ninnpudewakimieteru

妊娠中は、妊娠前には思いもよらない体にさまざまな変化があらわれます。

お腹が大きくなるだけではなく、体におこるさまざまな変化の中でも多くの人が悩むのが、脇の下が黒ずんでくるというトラブルです。

誰かに相談するということが難しく、他人と比較することもできないため、どうしたらよいのか悩んでいる人が多いでしょう。

そこで妊娠すると目立つようになる脇の黒ずみについて、その原因と解消法をまとめました。

妊娠すると脇が黒ずむ原因

妊娠して脇が黒ずんでしまう原因としては、妊娠したことによってホルモンバランスに非妊娠時とは異なる大きな変化があらわれること、そしてホルモンの分泌量が急激に変化することという点が挙げられます。

女性ホルモンが影響している

妊娠すると妊娠を順調に継続していくことができるように、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが急激に分泌量をアップしていきます。

大切な赤ちゃんをさまざまな外部刺激や危険から守るため、これらのホルモンは母体と赤ちゃんを守るためのさまざまな役割を果たしていきます。

その働きの一つに、メラノサイトというメラニン色素を作りだす色素細胞を活性化させ、肌内部のメラニン色素を増加させるという働きがあります

これは外部刺激に強い肌を作ったり、バリア機能をアップさせるための自然な現象になりますが、これによって脇の下など元々メラニンの量が多く黒ずみやすい部分の色素沈着が目立つようになるのです。

それ以外にも、黒ずみが目立つようになる部位として、シミそばかすが黒ずみを増す、乳首や外陰部なども黒ずんでくる傾向があります。

肌の新陳代謝が悪くなる

妊娠を機に肌の新陳代謝が悪くなります。

これが原因で、肌の生まれ変わりの周期も乱れ、メラニンを含む古い角質がなかなか剥がれ落ちずに、蓄積してしまうという負のサイクルがおきるのです。

妊娠していなければ通常のターンオーバーのサイクルで黒ずみにくいはずなのに、妊娠を機に新陳代謝が低下してしまうため黒ずみやすい肌になってしまうのです。

妊娠中の脇の下の黒ずみケア

妊娠中は、刻一刻と体は変化していきます。

脇の黒ずみも妊娠週数が増えていくとともにだんだんと濃くなっていって目立つようにもなるでしょう。

妊娠中はホルモン分泌のために、黒ずみを劇的に薄くしたり、色素沈着を解消していくことは難しくなるでしょう。

しかし、これは一時的なものであることが多く、妊娠して出産が終わり、授乳の頃になると徐々に薄くなるというケースがほとんどです。

妊娠中は生活習慣や心理状態もガラリと一変!

妊娠中に脇の下をはじめ、あらゆる部位が黒ずむのが、女性ホルモンによるメラニン生成や新陳代謝の低下などが関連している事が理解できました。

ですが、視点を変えてみると、まだ他にも妊娠中に脇が黒ずむ原因が見えてきます。

食生活

 黒ずみを発生しにくくするには、ビタミンCや、ビタミンB2、葉酸などの総合的な栄養が必要です。

これらの成分は、メラニン生成を抑制したり、代謝を良くしたりする働きがあるため、妊婦さんでなくともしっかり摂取する必要があるのですが、妊娠中は食生活が今までとは違ってくるでしょう。

なぜならば、妊娠初期に生じるつわり症状では、今まで大好きで食べていたものが食べられなくなるほど嗜好が変わるからです。

逆に黒ずみを悪化させてしまうような食べ物を、その期間だけ好んで食べてしまう事によって黒ずみを作ってしまう事があります

例えば、脂質の多いハンバーガーやポテトなどのファストフードばかりの食生活は、皮脂を多く分泌してニキビを誘発します。

それが脇の下にできると黒ずみとして産後も残る事になるでしょう。

睡眠

 妊婦さんは、お腹が大きくなるごとに寝返りがしにくくなって、睡眠が思うようにとれなくなるケースが多いです。

睡眠は肌の生まれ変わりのために要不可欠なものです。

特にゴールデンタイムなどとよばれる午後10時〜午前2時までの時間帯に質の良い睡眠がとれていないと、肌のターンオーバーが乱れ、脇の下のメラニンを含む古い角質が蓄積されやすくなり黒ずみが発生するのです。

運動

妊娠中は、ハードな運動をする事ができません。

全身運動は身体の血流を良くするため、代謝機能や、メラニン排出をスムーズにしてくれるでしょう。

ですが、妊娠中はこうした運動ができにいくため、メラニンがうまく排出されずに黒ずみやすくなります

肌が敏感になる事も!

