脇の下の皮膚は他の体のパーツの皮膚と異なり、非常に薄くてデリケートにできています。その上黒ずみになりやすいさまざまな要因にもあふれていて、とくにかゆみを感じるようになると黒ずみのもととなるリスクが向上してしまいます。

脇の黒ずみを作りだしてしまう原因のかゆみについて詳しく見ていくことにしましょう。

 脇がかゆみを持つ主な原因

まずは、脇の下がどうしてかゆみを持ってしまうのか、その原因やメカニズムを見ていくことにしましょう。脇の下のかゆみを生み出す原因を知ることで、脇が黒ずむ根本原因に注意して生活していくことができるようになります。

 脇のムダ毛の脱毛がかゆみにつながる

脇の下のムダ毛を処理する方法はいくつかありますが、脇の下の肌にダメージを与えるような処理方法をとってしまうと脇のかゆみにつながっていってしまいます。

脇の下のムダ毛処理は、女性であれば誰でも経験するもの、キレイになりたい一心でムダ毛を処理するという事が、逆に脇の黒ずみを作りだしてしまっているのです。

カミソリによるムダ毛処理

カミソリで脇のムダ毛を処理する場合、表面の皮膚まで一緒にそり落としてしまっています。カミソリ負けなどはその典型的な症状で、その他にも出血をしてしまうほど肌にダメージを残してしまう場合もあります。

また、血は出ていなくてもひりひりして痛い、かゆい、赤くなって炎症を起こすなどの症状もあり、カミソリによる肌負担は計り知れません。

こういったカミソリによるムダ毛処理の肌負担はメラニンの排出を促進させ、脇の黒ずみにつながっていってしまいます。

 毛抜きによるムダ毛処理

カミソリ同様に脇の下や脇の下に存在している毛穴に大きな負担をかける脱毛方法が、ムダ毛を無理矢理毛抜きで引き抜く方法です。

毛穴に大きなダメージが残るため、毛穴自体に色素沈着が起こり脇の下の黒ずみになります。それ以外にも毛穴周辺の組織も傷つき、黒ずみの原因となるメラニンが増加、脇の下がくすんで見えるようになります。

 脱毛クリームやテープ、その他の脱毛方法

脇の下のムダ毛の自己処理方法として、上記以外にも脱毛クリームやテープ、脱毛器による脱毛方法などさまざまなものがありますが、どれもみな脇の下の肌には何らかの影響があります。

 脇汗に対する制汗剤が刺激となりかゆみにつながる

脇の下には非常に多くの汗腺が存在していて、汗をかきムレやすい場所でもあります。汗でつねに湿った状態の脇にはたくさんの菌が繁殖し、脇の下のにおいへとつながります。

 制汗剤に含まれている化学物質

こうした脇のにおいをケアするために多くの人が用いているのが制汗剤ですが、制汗剤は化学物質の力を利用しています。

本来であれば汗を排出するためにある汗腺にフタをして汗が出ないようにする、汗を殺菌消臭してにおいを予防するなど、制汗剤によって効果効能はさまざまですが、化学物質である以上、肌への刺激やダメージは避けることができません。

肌刺激やダメージがあるということは、それだけで黒ずみの原因となるメラニンを作りだすということになります。

 脂漏性皮膚炎が脇の下のかゆみにつながる

脇の下は汗腺が集中していて、非常に汗が多く分泌されます。分泌された大量の汗とともに、皮脂もたくさん分泌されるのが脇の下の特徴でもあります。

この分泌された皮脂は、肌の常在菌によって分解されますが、その際に遊離脂肪酸という物質を生みだします。この遊離脂肪酸は肌に炎症を起こし、脇の下のかゆみを生みだすことがあるのです。

皮膚の炎症で脇がかゆい、そして掻き壊してしまう

脇の下の皮膚が炎症を起こしていると、気が付かないうちに掻いてしまったり、衣類などの刺激によってかゆみや炎症が増幅してしまったりします。

このような大きな肌ダメージがあると、肌は自分自身を守るためにたくさんのメラニンを生成、その結果脇の下が黒ずんでしまうということになるのです。

 古い角質や老廃物、垢が溜まりやすいうえに、洗い流し忘れがあることが多い

脇の下はシャンプーやボディソープなどの洗浄剤の洗い流しもれが多い場所で、そういった残留洗浄剤の成分によってかゆみを生じることも多くなっています。

その他にも脇の下という閉ざされて見えにくい場所のため、古い角質や老廃物などの垢を落としきれていないということも多いです。

こうしたものが蓄積して肌に炎症を起こしかゆみを生みだしているというケースも珍しくありません。

 脇のかゆみによる黒ずみには黒ずみケアクリームが最も効果的

上記のようにさまざまなかゆみの原因が存在している脇の下、しっかりとケアしていくうえでマストアイテムになるのが黒ずみケアクリームです。

肌の状態を正常にして黒ずみのもとを美白するだけでなく、かゆみの原因となる皮膚炎や肌トラブルもしっかりと予防していくことができます。

さらにムダ毛処理による肌ダメージを最小限に食い止めることができるため、脇のムダ毛処理をする際には必ず使用したいのが黒ずみケアクリームとなります。

まとめ

脇の下のムダ毛処理は、身だしなみとしてしっかりとしておきたいものですが、同時にきちんと黒ずみケアに対する対策もしておかなければ、せっかくきれいになるためにするムダ毛処理が逆効果に終わってしまいます。

脇の下の黒ずみやかゆみが気になる時、そして脇の下のムダ毛処理をするという時には、必ず黒ずみケアクリームを利用して、徹底した肌ケアをしていくようにしましょう。