に排出が間に合わなくなってしまうのです。

こうして蓄積していったメラニンはやがて黒ずみとなり、ますます解決しにくい肌の悩みになっていきます

放置すると黒ずみはどんどん悪化する

黒ずみになってしまった肌は、新陳代謝の能力が乏しく、ターンオーバー力も非常に低下した状態になっています。

メラニン排出の力も無く、色素沈着がどんどん進んでいってしまうのです。

つまり、黒ずみを放置してしまうと、どんどんメラニンが蓄積する一方で、黒ずみは濃く、解決しにくい状態へと深刻化してしまいます

紫外線による黒ずみ対策とは?

紫外線による黒ずみは、何と言っても紫外線を防御させる事が第一優先になります。

ですが、紫外線をあらゆる角度から防御する事はかなり難しいと言えるでしょう。

そのような事も考慮しながら、万が一紫外線対策がしっかりなされなかった時でも、早めに黒ずみクリームを併用してあげる事で、肌がそれ以上黒くなる事を抑制してくれるのです。

日焼け止めのケアばかりに気を取られて神経質になるよりは、黒ずみクリームを受け皿にしてあげることで安心して紫外線による黒ずみと向かい合うことができるでしょう。

美容外科での紫外線による黒ずみ治療は効果的?

では、UV対策をしていたとしても、体のあちこちに、紫外線による黒ずみができてしまった…という人は、どのようにケアを行えばよいのでしょうか。

最近は、美容外科による黒ずみやシミのレーザー治療などが気軽にできるようになりました。

また、黒ずみを解消させるケアに、ハイドロキノンという美白剤で薄くするという事も可能です。

ですが、こうした美容外科による施術は、コストもかかりますし、何度か通院する必要があるでしょう。

さらに、ハイドロキノンやレーザー治療は、人によっては、副反応などのリスクを伴う事になるため、吟味する必要があるでしょう。

そう考えれば、時間やコストに囚われずに自分のペースで黒ずみケアができる黒ずみケアクリームを継続するほうがベストな選択と言えます。

日焼けサロンユーザーは特に気をつけて!

何年か前に流行った日焼けサロンも、今ではだいぶ少なくなりました。

ですが、日焼けしているほうが健康的で、締りのある体型に見えるなどの理由から、日焼けサロンに通う人も少なくありません。

日焼けサロンは人工的に紫外線を皮膚に当てて肌を黒くするものですが、のちに皮膚の黒ずみ悩みとして後悔する人も少なくありません。

若い頃に勢いで日焼けサロンにハマっていたと言う人は、黒ずみ悩みにより焦ってしまっている事もあるでしょう。

こうした状況になってしまっていれば、すぐに黒ずみクリームで、“若気の至り”とも言える日焼けサロンに通ってできてしまった黒ずみを解消しましょう。

黒ずみを解決には黒ずみ専用クリームが効果的

このように紫外線によってできてしまった黒ずみに対しては、一般的なスキンケア商品やコスメではもはや対処することができません。

黒ずみ部分に蓄積した古い角質や老廃物、深刻な乾燥状態による角質肥厚などによって、美容成分が肌に浸透せず、さらに保湿をしたとしても潤いをキープしておくことができません。

角質については「くるぶしに溜まる角質を放置すると黒ずみに!くるぶしのいらない角質を除去するには?」でもくわしく説明しています。

そこで利用すべきアイテムが、黒ずみ専用のケアクリームです。黒ずみクリームであれば、黒ずみのある部分の肌をしっかりとケアしていく成分が配合されています。

保湿して肌の状態を整え、さらに美白する黒ずみクリーム

黒ずみを解決していくためには、まず肌の状態を正常に戻すための保湿、角質柔軟化、そしてメラニンを抑制していくと同時に、今ある黒ずみである色素沈着を美白していくという、いくつもの効果を必要とします。

これらすべての効果を持つスキンケア、それが黒ずみクリームなのです。

黒ずみクリームには非常に高い効果のある保湿成分が贅沢に配合され、角質を柔らかく、古い角質や老廃物を剥がし、美容成分が肌に浸透しやすい状態にする役割もあります

さらに作り出され続けるメラニンを強力に抑制すると同時に、今ある黒ずみを薄くしていくという効果もあるのです。

まとめ

紫外線が肌に与える影響は大きいものです。

特に、紫外線が当たることによってメラニンが活性化される事は黒ずみ悩みにつながってしまうでしょう。

このように、紫外線ダメージが蓄積して起こった黒ずみを一般的な化粧品やスキンケア商品で解決することは難しく、黒ずみ専用クリームを使うことが黒ずみケアにおいて最も重要なことになります。

紫外線ダメージによってできた黒ずみをケアする際には、黒ずみケアクリームを活用するようにしましょう。

<<黒ずみケアクリームランキングはこちら!>>