気が付かないうちに脇の黒ずみが目立つようになり、コンプレックスに感じてしまっているといった経験はありませんか?

脇は目立たないため、自分でも普段はあまり気にしない体の部分です。

そのため、ケアをおろそかにしたり、ケアすること自体を忘れている人が多いのかもしれません。

しかし、脇は摩擦が加わる機会が多い部分であり、毛穴も集中しているためムレやすく、非常に刺激やダメージを受けやすい肌の部分であるといえます。

そんな脇という肌の性質上、普段から気にかけてしっかりとしたケアをしなければ、黒ずみの原因となってしまうなどの肌トラブルを回避することは難しくなります

脇が黒ずんでしまって悩んでいたら、いったいどのような対処方法を取るべきなのでしょうか。

また、脇の黒ずみに対してはどのようなクリームが有効なのでしょうか。

こちらのページで詳しく解説致しますので、脇の黒ずみの原因を知って、予防や対策方法を実践してみてください!

まずは、脇の黒ずみケアの中でも特に人気のあるクリームを、ランキング形式で紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

脇の黒ずみケアクリームランキング!

rank1aピューレパール
エステ級の潤い成分を凝縮した「脇の黒ずみ」対策ジェル誕生!

  • トリプルヒアルロン酸、コラーゲン、天然ビタミンEなどの7大成分でたっぷりの潤いと保湿
  • 美白に優れた水溶性プラセンタエキス使用
  • 成分をナノ化し固い角質にもスーッと浸透
  • 2015年モンドセレクション銀賞受賞
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,600円→4,750 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank1a薬用アットベリー
脇の黒ずみとニオイの悩みを同時に解消!!

  • アットベリー独自のトリプルサンド方式ケア
  • 肌の黒ずみケア部門で5冠達成
  • 5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分+ニオイケア
  • 美容成分97.8%配合、敏感・乾燥肌でも使える
  • 満足度93.1%、180日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
5,440円→2,980 60g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank1aパイナップル豆乳ローション
黒ずみとムダ毛を同時にケアできる!

s-pineapple1

  • 脇の黒ずみ、ムダ毛をケアする化粧水
  • 毛穴をひきしめて、気になる黒ずみを解消
  • 「かんたん」「やさしい」ムダ毛処理
  • 純度の高いイソフラボンが角質層まで浸透し透明感のある美肌に
  • シリーズ累計販売本数340万本突破!
  • 30日間返金保証
価格 内容量
8,100円→5,400 100mL×3本/約90日分
kousikikotira1

kuwasikukotira

rank4aクレアフォート
脇の黒ずみに史上最高級の濃密美白!

s-cleafort1

  • 肌に優しい19種類の天然由来成分配合
  • プルーン酵素分解エキスでメラニンのとりこみを抑制し、カモミラエキスがメラニンの排出をサポート
  • 生コラーゲンとスターフルーツ葉エキスが糖化を抑制してハリと透明感のある肌へ
  • 満足度96.8%、120日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
8,600円→4,960 30g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

イビサクリーム
日本で一番人気のある黒ずみケア用クリーム!

  • 美白効果のある薬用成分が脇の黒ずみをケア
  • 植物成分がメラニンの生成をストップしてお肌を理想的な状態に整える
  • 化粧品にしか見えないデザイン、オールシーズン対応、コンパクトサイズ
  • 顧客満足度96.7%、28日間返金保証
  • 無添加・日本製・医薬部外品
価格 内容量
7,000円→4,470 35g/約1ヶ月分
kousikikotira1

kuwasikukotira

脇の黒ずみセルフチェック

脇の黒ずみは生活習慣と深く関わっています

以下のチェック項目に1つでもあてはまるものがある人は、脇の黒ずみに注意する必要があるかもしれません。

  • 定期的にむだ毛処理をしている
  • きつめの下着や服などで脇をしめつけている
  • 脇用ファンデーションやデオドラント商品を使用している
  • 永久脱毛をした
  • 妊娠出産の経験がある
  • 脇をナイロンタオルなどでゴシゴシこすって洗っている
  • 乾燥や汗などで脇に痒みを感じることがある

