人間の肌の色は、人種や住んでいる地域、祖先などによって遺伝的にある程度決定しているといえます。

メラニンの多い肌質を持つ人は、メラニンの少ない人に対して脇の下が黒ずみやすいということも事実です。

しかし、黒ずみやすい肌質をしていたとしてもあきらめる必要はありません。

メラニンにしっかりアプローチすることができる黒ずみケアクリームを使えば、しっかりと黒ずみを解消し肌本来の色を取り戻すことができるのです。

親に黒ずみがあれば、覚悟も必要!

自分の親や、祖父母など、広い範囲で家系を見てみると、脇の下をはじめとした、体のあらゆる部位に黒ずみやすい要素を持っている人がいるかもしれません。

こうした人が何人かいれば、自分の体にも脇が黒ずむという遺伝子が含まれている事も覚悟しましょう。

その時に、「あー、家系だから私も脇が黒ずみやすいんだ、仕方がないか、ショック…」

「友達の家系は色白家系なのに、自分は、地黒家系で損した気分」など、思うところはあるでしょう。

たしかに男性ならまだしも、女性の場合、脇のムダ毛処理をはじめ脇の黒ずみはオシャレの妨げにもなるため、遺伝とは理解しつつも、何とかしたいものですよね。

ムダ毛処理については、「脇の埋没毛はどうしてできる?脇の埋没毛の原因と対処法」でもくわしく説明しています。

はたから見れば、脇の黒ずみが遺伝なのかそうでないのかは、関係ありません。知らない人から見れば、脇の下の黒ずみをあまり好ましくないと思われることもあるのです。

ですが、そうした遺伝だから仕方ないという諦めや逃げは禁物です。

「遺伝かもしれない」と思う気持ちがあるほど、前もって脇の下の黒ずみ対策ができるのため、逆にチャンスという気持ちになりましょう。

遺伝による脇の黒ずみやすさチェック!

あなたの脇の黒ずみは遺伝要素が絡んでいるかもしれません!

以下の項目にチェックしてみましょう。

  • 親や祖父母が色黒である
  • 親族に、蚊に刺され跡や傷跡がなかなか治らないように代謝が悪い人がいる
  • 毛深い家系で、常に脱毛をしなければならない
  • 家系にアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を患っている人がいる

毛穴の大きさも遺伝する!

実は、遺伝するのは、メラニンの量だけではありません。

毛穴の大きさも遺伝してしまうのです。

毛穴については、「毛穴の黒ずみ・角栓の解消方法とおすすめのケアランキング」でもくわしく説明しています。

毛穴が目立つ人、目立たない人がいると思いますが、毛穴が目立たない方が、黒ずみも目立たなくなります。

なぜなら、毛穴周りは老廃物が蓄積しやすかったり、毛穴周りにメラニンが蓄積しやすかったりする部位でもあります。

特に脱毛した後の毛穴はガランと開きっぱなしという状態が続いてしまうため、もともと遺伝により毛穴が大きめの人は、脇の下の毛穴も大きいと考えて、早くから対策をしましょう

毛深さも遺伝的要素

実は毛深いという悩みも、遺伝的要素が関係している事があります。

特に、女性の脇の下が毛深ければ、セルフで脇毛を抜いたり剃ったりと脇の下に脱毛の刺激を与えるでしょう。

そうなれば、脇の下はメラニンが活性化して黒ずみがひどくなります。

一方で、遺伝による毛深さに悩まされていない人は、脱毛の機会も少なく、脱毛での刺激による黒ずみリスクは少ないと言えます。

代謝やターンオーバーも遺伝する!?

「脇の下の黒ずみが遺伝では?」と疑わしい時に、もう一つ遺伝要素が絡んでいるケースがあります。

それは、代謝が悪かったりターンオーバーが悪かったりする点です。

これらの肌の生まれ変わりのサイクルである、ターンオーバーも遺伝する事があります。

親の肌質が地黒である場合の他に、キズ跡がなかなか治らなかったり、蚊に刺され跡がなかなか治らなかったりするケースでは、ターンオーバーが乱れやすい肌質だと予測されます。

そうした遺伝要素も子に遺伝していれば、メラニンの排出が鈍い肌質だと思われ、脇の下の黒ずみもなかなか緩和されなくなるでしょう。

アトピー体質も遺伝しやすい!?

