女性にとって肌トラブルは非常に深刻な問題ですが、その中でも黒ずみはケアしてもキレイになりにくく非常に目立つためコンプレックスになってしまいがちです。

黒ずみを隠すために着る服が制限されてしまったり、温泉やスパなどのレジャーを心から楽しむこともできなくなってしまいます。

特に若いうちに黒ずみ悩みを発症してしまうと、若いうちにしか楽しめないファッションが十分に楽しめなくなりますね。

そんな私達の若さや美しさを奪ってしまうかもしれない黒ずみに対して有効な成分、それがビタミンCです。

ビタミンCをしっかりと肌に補充することでより効率良く、すみやかに黒ずみをケアすることができます

ビタミンCってどのような成分?

では、誰もが耳にした事のあるビタミンCとはどのような成分なのでしょうか。

ビタミンCのルーツを探ると、様々な経緯を経て化粧品の有効成分として効果を発揮しているのかがわかります。

以下のようなビタミンCの特徴を把握していると、ビタミンCを取り入れる時に注意するべき事が自然に見えてきます

ビタミンCを効率よく摂取するには

ビタミンCは熱に弱い性質を持っています。

ですから、熱したり炒めたりする経口摂取だと、体内に吸収されにくいと言えるでしょう。

ビタミンC豊富といわれる小松菜や大根などの食品を炒めものや煮物で摂取しても、あまり効果が期待できない事になります。

そこで、効率良く摂取するために、特殊に加工製造されたビタミンCサプリメントなどを経口摂取する人も多いのです。

ビタミンCのデメリット

ビタミンCの長年の課題は、体内における吸収率の悪さでした。

ここ数年、ビタミンCの研究が進み、吸収率を最大限にアップさせた“ビタミンC誘導体”という成分が開発されたのです。

まさに、ビタミンCにおいて、「吸収されにくい」というデメリットをビタミンC誘導体に変化させることで、その効能を飛躍させたのですね。

もともとビタミンCは水溶性で、化粧品に配合しても最大限の効果が期待できないものでした。

そこで、ビタミンC誘導体という脂溶性にすることで、黒ずみを改善するクリームなどに配合しやすくさせたのです。

メラニンが引き起こす殆どの黒ずみ対策用化粧品に、ビタミンC誘導体という型で配合されています。

ビタミンCの副作用

ビタミンCは、水溶性なので水に溶けやすいです。

経口摂取をしても尿や汗と一緒に排出されやすくなります。

ですから、多く摂取したとしても、余分な成分として排出されるだけで、重大な副作用を及ぼす心配はないでしょう。

肌に浸透させるビタミンC配合のスキンケアに関しても、副作用が出るほど過剰には含まれていません。

ですから、黒ずみクリームなどを使ってもビタミンCによる副作用が出る心配はなく、安心して使用して良いのです。

運動後はビタミンCが抜けやすい!?

運動をよくして汗を流す人は、ビタミンCを摂取しても、汗ですぐに流れてしまいます。

ですから、失われやすいビタミンCを運動後にしっかり補う事が大切です。

今までは、メラニンを抑制したり、抗酸化作用をもたらしたりするビタミンCの美容効果を中心に検証してきました。

その他、ビタミンCは風邪をひかないようにしたりストレスを緩和したりと、様々な健康効果をももたらしてくれるでしょう。

また、血流不足でおこりやすい目の周りの黒ずみなどを改善するための血流アップを促す効果も認められているのです。

こうした美容や健康すべてに優れているマルチ効果のビタミンCを、運動後やハードな動きの後に失わないようにしたいものですね。

ビタミンCは黒ずみにどのように効果的!?