それぞれの生活習慣が脇の黒ずみにどのようにつながっていくのかを見ていきましょう。

脇の黒ずみの原因

まずはじめに、脇の黒ずみの原因、脇の皮膚が黒ずんでしまう原因をご紹介します。

脇の黒ずみの原因をしっかりと理解して、脇の黒ずみを予防したり回避したりするための知識を得ておきましょう。

脇の黒ずみには、大きく分けて3つの原因があります

メラニン色素の沈着

脇が黒ずむ原因としてまずあげられるのが、メラニン色素の沈着です。

メラニン色素はもともと体内にある物質で、肌表面を紫外線や外部刺激から守る役割があるものです。

では、どうして脇にメラニン色素が集中して黒ずんでしまうほどの防御反応を起こしてしまうのでしょうか。

防御反応を起こす原因はいくつかあげられます。

妊娠・出産などのホルモンバランスの変化

女性の体調はホルモンバランスに左右されやすいものです。

特に妊娠、出産などホルモンバランスが大きく変化するときにはメラニン色素も作られやすく、それが沈着して黒ずみになりやすくなります

紫外線

ふだんは腕で隠れているため日光に当たることはないと思われがちの脇ですが、アスファルトの照り返しなどで知らず知らずのうちに紫外線の影響を受けていることがあります。

特にノースリーブを着る季節には、脇の紫外線対策を怠らないようにしましょう。

物理的刺激による黒ずみ

脇は体の中でも非常に多くの外部刺激を受ける場所であるといえます。

外部からの物理的刺激を受けやすい脇は、メラニン色素が集中して集まりやすく、またメラニン色素を作りやすい環境ともいえるのです。

肌の摩擦や下着、服などの刺激

さらに、脇は肌が密着していたり、腕を動かすたびに肌がこすれる場所でもあります。

また、下着や服で常に摩擦を受けているといっても良いでしょう。

この刺激が原因となり、メラニン色素が沈着しやすくなります。

化粧品やデオドラント商品から受ける刺激

また、脇の下のにおいやムレを抑えるために使用するデオドラント商品や化粧品なども刺激になってしまう場合があります。

肌に合うものであれば良いですが、肌に合わずに過敏な反応を示してしまったり、使用した化粧品やデオドラント商品を落とさずに残してしまうことによって刺激を受けるという場合もあります。