脇の黒ずみは、アトピー性皮膚炎によりかきむしる事でも発生しやすくなります

体の中でも、特に皮膚が薄い部位ですので、かけばかくほど、脇の下はバリア効果が乱れて黒ずむ傾向にあるのです。

また遺伝的な見方をすれば、親のどちらかがアトピー体質の場合、子に遺伝する確率は約30%とも言われています。

さらに、両親ともアトピー体質であれば、さらに遺伝確率の高い50%となります。

少なからず、アトピー性皮膚炎が子に遺伝する確率は間違いなく高いと言えるでしょう。

脇の下の黒ずみは、メラニンだけではなく毛穴の大きさや皮膚疾患等あらゆる遺伝的要素とも関係しているということは間違いありません。

脇の下の黒ずみが遺伝しないと安心しないで!

脇の黒ずみは、遺伝性も考えられますが、遺伝性がない事もあります。

これは、脇の黒ずみが生まれた時から目立つ人もいれば、後の生活習慣により突然脇の下の黒ずみが発症する人もいるということです。

まさに、先天性か後天性の違いとも言えるでしょう。

また、先祖歴代色白家系なのに、突然変異で地黒になったり脇の下黒ずみが発生しやすくなったりするかもしれません。

こうした黒ずみリスクは、いつもつきまとう事を忘れてはいけません。

ですから「自分は色白で、親も祖父母もみんな色白、黒ずみ知らずだから自分も大丈夫」だなんて安心はできません。

生活の仕方や脱毛の仕方によっては、遺伝に関係なく脇の下が黒ずみやすくなることもあるため油断は禁物です。

遺伝による黒ずみも黒ずみケアクリームでケアできるわけ

遺伝によってメラニンの生成量が多く、脇が非常に黒ずみやすいという人は、脇のムダ毛処理をしたりする前からしっかりとメラニン対策をしておくことが重要です。

また、メラニンに代わって脇の下に色素沈着が起こりすでに黒ずんでしまっている人でも、さらなるメラニンの生成を抑え、肌の再生力を促進する黒ずみケアクリームの効果をもってすれば、キレイな肌に戻すことができます

メラニンの生成を根本から遮断、メラニンを作らせない

黒ずみケアクリームの成分の中には、肌の奥深くに浸透して、メラノサイトが刺激されてメラニンが作りだされるという働きを抑制することができる成分が配合されています。

遺伝的にメラニンの量が多い人であっても、根本からメラニンを作らせないという効果によって脇の下の黒ずみを作らせない、これ以上悪化させないというスキンケアが実現します。

できてしまったメラニンを効率よく美白

遺伝的に黒ずみやすい人の場合は、脇の下も黒ずみやすい肌質のためにすでに色素沈着が起こり黒ずみになってしまっているということもあるでしょう。

しかし、このような黒ずみがすでにあるという肌でも、今あるメラニンを美白する効果のある黒ずみケアクリームを使う事で、黒ずんだ脇の下を美白していくことができます。

メラニンを薄くしていくには非常に高い美白効果が必要となりますが、黒ずみケアクリームはそもそもメラニンによる黒ずみをきれいにするために開発されたクリームなので、特に頑固な黒ずみの原因であるメラニンもしっかりと美白していくことができるのです。

肌環境を正常化し、メラニンを含む肌細胞をすみやかに排出

黒ずみケアクリームには、保湿、美白、肌再生などさまざまなスキンケア効果があります

遺伝による脇の黒ずみを解消するだけでなく、脇の下の肌の環境も正常化していくことができます。

脇の下の肌が健康になる事で、メラニンを含む古い肌細胞の排出を促し、キレイな新しい肌細胞をどんどん生みださせることができるようになります。

そして、より早くよりきれいに脇の下の黒ずみを解決の方向へと向かわせてくれます。

まとめ

遺伝でメラニンが多く脇の肌が黒ずみやすいとしても、決して美しい脇の下をあきらめる必要はありません。

黒ずみケアクリームを利用することによって、必要のないメラニンに対してしっかりと対応し、肌本来の美しさを取り戻すことができるのです。

遺伝で脇が黒ずみやすい人は、特にしっかりと黒ずみケアクリームを活用するようにしましょう

遺伝だからと自信を失くす必要はありません。