実際にビタミンCが黒ずみに対してどのような効果を発揮するのでしょうか。

以下にあげたように、ビタミンCは、黒ずみのあらゆる原因に多方向から、働きかける事がわかります。

黒ずみ症状の軽いうちから、ビタミンCを効率よく摂取したり、肌に直接浸透させたりすることが大切ですね。

コラーゲン生成に欠かすことができないビタミンC

体にも美容にも良いというイメージがあるビタミンCですが、実は非常に重要な成分であり、ビタミンCは肌において欠かすことができない成分の一つと言えるでしょう。

美しい肌において重要なのはコラーゲンの働きとコラーゲンの生成能力ですが、この肌に大切なコラーゲンを作りだす際に必要不可欠な成分がビタミンCなのです。

つまりビタミンCが不足してしまうと、肌の美しさに欠かすことができないコラーゲンを作りだすことができなくなります。

ターンオーバーもできなくなる、ひいては黒ずみをケアしていくことができなくなってしまうということにもなりますよね。

特に、25歳以降からは少しずつコラーゲンが減少していきます。

そのため、コラーゲン生成をサポートする意味で、若いうちから良質なビタミンCを取り入れていきましょう。

くすみ予防や美白効果も高い

さらにビタミンCには、黒ずみの原因となるくすみや色素沈着を予防し、美白していくという働きもあります

多くの化粧品やコスメにビタミンCが豊富に配合されているのは、ビタミンCが持つ美白作用を利用するためです。

黒ずみの原因であるメラニン色素を美白、さらにメラニンが作られるのを予防することができるため、黒ずみケアにおいてはビタミンCは欠かせないということになります。

皮膚にハリやつやを与える抗酸化作用

ビタミンCには抗酸化作用という、肌老化を予防する働きもあります

肌の酸化は紫外線や排気ガスなどの外的要因だけでなく、ストレスや睡眠不足などの内的要因でも引き起こされるのです。

私達をとりまく環境は、どのシーンにおいてもストレスが科せられる事が多いものです。

寝不足になるくらいに忙しい生活や仕事をこなさなければならない時もあるのですから…

つまり、こうしたストレスなどから酸化が進行し、黒ずみを帯びる事で一気に老けこむ事になるのです。

肌が老化すると新陳代謝能力が弱まり、ターンオーバーを上手く行うことができなくなります。

肌代謝が低下し、ターンオーバーによって新しい肌細胞を作りだすことができなくなると、いつまでも黒ずみの原因であるメラニンが肌内部に残留…

さらに生成されるメラニンを止めることができずに黒ずみが深刻化していきます。

ビタミンCは肌の若々しさを保ち、皮膚にハリやつやを与え、そして肌が老化して黒ずみが深刻化してしまうことにブレーキをかけます。

ビタミンCはまさに、“若返りの秘薬”と呼ぶ人がいるくらい、アンチエイジング力の高い成分なのです。

紫外線ダメージを緩和する働きもある

最近は、地球の温暖化などの影響により、オゾン層の破壊などが懸念されていますね。

そのため、紫外線量が年々多く私達の肌に降り注いでいる事は間違いありません。

紫外線は、私達の肉眼では見えないため、シミやソバカス、シワなどのあらゆる肌悩みが出て、はじめて紫外線に対する危機感が生まれる事でしょう。

紫外線を浴びると黒ずみのもとであるメラニンが作られやすくなったり、肌の老化を招きやすくなったりします。

ビタミンCはこうした紫外線ダメージも緩和することができるのです。

肌に残るダメージを減らすことで、メラニンが生成されることを予防することができるビタミンCは黒ずみケアに欠かせません。

ビタミンCとともに配合される優れた成分にも注目!

ビタミンCは単独でも黒ずみに効果があります。

ですが、黒ずみケアクリームには、さらに効果を促進させるために様々な優れた成分が同時配合されているのです。

その成分もメーカーによって違いがありますが、メラニンを排出させやすくするビタミンEを同時配合させていたり、若返りのプラセンタエキスを配合させたりというものでしょう。

まとめ

このように、ビタミンCは黒ずみを解決するためのいくつもの美容効果があります。

ビタミンCを配合した黒ずみクリームを使用するということは、こういったビタミンCの美容効果を十分に得ることができるということです。

黒ずみケアを考えているのであれば、当然黒ずみクリームを選ぶことになりますが、その際には配合している成分の中にビタミンCを含んでいる黒ずみクリームを選ぶようにしてみましょう。

<<黒ずみケアクリームランキングはこちら!!>>