永久脱毛

レーザー脱毛などの永久脱毛施術後の肌は、とてもデリケートでダメージを受けやすい状態になっています。

そこで保湿などのケアを怠ってしまうと、脇の肌が乾燥してダメージを受け黒ずみにつながってしまう場合があります。

脱毛後は特に念入りなケアが必要です。

間違った洗い方

脇の黒ずみをきれいにしようと、ナイロンタオルなどでゴシゴシするのは逆効果です。

脇の肌を傷つけてしまい、さらに黒ずみがひどくなってしまいます。

体の他の部分と同様に、優しく洗いましょう。

残ってしまった古い角質や皮脂汚れのつまり

次に、脇の黒ずみの原因としてあげられるのが、古くなった角質が残ってしまったり、皮脂汚れが溜まっておこるものです。

脇は毛穴や皮脂腺が集中しているうえ、洗うことを怠りがちな場所です。

薄くてデリケートである上に、代謝がよく汗をかきやすい場所でもあるという特性を持っていることから、黒ずみができやすいのが脇の下なのです。

汗や皮脂の分泌が盛ん

脇の下は汗腺が非常に発達して、皮脂の分泌が多い場所です。

そのような場所であるため、古い角質や皮脂がたまりやすくなっています。

制汗剤などにおおわれる

脇の下に使用される制汗剤は、しっかりと洗い落とさなければ、皮膚の上に残ってしまい、脇の下の古い角質や皮脂を覆ってしまいます。

そうなると古い角質や皮脂を落としにくくなり、肌の上に残ってしまいます。

特にワキガの人は、ワキガ臭対策として使用するデオドラント剤の洗い残しが黒ずみの原因になっている場合があります。

埋没毛

最後に、脇の黒ずみの原因としてあげられるのが埋没毛です。

埋没毛とは脱毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことです。

これが黒いブツブツに見えるので黒ずみとして認識されるのです。

脇毛のムダ毛処理

埋没毛の主な原因は脇毛の自己処理で、特に以下のような方法での脱毛が埋没毛につながりやすくなります。

毛抜き
剃刀
ブラジリアンワックス
脱毛テープ

これらの方法で脱毛して傷ついた毛穴は、かさぶたや角質で埋まってしまいます

その結果、毛が皮膚から生えることができず、皮膚の中で育ってしまうのです。

脇の黒ずみの応急処置

脇の黒ずみをどうしても一時的に隠したいという場合の応急処置方法をご紹介します。

ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品

脇用ファンデーションなども販売されており、これらの化粧品を用いて黒ずみに対する応急処置を行うのは一般的な方法ではあります。

ただ、使用後はクレンジングなどを使って必ずきれいに洗浄し、洗い残しのないように気をつけましょう

このようにして残った皮脂汚れが、酸化して黒ずみになる場合が多いからです。

ベビーパウダー

軽い黒ずみなら、ベビーパウダーを肌になじませることで隠すことができます。

ただ、ファンデーションなどと同様、使用後はきれいに洗い流すことを忘れないようにしましょう。

脇の黒ずみを治す方法

wakisirobijin

では、さまざまな原因によってできてしまう脇の黒ずみにどのように対処していったらよいのか、その方法について解説していきます。

皮膚科や美容皮膚科

皮膚科や美容皮膚科で黒ずみを治療するには、主に次の2つの方法があります。

レーザー治療と塗り薬による治療です。

レーザー治療

メラニンに対してレーザーを照射し、メラニンを含む細胞そのものを破壊して黒ずみを消すという方法で、肌への負担は大きくなります。

効果の表れ方に個人差があることや、治療費などの経済的な負担があることも考慮して始めるべき治療法です。

塗り薬

ハイドロキノンやトレチノイン

ハイドロキノンやトレチノイン高い美白作用により、黒ずみをケアする定番の処方薬です。

副作用や使用上の注意点を理解し、医師による処方のもと適切に用いることで、黒ずみに対する効果が期待できます。

ヒルドイド

ヒルドイドはアトピーの治療に使われる医薬品です。

主成分であるヘパリン類似物質に高い保湿力と血行促進作用があるため、傷跡や黒ずみに効果が期待できます。

