wakiatopifuku

アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥し、皮膚が炎症を起こすことから非常にかゆみをともないます。

掻き毟ってしまうことで肌を傷つけてしまいさらに炎症が進んでしまうというケースも多くあります。

アトピー性皮膚炎だと、脇の下もかゆみを生じる事が多々あり、脇の下を掻いてしまうことで黒ずみになってしまってい悩む人も非常に多くいます。

アトピーで脇の黒ずみが気になる時、いったいどのような方法で対処すべきなのでしょうか。

アトピーで脇が黒ずんでしまう原因

では、まずはじめにアトピーでどうして脇の下が黒ずんでしまうのかを見ていきましょう。

色素沈着

アトピーで脇が黒ずむ大きな原因は、色素沈着だといえるでしょう。

前述の通り、アトピー性皮膚炎は皮膚のかゆみが強いため、皮膚を掻き毟ってしまいます。

それが原因となり皮膚は炎症を引き起こします。炎症を引き起こした皮膚は、炎症性サイトカインという物質を作りだします。

炎症性サイトカインは、色素沈着の原因となるメラノサイトという細胞を非常に活性化させる働きがあり、メラニンが多く生成されるのです。

その結果、脇をはじめとする肌の黒ずみができてしまうのです。

黒ずみを改善するには

wakinokurozumi

では、アトピーによる脇の黒ずみを改善するためにはどのように対処したらよいのかを考えてみましょう。

ターンオーバー

皮膚はどんどん生産され、新しいものが生まれてきます。

古くなった皮膚は角質となり剥がれ落ち、新しい皮膚へとどんどん生まれ変わるのです。

この仕組みをターンオーバーと言いますが、メラニンを多く含んだ黒ずみの部分の皮膚も、このターンオーバーがしっかりとできていれば、どんどん新しい皮膚が作りだされ、メラニンを含んだ皮膚を排除することができます。

アトピーによる脇の黒ずみを解消するためには、このターンオーバーの働きを健全化し、より早くメラニンを含み黒ずんだ皮膚を排出するようにすることが大切なのです。

脇の黒ずみクリーム

tenituketakuri-mu

肌のターンオーバーをよりすみやかに行い、脇の黒ずみを早期に改善させるためには、脇の黒ずみクリームを利用することが非常に効果的です。

脇の黒ずみクリームは、肌を清浄、保湿、美白し、ターンオーバーをしっかりと促す、いわば肌の健康を取り戻すための成分が豊富に配合されています。

アトピーは肌の乾燥という問題がありますが、脇の黒ずみクリームは保湿という点を特に重視していますから、アトピーによる脇の黒ずみにも大きな効果を発揮することができるのです。

また、アトピーで乾燥しがちな脇の肌をしっかりと保湿することができれば、かゆみもおさまり掻き毟ってしまう頻度も極端に減少します。

これは、メラニンが作られる機会を大幅に減らすことにつながりますから、脇の黒ずみを解消するという点においては大きな後押しとなるでしょう。

まとめ

アトピーで脇が黒ずんでしまうと、おしゃれやレジャーを楽しむ気持ちや、色々な場面で積極的に行動することができなくなってしまいます。

脇の黒ずみクリームを上手に利用して、アトピーに負けないきれいな脇肌を手に入れましょう。

waki-care