妊娠中は、皮脂量も減少したりバリア機能も低下しやすくなったりするため、妊娠中に敏感肌になる妊婦さんがたくさんいます

敏感肌は時に痒みをもたらすため、知らず知らずのうちに掻き毟る行為をもたらしてしまうのです。

掻くという行為は、メラニンを活性化させてしまうため黒ずみをひどくさせてしまいます

特に脇の下は汗腺が多く、皮膚が薄いため、痒みが出やすくなります。

妊婦さんは風邪をひかないように厚着をして汗もかきやすくなるため、余計に黒ずみを誘発させてしまうでしょう。

マタニティブルーがケア意識を衰退させる!

妊娠中は肌状態だけでなく、精神的なダメージを受けやすくなります。

これを俗に言うと“マタニティブルー”などと呼ぶ人もいます。

マタニティブルーは、自分が味わった事のない体調や体型変化などに戸惑いを感じ、産後の不安などが入り混じった精神状態が引きがねになって生じるものです。

こうしたマタニティブルーにより、顔はもちろんのこと脇のお手入れなどにも手がまわらず、黒ずみがどんどんひどくなる事もあるのです。

妊娠中は、自分のお腹の赤ちゃんを第一優先に考える女性の母性本能が働くため、黒ずみどころではなくなるのです。

脇の黒ずみはケアによってその後の状態が変わる!

脇の下がいつもにまして黒ずみやすくなるのは、妊娠に伴う女性ホルモンの変化であり、一時的なものです。

ただしいくら妊娠に伴う一時的な脇の黒ずみであったとしても、全くケアをしないで放置してしまうと、出産後授乳をしているころになってもまだ脇の下が黒いままという場合も少なくありませんので注意が必要です。

授乳するころになってある程度の期間を経過しても黒ずんだままという場合には、徹底した黒ずみケアが必要になってきます。

そうならないように、妊娠中から黒ずみが気になるようであれば脇の肌の黒ずみ予防ケアをしておくべきだといえるでしょう。

妊娠期間中で黒ずむのが当然という状態でも、しっかりと黒ずみを解消するクリームで脇の肌ケアをしておくことで産後、脇の黒ずみに悩むことがなくなるのです。

妊娠中の黒ずみには黒ずみクリームが効果的!

脇の下の黒ずみが気になったら、すぐにでも美白効果や保湿効果が高い黒ずみクリームで黒ずみを解消、さらに予防していくケアを始めるようにします。

黒ずみクリームならビタミンC誘導体などで美白を促し、コラーゲンやヒアルロン酸で保湿することによってターンオーバーを促進、メラニン生成を抑えながら新しい皮膚の誕生を促してくれるでしょう。

ホルモンの影響によって増えていくメラニンの生成も抑制することができるので、これからできようとしている黒ずみに対しても予防する効果があります

脇の下だけでなく、シミそばかすも同じようなメカニズムでできているので、脇と同時に顔もスキンケアを念入りに行うようにしましょう。

妊娠期間中で黒ずむのが当然といういう状態でも、しっかりと黒ずみを解消するクリームで脇の肌ケアを怠らないようにしましょう。

妊娠中のその努力が、出産後の脇の下の黒ずみを左右するといっても過言ではありません。

・陰部の黒ずみは妊娠中に深刻に、そして産後も黒ずみが気になるなら黒ずみクリームを

妊娠中のケア品は成分などに十分気を使う!

妊娠中は、自分というよりは赤ちゃんの事を第一に考えます。

例えば妊娠中に腰痛があってシップを貼ってもその成分が微量に浸透するため、赤ちゃんに影響がないか不安になるものです。

そのように考えると、妊娠中は黒ずみに対する化粧品を使おうと思ってもなかなか、成分が心配で使用できないという事もあるでしょう。

そんな時こそ、赤ちゃんに影響を及ばさないような安全な成分が配合されている黒ずみケアクリームの使用が望ましいのです。

まとめ

妊娠期間中は日々おこる体の変化に対して戸惑い、ケアを怠りがちになってしまいます。

もちろん、心理面も不安定になるため、ケア意識も薄れてしまうでしょう。

しかし、出産後もきれいな脇でいるためには、黒ずみやすい脇の下のケアも非常に重要なのです。

産後も、赤ちゃんを通じてプールに入る機会など薄着になるシーンもあります。

妊娠中から安全なケアを継続していく事が大切です。

また妊娠中は、せり出してくる大きなお腹によって妊婦さんの行動も制限されてしまいます。

妊娠中も、手軽にケアできる黒ずみクリームを使って、あきらめずにケアを続けていくようにしましょう。

waki-care