生活習慣の見直し

脇の黒ずみを少しでも改善するためには、日常生活の中で気をつける点がいくつかあります。

少し気をつけることで、黒ずみの症状を改善することができます

ここでは、普段の生活の中でできる脇の黒ずみを改善する方法、脇の黒ずみを予防する方法をご紹介します。

少しでも実践することで、脇の黒ずみを軽減することにつなげていきましょう。

脇の下に刺激を与えるような衣類を避ける

脇は、衣類の摩擦を非常に受けやすい場所です。

きつい服や肌に合わない素材の服、ムレるような衣類を着ないように気をつけるだけで、脇にかかる衣類の刺激を抑えることにつながります。

脇の下の汗をこまめに処理し、肌を清潔に保つ

wakiwokomamenifuku

前述の通り、脇は汗腺が非常に発達し汗をたくさんかく部分です。

そしてその汗は脇の下で細菌などと反応し、不衛生な状態を作りだす要因ともなります。

こういったことで皮膚刺激となり脇の黒ずみの原因を作りだしてしまうこともあります。

脇の下の汗をこまめに拭いたり乾燥させたりして適切に処理し、肌を衛生的に、清潔に保つようにしましょう。

そういった状態にしておくことで、汗による不衛生、細菌の繁殖からの皮膚刺激を予防することにつながります。

ムダ毛の自己処理はなるべくやめる

脇毛の処理は、脇の黒ずみの大きな原因となっていることはおわかりいただけたかと思います。

脇の下の皮膚は非常に薄くデリケートなので、ちょっとした脇毛処理が埋没毛を生み、それが黒ずみになってしまうのです。

自己処理はせず、サロンに行って肌の保護を行いながら脱毛するようなコースを選ぶようにすると良いでしょう。

サロンなどに行けない場合は、女性用の脱毛クリームや女性専用脇毛処理のカミソリなどを使う方法もありますが、回数を重ねるとダメージが多くなるので気をつけましょう。

さらに、処理後の肌のケアも非常に重要になる事を忘れてはいけません。

脇の下の肌の保湿

肌は乾燥すると自己防衛反応からメラニンを作りだしやすくなります。

脇の下の皮膚も同様に、乾燥してしまうと肌が自らを守ろうとしてメラニン色素を増やすのです。

脇の下の肌もしっかりと保湿していけば、乾燥による肌トラブルが原因のメラニンを作らせないようにできます

また、保湿することによって肌のコンディションが良くなると、肌のターンオーバーが促進され、黒ずんだ部分を修復、再生する能力もアップさせることができるでしょう。

制汗剤の使用後は、洗浄の徹底を

女性であればほとんどの人が使用したことがあるであろう制汗剤も、脇の下の黒ずみの原因となってしまう場合があります。

脇の下の制汗剤は脇の皮膚を覆い、古い角質や皮脂を残しやすくしてしまうだけでなく、洗い残しなどが肌刺激を引き起こす原因ともなります。

制汗剤を使用した日は、しっかりと洗浄して成分を脇に残さないように心がけましょう

また、昨今流行しているロールオンタイプの制汗剤も、ロールオン自体が肌に刺激を与えることになります。

使用する際には頻度や成分など十分注意が必要です。

薬局で買える市販品

薬局で買える以下のような市販品を用いて、黒ずみを薄くするという方法があります。

ただし、どの方法も黒ずみの原因であるメラニンに対して効果を発揮するものではないため、根本的な解決方法ではないことを理解しておきましょう

オロナイン

擦り傷や切り傷、軽いやけど、水虫などに至るまでの皮膚疾患や外傷を治療することができる殺菌消毒薬です。傷を殺菌消毒することで、黒ずみになるのを防ぎます。

 

 

重曹

重曹と水を混ぜてペースト状にし、膝をパックしてパックやマッサージクリームとして使用する方法です。重曹の研磨力を利用して、古い角質を除去していきます。

 

 

ワセリン

昔から愛用されてきた保湿成分です。高い保湿力で、黒ずみになりにくい肌づくりをサポートしてくれます。

 

 

馬油

スキンケアや頭皮ケアによく使われる、保湿効果と炎症沈静効果が高い成分です。
ワセリン同様、黒ずみになりにくい肌作りをサポートします。

 

 

