気にはなるけれど、実際ケアしようとしてもどうしたらよいのかわからない脇の下の黒ずみ、美白効果のある化粧水を使ってみたらどうかと考える人も少なくありません。

顔用の美白化粧水には確かに美白効果のある成分が配合されているかもしれませんが、脇の下の黒ずみに使用した場合、その黒ずみを解消するような効果は得られるのでしょうか。

ここでは脇の黒ずみに対して化粧水が効果を発揮することができるのかどうか、脇の黒ずみに対して化粧水でケアするという方法に効果があるのかを見ていってみましょう。

美白化粧水による黒ずみケアの効果

最近では美白化粧水は種類も豊富になり、高い美白効果の得られる商品も増えてきています。

では、これらを用いて脇の黒ずみを解決することができるのかを見ていきましょう。

美白化粧水の成分と効果

美白化粧水は美白を主な目的としてつくられているため、黒ずみの原因であるメラニンにアプローチする成分が含まれています。

そのため、脇の黒ずみに対しても一定の効果が期待できるといえるでしょう。

しかし、脇の黒ずみがある部分の肌は、普段から制汗剤や脱毛などによる乾燥しやすい部分である事も確かです。

そのような乾燥した部分の黒ずみを美白化粧水でケアしようとすると、浸透力が特に高くなければ黒ずみのある角質層まで成分が届かないという問題も考えなければなりません。

また、刺激のある成分は、脇というデリケートな部分をケアする際には適していません。

顔用の美白化粧水には多くの場合、アルコールが配合されています

脇の下に安易に化粧水をつけると、アルコールの刺激で肌トラブルをおこしたり、アルコールが揮発する段階で脇の下の肌の水分まで蒸散させてしまい、脇肌がさらに乾燥する原因となります。

さらにトラブルをおこしやすい状態になるだけでなく、そのせいで黒ずみが悪化してしまうという可能性も秘めているのです。

脇の下に使う美白化粧水には、美白力が強力でありながらも肌には優しくなければならないという難しい両局面が実現していなければなりません

保湿効果は必要不可欠

脇の黒ずみを解消するためには、保湿効果は非常に重要になります。

保湿をして肌の状態を健康にしておかなければ、ターンオーバーがうまくいかず、メラニンや老廃物によって黒ずんでしまっている肌細胞を排出することができないからです。

メラニンについては、「メラニン色素と黒ずみの関係は?美白して黒ずみを解消するには?」でもくわしく説明しています。

どんどん新しい細胞を作りだし、黒ずんでいる部分の肌を排除していくことによって黒ずみを解消するためには、保湿が必要不可欠です。

では、美白化粧水で充実した保湿をすることが可能なのでしょうか。

この点を考えると、美白化粧水の保湿力では不十分だといえるでしょう。

黒ずみがある部分のデリケートゾーンの肌は、非常に乾燥が進行しているため、かなり徹底した保湿が必要になります。

保湿力という点において考えると、美白化粧水の保湿力では足りず、黒ずみ解決という効果は弱いといえるでしょう。

黒ずみケアの目的で美白化粧水を使用するという場合は、乳液などを用いて保湿し有効成分がしっかり浸透するようにしましょう。

脇の黒ずみには黒ずみケアクリームが最適

上記のように、美白化粧水では脇の黒ずみに対して、十分な効果があるとはいえません。

脇の黒ずみに悩んでいるのなら、黒ずみ専用の黒ずみケアクリームを使用するべきだといえるでしょう。

脇の黒ずみの原因にしっかりと対処することができる上、色々なメリットもあります。

脇の黒ずみに黒ずみケアクリームが良いわけ

脇の黒ずみに黒ずみケアクリームがよいのには、以下のような理由があります。

  • メラニンにアプローチするだけでなく角質柔軟効果もある
  • 保湿効果で脇肌のコンディションもアップ
  • 黒ずみのある部分にも高い浸透力でしっかりじっくり浸透
  • 化粧水と違って脇の下がびしょびしょにならない
  • 新陳代謝がアップし黒ずみのある角質をすみやかに排出

まとめ

脇の下の黒ずみに悩んでいたら、自己判断で化粧水などのコスメを選ぶのではなく、しっかりと黒ずみに対処するために作られている黒ずみケアクリームを使うこと、それが最も効率よく脇の黒ずみを解消する道へと進む事ができる方法です。

誰に見られても恥ずかしくない脇の下を目指すなら、ぜひ黒ずみケアクリームを継続して使っていくようにしましょう。