美白化粧水や美容液

美白成分が入った化粧水や美容液などを使用するという方法も良いかもしれません。

メラニン色素の沈着を抑えたり、メラニンの生成を抑制する美白化粧品は、脇の黒ずみに対しても一定の効果があるといっても良いでしょう。

しかし、顔の肌とは異なるため、肌に合わない場合には逆に肌刺激になってしまう可能性もあります

ピーリングジェル

脇の黒ずみは、古くなった角質や皮脂などの老廃物がたまっているという場合も多いため、ピーリングをして古くなった角質や老廃物を落とすことでも改善できます

しかし、脇の肌は薄くて繊細なため、ピーリングをする際にもあまり強すぎる成分ではない物を選びましょう。

黒ずみ専用石鹸

脇の黒ずみに対して、黒ずみ専用石鹸でケアするという方法です。

ただ、石鹸は洗い流してしまうため、浸透しにくいというデメリットがあります。

黒ずみケアクリーム

自分の生活の中で脇の黒ずみを解消するための方法を試し、さらにきれいに脇の黒ずみを解消するためには、脇の黒ずみケアクリームが最もおすすめの方法です。

上述のように黒ずみ対策にはいろいろな方法がありますが、完全に脇の黒ずみを解消するのは難しいことです。

しかしそういった方法に脇の黒ずみケアクリームを加えることで、悩んでいた脇の黒ずみが本当にきれいになり、自信を持って脇のあいた服を着たり、人前で手をあげることなどもできるようになります。

黒ずみケアクリームの効果とその成分

数多い黒ずみへの対処方法の中で、黒ずみケアクリームが黒ずみに最も効果的なのはなぜなのでしょう。

ここでは、黒ずみケアクリームが脇の黒ずみに最も効果的な理由をその成分とともに検証していきます。

黒ずみの原因をトータルケアできる

脇の黒ずみケアクリームを使えば、脇が黒ずむ原因となる要素に対して、トータルに対処することができるようになります。

脇の下の肌を乾燥から守る保湿、刺激に強く、健康な肌へと導くターンオーバー、メラニン色素の生成を抑制する美白対策、脇の下の肌の清潔を守るなど、黒ずみケアクリームを使うことで脇の黒ずみの原因となる肌トラブルすべてに対してのトータルでケアが実現するのです。

いくつもある脇の黒ずみの原因に対して一挙に対応できる、それが脇の黒ずみケアクリームの最大の利点だといえるでしょう。

経済面負担が軽く、時間的にもラク

脇の黒ずみに対処する方法として、エステなどに通うという方法もありますが、そのためには莫大な費用がかかります。

それに対して脇の黒ずみケアクリームならば、費用の面でも負担を強いられることがありません。

さらにエステなどに通うとなると、時間的な都合をつけて回数を重ねなければなりません。

脇の黒ずみケアクリームで対処する方法は、時間的な都合をつける必要も無く、自分で手軽に対処できるというメリットもあります

無理なく続けられるという条件が重なる黒ずみケアクリームなら、長期的なケアが必要な脇の黒ずみに対して

黒ずみケアクリームの成分

では、脇の黒ずみに高い効果のあるクリームは、どのような成分を配合しているものを選べばよいのでしょうか。

ここでは、脇の黒ずみ対処するために選びたい脇の黒ずみケアクリームをご紹介していきます。

保湿成分が充実している

脇の下の肌を健康に保ち、代謝を促進させるために、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分を配合している脇の黒ずみケアクリームを選ぶようにしましょう。

美白成分が充実している

脇の黒ずみをケアするために配合している美白成分も重要になります。

プラセンタやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されている脇の黒ずみケアクリームを選ぶようにすると、メラニンの生成を抑制し、すみやかに黒ずみを解消することにつながるでしょう。

菌の繁殖を抑える成分が充実している

脇のにおいや菌の繁殖を抑え、肌刺激を抑制することも脇の黒ずみ対策としては必要なことです。

脇の黒ずみケアクリームにグリチルリチン酸ジカリウムや天然ビタミンE、クワの葉エキスなどが配合されていると効果的です。

まとめ

脇の黒ずみは、季節によっては非常に大きなコンプレックスとなってしまい、おしゃれやお出かけなどに支障をきたすだけでなく、自分にとっての自信も失ってしまう原因となります。

脇の黒ずみケアクリームは、そんなコンプレックスをすみやかに解消し、自信を持って肌を出すことができるような夢を叶えてくれる美容ツールなのです。

脇の黒ずみが気になって隠してばかりいるのではなく、今すぐにでも脇の黒ずみ対策用のクリームを活用して、自信のある脇肌を手に入れるためのケアを始めてみましょう